下まつげエクステは上まつげエクステと比べて取れやすい。そこで下まつげエクステのできるだけ長持ちさせる情報、不自然い取れてしまった時の対処方法を提供します。

下まつげエクステの長持ちさせる方法は?

下まつげエクステはつけるととても顔立ちがはっきりし、目が大きく見え、小顔に見えたりします。またアイラインの効果もあります。しかし、上まつげエクステと違い付けられる本数が少なく、だいたい1週間から2週間くらいもって3週間くらいで取れてしまいます。今から紹介する方法を実践すれば個人差もありますが、長くて1ヶ月くらい持たせることも出来ます。

本数を多めにつける

下まつげエクステは上まつげエクステより皮膚に触れやすいので取れやすい。そこで数が少ないより多い方が数本取れた時でもそこまで不自然ではなくすぐオフする必要はないです。

もちを長くするコートティング剤の使用

サロンでコーティング剤また、セルフの場合は洗顔後に塗るコートやサロンで使っているエクステ施術後に塗るタイプのコートなどさまざまな種類があるので使ってみましょう。グルーが劣化することで地まつげからエクステがはがれエクステがとれてしまうという仕組みです。

またグルー(接着剤)の劣化を少しでも遅らせるためにコーディング剤をがエクステとグルーの接着部分の上に薄い膜を作ってくれるので、アイシャドーなどの汚れが溜まりにくくなり劣化スピードが落ちるため持ちが良くなるといわれています。

化粧落としや洗顔のあとは気を付ける

エクステのグルーはオイル系クレンジングに弱いのでオイルフリーの化粧落としを使うように心がけましょう。また綿棒などを使って目元のメイクはゴシゴシ落とさず、おさえるように化粧をオフしましょう。

まつげエクステのグルーは水分、油分にも弱いので洗顔後は押さえてタオルに水を吸収させるように軽く拭き、ドライヤーでまつげを乾かします。とにかく、エクステに余計な負担をかけないように心掛けることが長持ちの秘訣です。

毎日の地まつげケアと触れないこと

気になってもなるべくまつげを触らないようにしてください。一番の取れる原因になります。目がかゆくなった場合は目をかかずに目薬を使うのもオススメです。

そして、まつげ美容液を塗る事で成長期の時期を長く保つことができます。抜け落ちるまでのサイクルが長くなるため持ちがよくなると言えます。またエクステを装着する地まつげを「ハリ」「こし」のあるしっかりしたまつげにしてあげると負担も少なくなります。

うつぶせで寝ない

寝る時うつぶせや、横向きでエクステが枕に触れてしまう状態ですと、刺激となり早く取れてしまう原因になります。うつぶせや横向きの寝方を治すには枕やマットを変えたりしたら仰向けに治せると言われています。長い目で見ると枕やマットを変えてみるのもいいかもしれません。

まつげエクスの種類をかえる

まつげエクステと地まつげの接着面の関係で太いものより細いもの、長いものより短いもの方が長持ちしやすいと言われています。

個人差はありますが、日本人のまつげは直毛の方が多いのできついカール(CCカール)よりも緩やかなカール(Jカール)の方が接着面が広く取れ長持ちしやすいと言われています。

まつげエクステを選ぶ時は接着面の関係を考えて太さ、カールを選んでみると持ちが変わります。

エクステ装着後すぐに入浴やサウナのをやめる

接着剤が完全に乾くのかかる時間は6時間と言われています。接着剤が水に弱いので装着して6時間以内は入浴や洗顔、サウナなど水や湿気を避けましょう。

シャワーの水圧を弱くする

シャワーを浴びる際に水圧の強いシャワーを直接顔に当ててしまうと、水に弱いまつげエクステの接着剤がさらに刺激を受けることによりとれてしまうので、シャワーの水圧は弱めにするか、なるべくシャワーを顔にあてるのは控えたほうがいいです。

コスメを変える

アイラインを書くときは芯がやわらかい物やジェルタイプの物を使用するのがオススメです。また、リキッドアイライナー、アイシャドウを使用する場合は、ウォータープルーフなど、オイルクレンジングを必要とするものは避けて、お湯で落ちるタイプのものを使用しましょう。

下まつげエクステが取れて不自然になった際の対処法

個人差がありますが、だいたい付けて1週間後くらい付け足したらきれいな状態で保てるでしょう。セルフで付け足しができればサロンに通うよりコスパがいいです。セルフの方法また他の対処方法を紹介します。

セルフでエクステをつける

初期費用は高いですが、継続してセルフマツエクを行う場合、非常にお得になります。
下まつげは上まつげのエクステに比べてとれてしまうとわかりやすいので、1本単位で気軽にリペアができるのは利点です。

サロンでリペア

まだマツエクが残ってる状態で付け足すことをリペアと言います。サロンによっては前回の施術との期間が短いと割引になったりするのでサロンで付け足してもらうとセルフに自信がない人、安全性を重視する人、失敗したくない人にはオススメです。

マスカラを上からつけてボリュームを出す

アンバランスを補うためにマスカラでボリュームをだすと自然になります。またアイシャドーの粉がまつげについて白っぽくなってしまった時にも、マスカラが重宝します。

ここで使うマスカラはダメージを与えない為にも、お湯でオフできるもの、まつげエクステ専用のものを使用するものを使いましょう。まつげエクステの接着剤はオイル系クレンジングオイル系クレンジングに弱いのでオイル系の化粧落としが必要なもの使わないようにしましょう。

まつげエクステをした際は、エクステ時でも使用できるマスカラを1本準備しておくといいでしょう。透明マスカラや、マスカラタイプのまつげ美容液などで代用可能です。

※マスカラは使用できますが、ビューラーやアイラッシュカーラーなどは、使用の際にまつげエクステが折れては落ちやすくなってしまうので、使用しないほうがいいでしょう。

まつげエクステをオフ

どうしても不自然でオフしたい場合はオイルクレンジングで洗えばエクステを外すことが簡単にできます。
しかし、残っているエクステを生かしてリペアした方がコスパがいいのでオススメです。

自分で下まつげエクステの付け方は?

セルフで下まつげエクステを簡単に付ける方法をご紹介したいと思います。

【必要なもの】

・まつげエクステ
・不織布テープ
・コーム
・グルー
・コーティング
・鏡
・ツイーザー
・アルミホイル

【方法】

⒈化粧を綺麗に落とし、湿気を取ります。
※オイルフリーの化粧落としを使いましょう。
※まつげが清潔な状態でなければエクステを付けてもすぐ取れてしまいます。

⒉上まつげが下まつげにつかないように上瞼に不織布テープを貼ります。また、下まつげの下に下まつげと皮膚が当たらないように不織布テープを貼ります。

⒊コームをかけ、まつげが均等になるように整えます。またまつげに癖が付いていてつけにくい場合は、ホットビューラーなどを使って少しカールしてをつけるとエクステを付ける際つけやすいです。

⒋アルミホイルの上にグルーを出します。※グルーは乾きやすいので1滴づつ出すことをお勧めします。

⒌エクステ着ける部分から半分くらいまでグルーをつけてつけたい下まつげにツイーザーを使い生え際から1ミリほど離して一本一本つけていきます。

※グルーをつけ過ぎた場合はアルミホイルの上でトントンと叩き余分なグルーを落としましょう。
※等間隔でつけていくことがポイントです。

⒍乾いたらコームで整えてコーティングをします。※6時間以内は洗顔はしないようにしましょう。

下まつげエクステは日々の習慣に気を付けよう!

下まつげエクステは実際大変取れやすいです。しかし、つける本数を増やしたり、コーティング剤を使用したりなど少し工夫や洗顔の際気をつけたりするなど日々の習慣を変えることによって1日でも長持ちさせることができます!

このようなちょっとした工夫を実践して美しい目元をキープしてください。