まつげ美容液の成分やみんなが買っているまつげ美容液等最新の情報をお伝えします。果たしてまつげ美容液の効果の程は…気になる事は調べてみましょう!

まつげ美容液にはまつげを伸ばす効果ってどれぐらいある?

効果には個人差がありますが、まつ毛美容液を使うことでその有効成分からまつ毛にコシが出て1本1本を強くすることができます。

まつ毛が伸びる長さについては、「〇〇cm伸びる」と保証はできませんが、まつ毛美容液によってまつ毛を強くすることで、伸びている途中で切れてしまうことを防いだり、新陳代謝を高めて成長を促進する効果があるため、長くなる効果も期待できます。中には正しく使い続けることで「5mm伸びた!」という口コミが多く挙がってる商品もあります。

ビューラーや付けまつげ、まつ毛エクステンションで、まぶたやまつ毛にダメージがある、まつ毛の抜け毛が気になる方は是非チャレンジしてみてくださいね。ちなみに、起床時の洗顔後や就寝前などにまつげ美容液を塗ると効果があらわれやすいようですので、参考になさってみてください。

まつげ美容液の効果と成分

まつげにハリ・コシ・栄養を与える成分

まつ毛美容液には、毛を生やす働きのある毛皮細胞と毛母細胞を増やすために、その素である幹細胞に効果があると言われているオクタペプチドや、オタネニンジンエキス(別名:朝鮮人参、高麗人参エキス)を含んでいます。

また、このオタネニンジンエキスは保湿効果や抗酸化作用、さらには新陳代謝を活発にする効果があるため、まつ毛が傷んで切れてしまうことを防ぐ効果も期待できます。また、その高い効果効能から漢方薬としても広く使われています。

さらに、毛髪に効果があると考えられているこんぶエキスによって、まつ毛の栄養補給と、まつ毛の痛みの補修を行うことで強くコシのあるまつ毛にしてくれます。

まつげの修復・補修成分

アロエベラエキスやヒアルロン酸・セラミド、水溶性ビタミンのパンテノールによってまつ毛だけでなく、まぶたのケアもしてくれます。また、コラーゲン生成を促進して潤いを保ち、まつ毛の修復を促進して健康なまつ毛を育てるだけでなく、新しいまつ毛が生えてくる力を育てる効果もあると言われています。

まつげ美容液でまつげが長くなる仕組み

まつげの成長期を長く維持

まつ毛のような毛には「毛周期」(もうしゅうき)というサイクルが存在します。まつ毛の場合は1〜3ヶ月かけて生えて、成長して、その後抜け落ちて、少し休むというサイクルを繰り返しています。

まつ毛美容液は、まつ毛自体の他にも、まつ毛の生える土台になるまぶたへ効果のある成分を与えることで成長期の期間を長く保ってまつ毛をより長く成長させ、さらにその長くなったまつ毛を強くすることで、長い間キープする効果を期待できます。

まぶたに栄養を与えることで丈夫なまつげに

一度想像してみて下さい。例えば、寝不足や疲れ等が溜まりコンディションの良くない肌に化粧をしたらどうなりますか?余計に肌が荒れてしまったり化粧崩れもしやすいのではないでしょうか。

まつげも一緒です。土台となるまぶたが健康でないと、丈夫なまつげは生えてこれません。まつげ美容液の中にはまつげに栄養を与える成分はもちろん、土台となるまぶたを保湿し、健康に保つ成分も含まれます。

その為、生えてくるまつげを抜けにくくする効果もあると言われています。まぶたとまつげ双方のコンディションが整って、初めて丈夫なまつげが生えてくるのではないでしょうか。

まつげ美容液の効果が出るまでかかる期間

平均1~2カ月

「まつげ美容液って効果ない」と思って、すぐに使用を止めてしまった経験はありませんか?個人差はもちろんありますが、まつげ美容液の効果が感じられる期間の平均は1~2カ月なんです!

なので、それより前にあきらめてしまうと勿体ないのです。「継続は力なり」です。まつげ美容液自体も数カ月使用出来る量が入っている商品が多いので、是非継続してみることをお勧めします。

まつげ美容液を選ぶ基準

含まれている成分

直接体に塗るものなので、本当に害がないものなのか気になるところですよね。今のところ副作用が報告されているのは「ビマトプロスト」という成分です。

まつげの育毛には効果が期待できるようですが、「目の充血」「まぶたのかゆみ」「眼圧低下」等の副作用があることが報告されています。まつげ美容液で失明するのではないかと不安になる方が多いようなのですが、今のところ国内メーカーの美容液ではそのような報告はあがってないようです。

副作用が気になるという方は、医療機関で処方されたもの以外では他の成分を使ったものを選択された方が良いかもしれません。

使いやすさ

まつ毛美容液にとってとても重要なポイントの1つが塗りやすさだと思います。いくら良い成分が含まれていても上手に塗ることができなければ、効果を感じられずに終わってしまうでしょう。

まつ毛美容液はまつ毛そのものだけではなく、生え際の皮膚にも働きかける効果があるので、生え際から根元までしっかりと塗ることできる「チップ」タイプや「筆」タイプのものが使いやすいと評価が高いようです。

「チップ」は根元をなぞるように塗るので、簡単に使用する事が出来ます。最近ではチップの先端も柔らかく作られており根元までしっかり塗れるものが多いようです。「筆」は細かい動作がしやすくなっており、細かい所まで美容液を塗布出来るのが魅力のようです。

価格

安価なものであれば2,000円前後ぐらいから手に入れることが出来ます。ただ価格の幅は小さくはなく、配合成分やまつげ美容液の量によって高価なものであれば10,000円前後のものもあります。

安価だから効果がないという訳ではないみたいですが、目の近くに使用するものです。全てがそうではないですが、誤って目に入ってしまうと「失明」の恐れがある成分もあるそうです。しっかりと成分が安全なものや自分に合っているかを調べてから購入するのが良さそうです。

まつげ美容液の効果的な使い方

洗顔後に毎日朝晩2回

なぜ洗顔後なのか。それはまつげが清潔な状態で初めて効果を発揮できるからです。メイクなどの余分なものが付いている状態では、うまく有効な成分を吸収することができない可能性があります。お肌のお手入れをする時ってメイクはしっかり落としてからしますよね。それと同じことです。

洗顔の後やお風呂上りといったまつ毛が清潔な状態で、できれば朝晩の2回ほど塗りましょう。スキンケアを行うタイミングで一番最初に塗ってあげればちょうどいいですね。

まつげの根元とまつげに塗る

まつげはともかく、まつげの根元にも美容液を塗布します。新しいまつげが生えてくるのは根元からなので当然と言えば当然かもしれませんが、根元への塗布って「手が滑って目の中に入ってらどうしよう」なんて不安もあるのではないでしょうか。

そのリスクを避けるために、最初の内は手鏡をみながらゆっくりと塗る練習をしてみてもいいかもしれません。また顎を少し上げた状態で上まぶたを少しひっぱりながら塗ると塗りやすいですよ。

まつげ美容液を使う際の注意点

成分によって肌に合わないこともある

まつげ美容液は天然由来の成分が主成分となっていることが多いです。ただ目の近くという、とてもデリケートな所に塗布するもののため、「かゆみ」や「違和感」「充血」等を感じる方もいます。

一度使ってみて日常と違う何かを感じたら、一度使用はストップするのが良いでしょう。眼科を受診する事も大切かもしれません。また購入前に自分の目で成分を確認するというのは、自己防衛の一つかもしれませんね。

目に入ったらすぐに洗い流す

目の周りで使用するものなので、天然由来の成分を主成分としているものが多いです。では、目に優しいから多少入っても平気でしょう、という問題ではありません。美容液であって目薬ではないんです。

万が一目に美容液が入ってしまうことがあれば、速やかに流水で洗い流してください。間違って目をこすったりしてしまうと目を傷つけてしまうこともあります。

まつげ美容液おすすめランキングベスト3

スカルプDポーテピュアフリーアイラッシュ

毛周期を良く考えて開発された美容液です。ピュアフリーとは「シリコン」「オイル」「アルコール」「防腐剤」「合成香料」「合成着色料」「界面活性剤」不使用にこだわったというものです。毎日使うものだから出来るだけ肌に優しく安全なものをと考えられています。

1本1,780円(税込公式価格)という手に入れやすい価格も魅力です。このメーカーは育毛に特化した商品を多く開発しているので効果も期待できそうですね。

ディオールショウ マキシマイザー

ディオールから出ているマスカラ下地の美容液です。こちらの商品はまつ毛美容液としての効果だけでなく、なんとマスカラの下地としても使うことができます。朝はマスカラを塗る前に塗布してマスカラの効果を伸ばしながらまつげをケアし、夜はトリートメントとして使用できます。

使用者の中には「まつげにボリュームが出た!」という声が多数あります。2度美味しい美容液なので、まつげの下地も探しているという方は試してみてはいかがでしょうか。

資生堂 アデノバイタル アイラッシュセラム

資生堂から発売されている美容液です。継続使用意向86%(メーカーモニターアンケート結果より)とリピーターが多いのも魅力です。

ナツメ果実エキスという成分が使われており、これには短いまつげの成長速度を速めることでまつげを長くするという効果に優れています。資生堂のまつげ研究の結果「まつ毛は成長スピードが速いほど長い」ということが解明された(2013年発表)ので期待ができますね。

その他の効果が高いおすすめ美容液

リバイタラッシュ(アドバンス)

「本当にまつ毛にボリュームが出た!」「まつ毛が長くなった!」と口コミで話題となっているのがこちらのリバイタラッシュアドバンスです。アメリカで爆発的なヒットを飛ばした商品で、メーカーの調査によるとなんと約3週間で効果を実感できるそうです。

この商品はアメリカの眼科医マイケル・ブリンケンホフが乳がんの治療でまつ毛が抜け落ちてしまった妻のためにまつ毛の発毛に効果的なものをと考え開発しました。

目の痒みや充血、色素沈着がある、失明するといった副作用の噂がありますが、それは現在は発売していない初期の「リバタイラッシュ」での話です。初期のものには「ビマトプロスト」という成分が含まれており、これが原因で稀にまぶたの腫れやかゆみなどの副作用が起こっていたそうです。ちなみに、失明については起きたという報告はありません。

こういった報告を受け、成分の見直しを図り、新しくなったのが「リバタイラッシュアドバンス」です。大きな違いは「ビマストプロスト」の使用を廃止し、水溶性のビタミンである「パンテーン」を使用していることです。化粧品やコンディショナーなどにも含まれる成分なので、より安心して使用できるものになったのではないでしょうか。

プレミアムアイラッシュエッセンス

美容ブログや雑誌などで多数紹介されている美容液です。配合成分にもこだわっており、高価なオタネニンジンエキスも配合されています。先端はスポンジタイプで塗りやすくモデルや芸能人にも愛用者が多いんだそうです。

公式ホームページも見やすくまた塗り方まで丁寧に解説されているので使い始めやすい美容液です。

アヴァンセラッシュセラム

メイクブランドから登場した美容液です。さらっとした美容液で、マスカラのようにブラシでまつげに塗っていきます。保湿を主に置きながらお手入れしていくタイプの美容液です。

キューティクルを守りまつげを保護するような配合成分になっていることから、ぐんぐんまつげを伸ばすというよりは、伸ばしたまつげの維持に効果的なのではないでしょうか。

まとめ

成分の中でもそのメーカー各々で特徴やこだわりがあって、悩んでしまうというのも正直なところではありますが、自分の悩みに合っているのはどれだろうと調べることで知識にもなるので、それもまた楽しみではないでしょうか。

自分の悩みによって商品の使い分けが出来るところも魅力です。大事なのは用法を良く守り、継続して使い続けること。また偽装品も出回っているみたいなので信頼できる場所から購入する事ではないでしょうか。

まつげが短い、切れやすい、すっかすかなまつげとさようならしたい!そんなお悩みを抱えていたりまつげ美容液を試そうと迷っている方は是非試してみませんか。悩みが1つ解決する事で新しい自分を見つけることが出来るかもしれません。