自然な並行二重をつくれる商品として評判のメザイク。あなたは正しい使い方ができていますか?使い方が難しいと言われているのは、実は正しい使い方やコツを知っている人が少ないせいかもしれません。この記事では、メザイクを使う際のコツや正しい使い方、人気商品などについてご紹介しています。

メザイクってどんなコツがあるんだろう?

自然な二重を作れると評判の一方で、使い方が難しいとも言われているメザイク。実は、その使い方にはいくつかのコツがあるのです。うまく使えないという人は、そのポイントが守られていないのかもしれません。

この記事では、メザイクを使う際のコツや、メザイクで販売されている人気の商品などについてもご紹介しています。

メザイク(MEZAIK)とはなんなのか?

目のまぶたを一重からに二重にするための化粧品

まぶたが一重の人が、二重を手に入れるための化粧品、それがメザイクです。アイプチやアイテープなど様々な二重化粧品がありますが、その一種だと考えて良いでしょう。基本的には一重の人が使うためのアイテムですが、奥二重の人や、幅の狭い二重の人が幅広の二重にするためにも使用されます。

メザイクは、きれいな並行二重が作りやすいとして人気のアイテムとなっています。目立たず自然な二重が作れること、使用してからメイクしてもはがれにくいことも人気の理由となっているようです。メザイクにはさまざまな商品があり、自分の目のタイプに合わせて商品を選ぶことができます。

また、ドラッグストアなどで売られているため気軽に入手でき、安価なこと、使っているうちにいつの間にか二重になったという口コミが多いことも人気となっている理由と考えられています。

肌への負担が低い

メザイクは、従来のアイプチやアイテープに比べて肌への負担が低いと考えられています。その理由は、接着面の小ささにあります。従来のアイプチやアイテープでは、二重にしたい幅すべてに粘着面を貼り付ける必要がありました。一方で、メザイクの場合にはファイバータイプで接着面が非常に小さくなっています。

アイプチやアイテープは皮膚トラブルを起こしやすい化粧品ですが、その要因はほとんどが糊自体の刺激によるものか、その糊をはがすときに起きる刺激によるものです。接着面が小さくなれば、それだけ皮膚トラブルを起こす可能性が下がると考えることができるでしょう。

接着面を小さくすることができる理由は、メザイクが二重をつくる仕組みにあります。アイプチはまぶたを貼り付けて二重を作る仕組みであるのに対し、メザイクはまぶたに食い込ませて二重を作る仕組みになっています。このため、メザイクは接着面が少なくて済むのです。

メザイク(MEZAIK)のやり方

1.まぶたを清潔にする

メザイクを使う前にはまずはまぶたを清潔にしましょう。すぐはがれる場合は皮膚に余分な皮脂やメイクの油分が残っていることが原因となる場合が多いです。化粧水や乳液などの基礎化粧品もメザイクがはがれる原因になりますから、洗顔後だとしてもこれらを使用した場合にはこの工程は必ず必要になります。

まぶたを清潔にするときには、水タイプのクレンジングを使うとよいでしょう。オイルタイプやクリームタイプのクレンジングだとメザイクがはがれる原因になります。コットンにクレンジングを含ませて、やさしくまぶたをふき取ってください。強くこすらない様に注意が必要です。クレンジングが完全に乾いたらメイクを開始することができます。

2.二重ラインを探す

次に、付属のスティックを使ってちょうど良い自然な二重のラインを決めます。付属のスティックは柔らかく作られていて、自然な二重を探しやすいとされています。片目を閉じてスティックの細い方をまぶたに当て、少しずつ上下に動かして全体に二重ラインが入る位置を探します。スティックを当てる時のコツは黒目の外側に当てるようにすることです。

また、スティックを使う時には倒さずまっすぐに使うこともポイントとなります。スティックを倒してしまったり、黒目よりも内側に当てて使うと強力な二重ラインができるため、もっとも自然なラインを探しにくくなります。

3.メザイクを貼り付ける

ラインを決めたら、ここでさっそくメザイクを貼りましょう。はじめにメザイクの両サイドをもって軽く引っ張り、中のファイバー材を取り出します。この時にファイバーが切れてしまうときは、真ん中をつかんでしまうのが原因なので気をつけてください。長くのばしすぎると、二重のラインがひきつれてしまったり、粘着力が弱くなったりする原因となります。ファイバーは、目の幅くらいの長さになるように伸ばすとよいでしょう。

ファイバーをまっすぐにのばしたまま、自分で決めたラインに軽く押しつけるようにメザイクをつけていきましょう。貼り付ける場所は人によって異なりますので、二重になりやすい位置を探してみてください。一般的に、スッキリしたまぶたの人は黒目の上あたり、ぽってりしたまぶたの人は目尻よりに貼り付けると二重が作りやすいと言われています。

ファイバーの両端を持って食い込ませたら、5秒ほど上を向いたままキープします。これで、貼り付けが完了します。

4.余分な部分をカットする

最後に、余分な部分をカットします。肌を傷つけないように、先の丸いはさみなどを使いましょう。別売りになりますが、専用のカッターもありますので、ヘビーユーザーの人は用意してみても良いでしょう。先のとがったはさみは、肌を傷つけてしまうばかりでなく、何かの拍子に目にぶつかってしまうと失明の危険もありますので絶対に使わないでください。

肌にきちんと貼りついていない部分からはカットして構わない部分です。二重のライン全体にファイバーを貼り付ける必要はありません。最後に、きちんと二重ができているかを確認してみてください。

メザイク(MEZAIK)の失敗しないコツを紹介

自分の目にぴったりあった二重ライン

メザイクで失敗しないコツは、まずは自分の目にピッタリ合った二重のラインを見つけることです。どんな人にも、自然に二重になるラインは存在すると言われています。付属のスティックを使うと二重のラインが見つけやすくなっています。自分の作りたい位置に二重を作るのではなく、キレイに見える位置に二重を釣ることが重要なポイントになります。

メザイクをはじめとした二重用化粧品を使い続けると、まぶたの様子が変化してきます。すると、今と違う位置に二重を作ることが可能になる場合もありますから、まずはぴったりの位置で二重を作ることを続けてみてください。

メザイクファイバーをしっかり押し付けない

メザイクを使う時にはまぶたにファイバーを食い込ませますが、この時にしっかりと押し付けすぎると失敗しやすくなります。かといって、押し付けなさすぎるのも失敗の原因となりますので、この力加減がメザイクを使う時のコツということもできるでしょう。

公式サイトで紹介されている使い方は、ファイバーの両端を軽く持って、目を開いてから5秒ほどキープするのが正しい方法とされています。まずはこの使い方で使ってみてから、個人のまぶたに合わせて食い込ませ方を調整してみてください。

メザイクを引っ張ってしっかりのばしてから貼る

メザイクを貼る前にはしっかり伸ばしてから貼るのが良いとされています。ただし、あまりにも長くのばしすぎるのも失敗の原因となります。適度な長さは目の幅程度とされていますので参考にすると良いでしょう。ぽってりしたまぶたの人の場合には、少し長めに伸ばした方が良いようです。

貼る順番に気をつける

メザイクで失敗しないためには貼る順番も大切です。メザイクを貼るときにはまず中央を貼り付けます。引っ張った状態でメザイクを食い込ませようとすれば自然と真ん中が最初に貼りつくはずです。その後、目頭、目尻の順に貼り付けていくことで綺麗な二重をつくることができると言われています。

重たい一重さんの失敗しないコツを紹介

アイプチとメザイク、両方使った方法

ぽってりとした一重の人の場合には、メザイクを使ってもそのまぶたの厚さに押し戻されてしまってうまく二重が作れないこともあるでしょう。そんな時には、アイプチを併用すると綺麗な二重をつくることができます。

はじめに、二重のラインにアイプチを塗って乾かしてから、メザイクを使うことで、深くてきれいな二重をつくることができます。もしくは、メザイクを貼りつけた上下にアイプチを塗って乾かしてからスティックで押し込み、二重を強化するという方法もあります。両方試してみて、より綺麗に二重を作れる方法を試してみてください。

偽造二重メイク術

二重化粧品でどうしてもうまく二重にならない場合や、まぶたを休めたいとき、二重化粧品を切らしてしまった時には、メイクで二重に見せる方法も使えます。まずは、リキッドアイライナーで二重のラインを薄く引きます。その後二重の人と同様にメイクをします。濃い色のアイシャドウを使うと偽装であることが目立ちにくくなります。

最後に、二重のラインの上にペンシルアイライナーで線を引いて綿棒などでぼかせば完成です。驚くほど自然に、二重に見えるメイクを作ることができます。

奥二重さんの失敗しないコツを紹介

まぶたを綺麗に

奥二重の人に限りませんが、メザイクを使う前には必ずまぶたを綺麗にしておきましょう。余分な皮脂や油分、メイクなどが残っているとメザイクがはがれやすくなる原因になります。水タイプのクレンジングでまぶたをふき取り、乾いてからメザイクを使うのがオススメです。

また、メイクの際にメザイクを貼り付けた部分を強くこすってしまうこともメザイクがはがれる原因となります。まぶたのメイクをする際には、こすらずポンポンと乗せるようにしながらメイクを進めていくことをオススメします。

メザイクの前に下地を

メザイクには、「メザイクフィッター」という専用の下地が用意されています。事前にこれを目頭と目尻に塗ることで二重が作りやすくなるというアイテムで、奥二重の人のように、メザイクで二重が作りにくい人には特にオススメです。糊とは異なるサラサラした液体で、アイプチよりも肌に負担をかけにくいと言われています。

これを使うことで、メザイクが上手に使えるようになったという人も多くいますから、特に奥二重さんはぜひ一度試してみてください。

二重幅を欲張らない

奥二重さんの場合には特に、二重幅を欲張らないことが成功の秘訣となります。元々二重のラインがある人の場合、そのラインより1mm程度上のラインが最適な二重ラインだと言われています。幅を欲張ると、メザイクで作ったラインに加えて元の二重のラインも目立ってしまって段々のまぶたに見えてしまいますから、理想のラインがある場合にも、少しずつ幅を広げていくようにしましょう。

人気 メザイク(MEZAIK) ランキング

第一位 パワーストリング60

「パワーストリング60」は、メザイクの中でも食い込む力が強く、収縮力が強い製品であると言われています。二重のラインを深く作りたい人や、たるんだまぶたに使いたい人、並行二重を作りたい人などに向いていると言われています。口コミでも、この食い込みの強さが評判となっているようです。

価格は60本入りで1200円程度となっています。メザイクの商品の中では標準的な価格であると言えるでしょう。両目に毎日使う人ならば、30日分の量ということになります。

第二位 Air fiver60/120

「Air fiver60/120」も、60本入りで1200円の商品です。こちらは、メザイクの中でもスタンダードな商品とされていて、目を伏せても美しい二重のラインが作れると言われています。皮脂と混ざって糊を強化するため、付けている時間が長いほど自然なラインになると言われています。

口コミでも、その自然なラインが評判になっているようです。メイクをするとさらに目立たなくなるため、だれにも知られずに二重化粧品を使いたい人にオススメのアイテムであると言えるでしょう。

第三位 ビッグファイバー38

「ビッグファイバー38」は重いまぶたの人のためのメザイク商品です。極太のファイバーがしっかりとまぶたに食い込んで、深いラインを形成してくれます。三重になった目を二重に戻すのにも使えると言われています。価格は、38本で800円程度となっています。

口コミでは、一度くっついたらなかなかはがれない点や、その食い込みの深さが評判になっているようです。一方で、伸ばすのが難しいといった意見や、他のメザイク製品よりも目立つという点も挙げられていました。

まとめ

メザイクは、上手に使えばばれにくい二重をつくるのに大いに役立ちます。使い方には少々コツが必要ですが、慣れれば理想のラインを作れるとして評判の商品ですので、ぜひ練習を重ねてみてください。メザイクには色々な商品があるため、自分に合った商品を使うことも大切です。

特に、厚めのまぶたの人や奥二重の人の場合には、自分の目に合わせた特徴をつかむことが非常に重要になっています。ぜひ、様々な方法を試して、自然な二重ラインを作ることに挑戦してみてください。