違和感なしに整形レベルの目の大きさになれる目頭切開メイク。やり方はとっても簡単です。メイクするにあたってのちょっとしたコツや、どんなアイテムを使えばメイクができるのかを紹介します。

目頭切開メイクでデカ目になれる!

目と目の間が離れていたり、小さい目に悩んでいるかたに目を大きくするピッタリの方法があります。整形手術なみの目の大きさを手に入れられるメイク方法、知りたいですよね?やり方はとっても簡単!必要なアイテムもたった一つだけです!

メイクの方法をわかりやすく3ステップでご紹介しています。どんなタイプ、どんな色のアイライナーを使うとどういう雰囲気になるか、他にもメイクのちょっとしたコツもご紹介します!

目頭切開メイクとは

目頭切開なんて聞くとちょっと怖いですが、もちろん実際切開するわけではありませんので、安心してくださいね。

整形級のメイク

整形手術をして目を大きく見せる方法もありますが、なかなか整形のハードルは高く、そこまでしなくてもちょっと大きくしたいな、と思う方もいるのでは?目頭切開メイクはお人形さんみたいなぱっちり大きい目を、整形しなくてもメイクで作れちゃいます!これをやったのとやってないのとでは大違い!やらない手はないですね。

メイクで目頭を切開させる

やり方はとっても簡単!目頭の部分に切開の切れ込みを入れるようにアイライナーで描くだけなのです。最初は意外とバランスをとったり綺麗に引くのが難しいかもしれませんが、練習を続けていくうちに慣れて、あっという間にできちゃいます。

日本人の多くが蒙古ひだ

日本人の目の特徴として、蒙古ひだとよばれる形状の方が多いです。蒙古ひだとは目頭の部分を覆っている皮膚の事です。この皮膚があると目が離れて見えたり小さく見えてしまいます。特にひだが多い人は目頭が丸く、目が離れています。

逆にこれがなければぱっちり見えるということなのです。西洋人には蒙古ひだはなく、ぱっちり大きく見えますよね。この部分をアイライナーで描いて切開したように見せちゃうのが目頭切開メイクです。

目頭切開メイクのメリット

目頭切開メイクをするとどうなるの?そんな疑問にお答えします。

アイライナーだけで出来る

目頭切開メイクをやるために必要なのはアイライナーだけです!普段メイクに使用しているアイテムでできるので気軽に試せますね。アイライナーにも種類がありますが、どのタイプのアイラインでもできちゃいます。

とはいえ、自分に合うようなものや引きやすいものなどは人それぞれ違ってくるので、お好みのものでメイクしてください。下の方にリキッドタイプやペンシルタイプなどのコツを載せていますのでそちらも参考にしてくださいね。

目の大きさが倍増する

がっつりアイラインを引くわけでもないのに、目の大きさが全然違います。目頭ってそんな大事なところなんですね。普段の上まぶたや下まぶたに引くアイライナーは目を縦に大きく見せますが、さらに目頭切開メイクをすることで横に大きく見せます。そうすると必然的に大きな目になるというわけです。

鼻筋の通った美人な印象になる

目頭にアイラインを引くことで目と目の距離が近くなり、鼻筋が通ったように見えます。くっきり鼻筋があると美人に見えますよね。ノーズシャドーとハイライトを使って陰影をつければさらに綺麗になります。

目頭切開メイクのやり方

メイクのやり方を簡単3ステップでご紹介します。両目に描かないといけないので最初は左右対称にならずバランスが難しいかもしれませんが、練習あるのみです!

1.目頭にアイラインを入れる

目頭を引っ張って目を閉じながら、粘膜ぎりぎりの目頭にアイラインを0.5ミリ程度入れます。もっとデカ目に盛りたいかたはさらに長く引くといいでしょう。ただしあまりにも長すぎると不自然なので注意してください。

2.上まぶたにラインを入れる

1で引いたラインとつながるように上のまぶたにもアイラインを引きます。これは繋がればいつも通りのラインの引き方でOKです。こうすることで上、横、斜めのどの方向からみても自然になります。

3.下まぶたにラインを入れる

下のまぶたにも同じように目頭とくっつくようにして1cm程度アイラインを引いて完成!目頭とラインの隙間が開いていると横からみた時にそこだけ皮膚が残っていて変になってしまうので隙間を埋めるように塗るとより自然に見えます。

この通り、たった3ステップで簡単にデカ目になります。ここまでがっつり引きたくない方は、ステップ1だけでもずいぶん印象が変わりますよ。

目頭切開メイクのコツは?

どんなアイライナーを使えばいいのか?何色がいいのか?うまく描くためのちょっとしたコツをご紹介します。二重の人以外はラインが隠れないようにしっかり引くためのコツもお教えします。

アイライナーをメスと思うこと

目頭を切開する整形手術を行っているようなイメージで、メスの代わりにアイライナーで引いてください。眼球の大きさはみんなそんなに変わりありません。蒙古ひだがないような目頭がとがった目にします。

リキッドタイプのアイライナー

リキッドタイプのアイライナーは極細のものも多く、細かいラインを入れた方が自然になるのでペンシルタイプより引きやすいです。目頭は丸いのでとがらすようなイメージで引いてみてください。目頭は得に涙が出やすいので、落ちないように必ずウォーターブルーフの物を使用しましょう。

ペンシルタイプのアイライナー

ちょっとリキッドタイプだとはっきりしすぎていつものメイクだと浮いちゃう、という方はペンシルタイプを使用してみてください。リキッドタイプより薄いのでふんわりとした印象で自然になじみます。

アイライナーの色

しっかりメイクをしていて、がっつりアイライナーやつけまつげをする方は黒で引くことで、よりパッチリした目になります。逆にナチュラルメイクにしたい方は、ブラウンのアイライナーを使用することで自然で優しい雰囲気のメイクになります。普段のメイクに応じて、自分がなりたい顔に応じて使い分けてください。

ラインは引きすぎないこと

両目で切開部分のアイラインの高さが違うとチグハグして違和感がありますので、同じ高さで引くようにしましょう。引きすぎるといかにも描きました、というのがバレバレになってしまうので、目と目の距離を考えながら長くても2ミリ程度に抑えた方がいいです。

いきなり長く描いていくと周りの人は不自然に見えるかもしれないので、徐々に長くしてばれないようにするのもアリです。

一重のひとのコツは?

キリッとクールな印象をもつ一重の人は、下に垂らしすぎるとと違和感があるので少し高めに引くといいでしょう。アイラインの太さとしては目を開いたときに目の輪郭がみえるくらいに引いてください。

奥二重のひとのコツは?

奥二重の方は粘膜の部分にアイラインを引くとまぶたが重なってもラインが見えるのでパッチリして見えます。

失敗したときは綿棒を使う

最初はなかなかバランスよくできないかもしれません。失敗したときや、時間がたって崩れてしまった時には通常のメイク直しと同じく綿棒でぼかせば自然になります。ぼかすことで自然になりますので、ナチュラルメイクの方はあらかじめぼかしておくのもいいですね。完全にオフしたい場合には乳液などを綿棒につけてこすると綺麗に消すことができます。

まとめ

アイライナーで切開したような大きな目になりましょう!

メスの代わりにアイライナーで目頭を切開したように見せることで、目と目がほどよく近い大きな目に見えます!気にしてよく見てみると、可愛い芸能人の方もいっぱいやっていますよ。

目の大きさに悩んでいる方、もっとパッチリした目になりたい方は是非試してみてください。