乾燥肌の人はベースメイク時に「ファンデーションが綺麗にのらない」「粉をふいてしまう」とお悩みではありませんか?そんなお悩みを解決する、乾燥肌でもファンデーションを美しく仕上げるコツや、乾燥肌の人におすすめのファンデーションなどを紹介します!

乾燥肌のファンデーション

肌質別にベースメイクのお悩みは様々ですが、乾燥肌の人は、ファンデーションのノリが悪かったり、パウダーファンデーションが粉をふいてしまったり、小じわが目立ってしまったりと、綺麗に仕上げるのがなかなか難しいですよね。

今回は、そんな乾燥肌の人のお悩みを解決する、「乾燥肌のベースメイクを綺麗に仕上げるファンデーション」について紹介します。ファンデーションの種類だけでなく、メイク前の肌のケアもしっかりと行うと、より美しいベースメイクに仕上がりますよ。

メイク前のポイント・3つ

1.石鹸や洗顔料を使っての洗顔

肌が乾燥していると、つい乾燥を気にしすぎて「水やぬるま湯で洗顔して、石鹸や洗顔料は使わないほうがいいのでは・・・」と思ってしまいますが、メイク前には石鹸や洗顔料を使って、軽く洗顔するのがおすすめです。肌には酸化した皮脂がありますので、それをそのままにしてしまうと、肌に悪影響を与えるだけでなく、化粧崩れの原因にもなります。

皮脂分泌の特に多い部分をメインに、たっぷりの泡でやさしく短時間洗顔することで、肌への負担は最小限に抑えられます。このとき、熱いお湯で洗い流してしまうと、より乾燥につながってしまいますので、ぬるま湯か水で洗い流すようにしましょう。洗顔後は、水滴をタオルで押さえるように拭き取り、肌に摩擦を与えるような拭き方は避けましょう。

2.十分な保湿

洗顔後は、十分な保湿をしてからメイクに臨みましょう。メイク前のスキンケアの順番は、化粧水→美容液→乳液→クリーム等が基本です。しかし、メーカーによっては、化粧水の前につけるタイプの美容液があったりと、様々な商品がありますので、メーカーが推奨する手順に従うようにしましょう。

乾燥肌には、セラミドを配合しているスキンケア用品が有効といわれていますので、意識して選んでみると良いかもしれません。化粧水・乳液は、コットンではなく手で塗りましょう。手のひらで顔全体を覆うようにして、体温で浸透させます。

化粧水・乳液をつけても乾燥がひどい場合は、クリームを塗る前に、もう一度化粧水と乳液を同じ手順でつけましょう。その後、クリーム等を使用しましょう。

また、メイク前の化粧水パックもおすすめです。コットンに化粧水をひたひたにして、顔に貼り付けておくだけのお手軽パックです。市販のシートパックやシートマスクでも、もちろんOKです。市販のパックの使い方に書かれている使用時間は守るようにしましょう。

使用時間を越えての長時間のパックは、角質層の細胞間脂質や天然保湿因子を流出させてしまい、逆に水分が蒸発した後の乾燥を、悪化させることもあります。せっかくメイク前にスペシャルケアをしたのに、肌そのものの保湿成分が流出して、「時間が経ったら肌がカラカラに・・・」ということがないように注意しましょう。

3.化粧下地

乾燥肌のベースメイクに化粧下地は必須です。化粧下地は、肌表面毛穴やキメを目立たなくし、滑らかに整えて、ファンデーションの肌へのフィット力を高め、紫外線や乾燥などの外的刺激から肌を守り、化粧崩れも防いでくれます。

乾燥肌の人の化粧下地は、特に保湿成分配合のものがおすすめです。具体的には、コラーゲン、セラミド、グリセリン、スクワラン、レシチン等です。ちなみに成分を確認するとき、成分の量が多い順に記載されていますので、どの保湿成分がどの程度配合されているか、判断材料の1つとなります。

UVカット効果のある化粧下地もありますが、UVカット効果が高いものは、乾燥してしまう場合がありますので、保湿成分がしっかりと入っているかを注意して確認しましょう。次に化粧下地の色ですが、血色が無く青白い肌の人はピンク・オレンジ系の下地を、赤ら顔の人はグリーン・ブルー系の下地を、くすみがちの人はパープル・ブルー系の下地を選ぶと良いでしょう。

また、コントロールカラーにはパウダータイプもあり、ファンデーションの後に使用するものもありますが、乾燥肌の人はリキッドタイプのほうが良いでしょう。もちろん、化粧下地とコントロールカラーを別々に使用しても良いですし、一緒になっているタイプでも構いません。

特に肌色に関してお悩みが無い人は、コントロールカラーは使わず、化粧下地のみの使用でももちろんOKです。化粧下地でも隠すことができない、シミ、そばかす、ニキビ、ニキビ跡等の部分的な肌トラブルをカバーするには、コンシーラーを使用しましょう。

ファンデーションの選び方

テクスチャー

ファンデーションのテクスチャーは、軽めのほうが伸びがよく、初心者には使いやすいですが、重めのものの方がカバー力が優れているものが多くあります。テクスチャーが軽いか重いかは、テスターなどで試してみると良いでしょう。

水性か油性か

乾燥肌の人、または乾燥する季節には、適度に水分を保ってくれる油性のファンデーションがおすすめです。店員さんにファンデーションの特徴を詳しく聞き、試供品をもらって選ぶのがベストです。

また、油性のファンデーションには「油性ファンデーション」と「油性乳化型ファンデーション」の2種類があり、油性のファンデーションは、使用感が重くなりがちなのですが、油性乳化型は使用感が多少軽いです。

油性ファンデーションには、クリームファンデーションやスティックファンデーションの形状のものが多く、油性乳化型ファンデーションには、リキッドファンデーションやクリームファンデーションの形状のものが多いです。どちらもカバー力のあるものが多く、ナチュラルで軽い仕上がりを望んでいる人には、向かないかもしれません。

保湿成分が含まれているか

ファンデーションには、保湿成分が含まれているものが多く、成分表示もしっかり確認しましょう。化粧下地を選ぶときと同じく、保湿成分であるコラーゲン、セラミド、スクワラン、レシチン等が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

乾燥肌に適したエマルジョン

クリーム系ファンデーション

エマルジョンファンデーションは、コンパクトに入ったクリーム状のファンデーションです。肌にのせると、中の成分が蒸発し、クリーム状からパウダー状に変化します。パウダーとリキッドの良いとこ取りをしたファンデーションとも言われいます。

仕上げのパウダーが不要なものも

肌の上でパウダーファンデーションに変化する、エマルジョンファンデーションは、フェイスパウダー機能がついたものもあります。フェイスパウダー機能がついたものを使えば、普通のファンデーションより、キレイな状態を長く維持してくれます。

フェイスパウダー機能がついていないものについては、通常のリキッドファンデーションと同じように、仕上げにフェイスパウダーを使うと良いでしょう。フェイスパウダーを使うことで、仕上がりをさらに美しく整え、化粧崩れを防いでくれます。

ツヤのある仕上がり

エマルジョンファンデーションは、なめらかで軽やかな感触と、ツヤのある仕上がりが特長で、乾燥肌にもオイリー肌にも、使いやすいところが大きなメリットです。

ファンデーションの使い方

1.顔の中心から外へ

ファンデーションの塗り方の基本は、まず額、頬、鼻筋、顎にのせ、顔の中心から外に向かってのばします。

2.スポンジで叩き込む

乾燥肌の人は、ファンデーションをのばすのはNGで、叩き込むようにして塗るのがベストです。指でファンデーションをのせた後、スポンジを使って叩き込みながら、顔の中心から外側に向かってスポンジを動かします。このとき摩擦してはいけません。

スポンジを使って、ファンデーションをパッティングすることによって、手だけで塗るよりも、仕上がりが格段に良くなります。スポンジは毎日キレイなものを使うようにしましょう。

3.乾燥する部分にオイル1滴

化粧前の肌のお手入れからファンデーションの塗り方まで、完璧に行ってもまだ乾燥する!という人は、オイルを使うと良いでしょう。パウダーファンデーションの場合は、塗る前に肌の乾燥している部分にオイルをなじませ、リキッドファンデーションの場合は、ファンデーションに1滴オイルを混ぜればOKです。オイルは、スクワランオイルやホホバオイルなど、顔のケア用オイルであれば何でもかまいません。

乾燥肌におすすめピックアップ・7選

1.セザンヌ

プチプラの化粧品でおなじみのセザンヌですが、数種類あるファンデーションの中でも「セザンヌ UVファンデーションEX プラス」は乾燥肌の人におすすめです。素肌のような透明感&ナチュラルに仕上がるファンデーションで、スーパーヒアルロン酸(保湿成分)を配合しているので、なめらかな感触ですぅっと伸び、つけている間乾燥しにくい状態が続きます。

時間が経っても濁りにくいお肌にこだわった、クリアラスティング処方で、セカンドスキンパウダーとピュアホワイトマイカが光りを反射し、くすみを自然にカバーしてくれます。紫外線吸収剤不使用、無香料、タール系色素不使用、無鉱物油、アルコールフリー、界面活性剤不使用で肌に優しく安心して使えます。

口コミでは、「ふんわりした仕上がりが気に入っています。肌なじみがよく、粉っぽくならず、カバー力はイマイチですが、値段を考えると気にならない程度です」と好評です。オールシーズンタイプで水あり・水なし両用、SPF23・PA++、全4色、本体価格500円(税抜)です。詰替は380円(税抜)です。

2.ヤーマン

ヤーマンの「オンリーミネラル ファンデーション」は、肌に優しい微粒子ミネラル100%のパウダーファンデーションです。厳選されたミネラル成分のみで作られ、合成防腐剤や合成香料、合成着色料、タルクなどを一切使用していないので、つけたまま眠れるほど肌にやさしいです。軽いつけ心地とカバー力を両立させたロングセラーファンデーションです。

このファンデーションを塗るだけで、日焼け止め(SPF17・PA++)、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーの5in1効果があり、石鹸洗顔で落とせるので、クレンジング不要で時間短縮効果抜群のファンデーションです。

口コミでは、「つけているのか分からなくなるほど軽いつけ心地で、肌に負担も無く、シミやそばかすを自然に隠してくれます。何より低刺激で安心して使用できるのが嬉しいです」と好評です。ツヤタイプとマットタイプがあり、全18色2.5g/2,500円(税抜)、10g/3,800円(税抜)です。

3.RMK

RMKには、人気のファンデーションがたくさんありますが、その中でも乾燥肌の人に特におすすめなのが、「ジェルクリーミーファンデーション」です。このファンデーションは、ジェルの透明感とクリームのカバー力が一つになり、洗練されたツヤ肌に仕上げてくれます。

ジェルが肌に沿うようにフィットし、ヒアルロン酸などの保湿成分が潤いをキープしてくれます。霧のように軽やかなパウダーが、余分な皮脂を吸着し、つけたての仕上がりを持続してくれます。このファンデーションは、@cosmeベストコスメアワード2014ベストクリームファンデ第1位を獲得しました。

口コミでは、「半プッシュをブラシでトントン塗るだけで、乾燥肌&ニキビ跡を自然にカバーし、望んでいたツヤピカ肌になりました!」と好評です。SPF24・PA++、全7色、販売価格5,400円(税込)です。

4.マキアージュ

マキアージュの「ドラマティックパウダリー UV」は、新感覚のムースをパウダリーにしたファンデーションです。ふわりと軽やかに肌にとけこみ、毛穴・色ムラも軽々カバーし、まるで「素肌から美しい」と思わせる天然美肌に仕上げてくれます。@cosmeベストコスメアワード2015ベストパウダーファンデーション第1位を獲得しています。

口コミでは、「しっとりとした仕上がりで、一日中テカりません。肌にぴったりとフィットして、顔が乾燥気味なときも粉がふくようなこともありません」と好評です。オールシーズンタイプで水あり・水なし両用、SPF25・PA++、全7色、販売価格3,240円(税込)です。

5.エスティローダー

エスティローダーの「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」は、1998年の発売以来、ベストセラー&ロングセラー製品として絶大な支持を得ている、エスティローダーのNo.1ファンデーションです。至近距離でも毛穴ゼロのカバー力と、時間が経ってもメイク直し不要のキープ力で、距離にも時間にも動じない、パーフェクトな肌へ導いてくれます。

2010年@cosmeベストコスメ殿堂入りしています。口コミでは、「乾燥肌でもしっかり肌に密着し、化粧持ちも良く、カバー力もあるのでかなりお気に入りです。化粧直しの時間が短縮されてとても助かっています」と好評です。SPF10・PA++、全6色、販売価格6,480円(税込)です。

6.ディセンシア

ディセンシアはポーラ・オルビスグループから誕生した乾燥肌・敏感肌専門ブランドで、中でも「アナヤス AS BBクリーム」がおすすめです。このクリームは、肌を美しく見せる特殊技術により、ひと塗りで輝きに満ちた肌へ導いてくれます。

外部刺激ブロック・エイジングケア・保湿・薄化粧・化粧下地・毛穴補正・UVカットの1品7役で、気になる毛穴の凸凹をしっかり補正しながら光りを乱反射させ、明るくなめらかなに仕上げてくれます。数種類の保湿成分が入った美容オイルと表面をなめらかにする板状紛体を配合し、高いカバー力とつやめく透明感のある肌へ導いてくれます。

肌色を問わず、瞬時に黄ぐすみをカバーし、若々しい肌へ導く「オールフィットカラー」を採用しています。口コミでは、「敏感肌でもヒリヒリせず、伸びも良いです。1回の使用量が少量で済むのでコスパも良いです。敏感肌だけどお化粧しないといけない人におすすめです。」と好評です。SPF25・PA+++、販売価格4,320円(税込)です。

7.トゥヴェール

トゥヴェールの「ミネラルパウダリーファンデーション」は、メイクしながらスキンケアできる、コンパクトタイプのミネラルファンデーションです。肌に優しい天然ミネラルと、17種類の美容成分配合で、メイク中もしっかりスキンケアしてくれて、24時間潤いが続きます。

4種類のセラミドと2種類の保湿成分、3種類のヒアルロン酸が肌を保湿し、4種類のアミノ酸が肌のキメを整えてくれます。これ一つで、化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、フィニッシングパウダーの役割をしてくれるので、時短メイクが手軽に実現できます。

石鹸で落とせるのでクレンジング不要で、厳選した成分を使っているので、つけたまま寝てしまっても安全です。公式通販サイトでは、色が合わなかった場合の色交換OKなので、安心して購入できます。

口コミでは、「敏感肌でも荒れずに安心して使えます。下地なしで使えるので、朝の時間が無いときにもとても便利です」と好評です。SPF30・PA++、全4色、販売価格2,860円(税込)です。

まとめ

乾燥肌の人もメイク前の肌ケアや、ファンデーションの塗り方などの、一工夫でよりキレイなベースメイクの仕上がりを実現できますね。乾燥がひどいときは、エマルジョンファンデーションやリキッドファンデーションを使うと肌の乾燥を抑えられます。

化粧ノリの悪さや、粉ふきを諦めずに、自分に合ったケア・化粧下地・ファンデーションを見つけて、理想の美肌を実現して下さい!