せっかくのメイクも時間がたつとテカったり崩れたり。そんな化粧崩れのお悩みを解決するには、ファンデーションの選び方や塗り方だけでなく、ファンデーションを塗る前の、お手入れにもポイントがあります。化粧崩れしないメイク方法からファンデーションの選び方まで紹介します!

化粧崩れとサヨナラできるファンデーションを探そう

時間をかけてしっかりとメイクしたのに、時間が経つとテカリや崩れが…。そんな化粧崩れのお悩みありませんか?そこで今回は、化粧崩れとサヨナラできるファンデーションの選び方と、使い方のコツを紹介します。

化粧が崩れてしまう理由とは?

しっかりとメイクをしているつもりなのに、崩れてしまうのには理由があります。その理由を知って崩れにくいメイク方法を覚えましょう。

原因1:汗

暑い夏などに起こりやすい化粧崩れの原因は、汗によるものが多いです。汗の成分は99%が水分なわけですから、汗という水分で化粧を洗い流しているも同然と言えるでしょう。

原因2:皮脂

汗をかく時、同時に皮脂も分泌されます。メイクは油分によって緩みやすく落ちやすくなります。ですから、油分である皮脂が多量に分泌されてしまうと、簡単に化粧崩れが起こるのです。実は化粧崩れの一番の原因となっているのが、この皮脂の分泌によるものです。

原因3:乾燥

寒い冬の時期の乾燥だけでなく、夏場でも乾燥による化粧崩れは起こります。乾燥した肌では、化粧の吸着力が落ちるので化粧崩れが起こります。さらに、化粧自体が肌を乾燥させる原因となるため、乾燥肌の上に化粧品を塗るというのは、より乾燥が進み肌表面が粉を吹いた状態になってしまい、化粧崩れにつながります。

夏場は乾燥していないように思えますが、空調の効いた室内に長時間いることで乾燥しやすかったり、強い紫外線を浴びる事でも乾燥が進みますので、夏場でも乾燥による化粧崩れが起こります。

また、化粧崩れの一番の原因は「皮脂」だと言われていますが、皮脂が過剰に分泌されてしまう原因には、乾燥があげられます。これは、肌が乾燥すると、外界から刺激を受けやすくなります。その刺激から肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまうからです。

化粧崩れしないようにするポイント・3つ

化粧崩れがしないようにメイクをするには、どうしたらいいのでしょうか?いくつかのポイントを抑えることで、化粧崩れを防ぐことができます。

1.朝の保湿が重要

化粧崩れを防ぐためには、朝の保湿が欠かせません。保湿を怠ると肌が乾燥するので、化粧崩れの原因となる皮脂が分泌されやすくなってしまいます。また肌の保湿は、季節を問わず行うことが重要です。冬だけでなく、夏もクーラーなどの影響で肌は乾燥します。ですから化粧水・乳液・クリームを使った保湿は欠かせません。

ただ例えば夏は毛穴の引き締め効果を持つタイプ、冬は保湿力に優れたタイプなど、季節に合わせたものを選ぶことは、肌ケアの効果を高めるのでおすすめです。

<保湿ケアのポイント>

朝はぬるま湯を使って、顔を軽く洗い流します。小鼻など気になる部分は、そこだけ洗顔料を使って洗いましょう。洗う時にゴシゴシと強くこすったりすると、肌を傷つけたり、必要な皮脂までなくしてしまうことになります。すると肌が更に乾燥しやすくなるので、注意しましょう。

洗顔後、タオルで優しく水分を吸い取ったら、たっぷりの化粧水を使用します。まず顔全体にしっかりと染み込ませましょう。その後、化粧崩れが起きやすいTゾーンなど、気になる部分を集中的に保湿します。化粧水の後は乳液を塗ります。これも頬を手で挟むようにして、しっかりと染み込ませましょう。

最後にクリームと下地クリームを順番に塗れば、保湿ケアの終了です。こうして肌の土台をしっかり作っておくことで、化粧崩れが格段にしにくくなります。慣れないうちは大変だと思いますが、手順をしっかり覚えて化粧崩れを防ぎましょう。

2.下地が乾いてからファンデーションを塗る

朝の保湿は欠かさず行っているのに化粧が崩れるという方は、もしかするとファンデーションを塗るのが早すぎるのかもしれません。保湿して下地クリームを塗った後、すぐにファンデーションに移ってしまうと、両方が混ざってしまうので化粧崩れしやすくなります。

ですから下地クリームを塗った後は、乾くまである程度時間をおくことが大切です。時間が限られている朝でも、下地を塗ってから髪をセットして、その後にファンデーションを塗るなど工夫をすると化粧崩れを防ぐことができます。

なお下地を塗った後にティッシュで押さえるようにすると、不要な油分を取り除くことができるので、化粧崩れを防ぐ効果が期待できます。この方法は、特にTゾーンなど化粧崩れしやすい部分におすすめです。

3.化粧崩れを防ぐにはリキッドファンデーションを選ぶ

ファンデーションには大きく分けると、パウダーファンデーションとリキッドファンデーションの2種類があります。手軽に使えて、肌にのせた時に軽く感じることから、パウダーファンデーションを好んで使う人も多いと思いますが、化粧崩れがしにくくてすむのは、リキッドファンデーシションです。

リキッドファンデーションは、ベタツク感じがありオイリー肌の人は嫌煙する人もいますが、オイリー肌は乾燥が原因で起こることが多いので、パウダーファンデーションを使ってしまうと、逆に乾燥が進んでしまう事にもなりますので、リキッドファンデーションの方がお勧めです。

またリキッドファンデショーンの方が、肌の凹凸や毛穴まで入り込んでくれるので、肌への密着度が高く、化粧崩れがしにくいとされています。

崩れないファンデーションの塗り方・5つ

ファンデーションを塗る時には、ちょっとしたポイントを抑えることによって、格段に化粧崩れがしにくくなる方法があります。

1.手を使って乗せていく

リキッドファンデーションは、パウダーファンデーションに比べてカバー力もありますが、化粧崩れを起こしやすいと、感じている人はいませんか?これは、シミや毛穴を隠そうと、つい厚塗りになている事が原因の一つとなっています。

リキッドファンデーションは、薄めに塗る事が基本的なルールです。気になるトラブルを隠すには、コンシーラーやコントロールカラーなどを使い、下地でカバーするようにしましょう。

こうした厚塗りを防ぐためにも、リキッドファンデーションは、スポンジなどに取ってから顔に塗るのではなく、手を使って顔に乗せて行くようにしましょう。

また、ファンデーションを直接顔に乗せるのではなく、一度手の甲か手の平に取って馴染ませてから顔に乗せる事で化粧ノリが良くなります。

これは、一度馴染ませることにより、ファンデーションが体温で温められるので、顔へのフィット感が高まるからです。このひと手間が化粧崩れしないポイントにもなります。

2.頬骨の一番高いライン、内側から外側へ点在させる

リキッドファンデーションは、少量づつ「おでこ」「鼻」「頬」「顎」などに点在させてから、内側から外側へと放射状に塗っていきます。顔の高い部分から低い部分へと、広げていくことを覚えておきましょう。

3.のばさずに肌に入れ込む

ファンデーションを塗り込む際に、こすりながら伸ばすと肌への負担になりますのでやめましょう。頬は軽く放射状に塗り伸ばしたら、指先でトントンと叩いて、ファンデーションを毛穴に入れ込むようにして全体に塗り広めます。

フェイスラインに沿って、薄くなるように叩いてしっかりと入れ込むことで、自然な仕上がりと崩れにくくなります。おでこは、中心から左右にぼかすように塗っていき、生え際は境目がわからなように入れ込みながら塗っていきます。

鼻は鼻筋を通すように塗ったら、中指で叩きながら毛穴にファンデーションを入れ込みます。その流れで小鼻の部分にも丁寧に叩き込みます。特に小鼻の部分は化粧崩れがしやすいので、薄くきちんと叩き込むようにしましょう。

顎は首筋に向けて薄くなるように塗り広めたら、首筋部分をしっかりと叩き込みます。首と顔の境目がわからなくなるように、ファンデーションを肌に入れ込み密着させます。

4.あまったファンデーションを馴染ませる

指先にあまったファンデーションを目の周りやまぶたに、薄く塗り馴染ませます。目の周りは皮膚が薄いので、ごく少量のファンデーションを使うだけで十分です。

全体的に塗り広めたら、手の平を使って顔全体を包み込むように抑え込んで、ファンデーションを定着させます。手の平の温度でしっかりと肌へファンデーションを密着させるためです。

5.フェイスパウダーで仕上げをする

ファンデーションが塗り終わったら、フェイスパウダーで仕上げます。フェイスパウダーを使う事で、ベタツキを抑え、化粧崩れを防ぐことにつながります。

パウダーは少量をパフにとり、顔全体をすべらすようにして塗り広める。この時もファンデーションの塗り方同様に、顔の内側から外側に向けて塗ります。小鼻など塗りにくいところは、パフを折り曲げて塗ります。

顔の輪郭から首筋にもパウダーを乗せて、仕上がりが不自然にならないように、ぼかすようにしてパフで抑え込みます。パフではなく、ブラシを使用する場合には、ブラシに取ったパウダーが均一になるように、手の甲でブラシをクルクルと回す。

塗る時には、顔の中心から外側にかけて、クルクルと円を書くように回しながら塗り広めていきます。首筋や輪郭部分は境目がわからないようにぼかします。厚塗りにならないように、パウダーの量を調節しましょう。

パウダーのつけすぎは、白浮きしてしまうだけでなく、リキッドファンデーションならではのツヤ感が失われてしまいますので、パウダーを塗ったあとに軽くティッシュオフをすることで、余計なパウダーを落としましょう。

崩れないファンデーションおすすめ・7選

ファンデーションによって、崩れにくいものやそうでないものもあります。ここでは、崩れにくいと評判のファンデーションを紹介したいと思います。

1.レブロン カラーステイメイクアップ

大手口コミサイト「@コスメ」で、常にリキッドファンデ部門で上位にたつのが、レブロンのカラーステイメイクアップです。少量で伸びも良く、長時間化粧崩れがしないとの口コミが多数あります。

中には、暖房のガンガン効いた室内で、長時間仕事をしていても絶対崩れないという口コミも見られました。カバー力もしっかりとあり、少量で伸びるので、コスパの面でも非常に人気のある商品です。

2.エスティーローダー ダブルウェア ステイインプレイスメークアップ

@コスメではベストコスメ大賞、殿堂入りを果たしたことがあるのが、エスティーローダーのダブルウェア ステイインプレイスメークアップです。使用した人の口コミでは、真夏でも全く化粧崩れしないという声もあります。カバー力にも優れ、セミマットな仕上がりなのに、重たさがなく、自然な仕上がりになるところが高評価を得ています。

3.フェースアップパウダー ミラノコレクション

パウダーランキングで常に上位に立つのが、フェースアップパウダー ミラノコレクションです。毎年デザインや保湿成分を変えて、数量限定で販売されるミラノコレクションは、おしろい市場ではナンバー1を獲得しています。

ミラコレは、崩れやすいTゾーンも全く崩れないというくらい、崩れ知らずのパウダーです。ただし、通常のファンデーションと違い、カバー力はそこまで強くありませんので、パウダーファンデーションとして使用するのではなく、仕上げ用のパウダーとして使用します。ナチュラルな仕上がりで、長時間化粧崩れを起こさないので、毎年ファンが増加中の商品です。

4.キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

ベースメイクの仕上げパウダーとして人気が高いのが、キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダーです。マシュマロフィニッシュパウダーが人気である最大の理由は、「プチプラ」なのに、パフォーマンスが高いところにあります。

パフでつければ、しっかりと毛穴までカバーができ、ブラシでつけると程よくマットな仕上がりにと、使いわけもでき、化粧崩れもしにくい商品です。

5.チャコット パウダーファンデーション

パウダーファンデーションの中で、@コスメでも口コミ数が多く人気なのが、チャコットのパウダーファンデーションです。チャコットの最大の特徴は、着色料以外全て植物由来成分で処方されているパウダーファンデーションなので、肌荒れを起こしにくく、肌の弱い人でも使えるというところです。

しかし、植物由来成分で作られているがゆえ、カバー力にはやや欠けますが、ナチュラルな仕上がりになり、健康的な素肌を保つのに役立ちます。

6.レイチェルワン

ミネラルファンデーションの中で人気なのが、レイチェルワンです。汗や水にも強く、紫外線対策として重ね塗りをしても厚塗りにならずに、軽くナチュラルに仕上がります。

パウダーがきめ細かく、しっかりと毛穴をカバーできるのに、長時間塗っていても乾燥することがないので、余分な皮脂の分泌がなく、テカらないパウダーファンデーションとして人気です。

7.ソフィーナ プリマヴィスタ皮脂崩れ防止化粧下地

化粧下地部門で、@コスメでも非常に口コミ数が多く人気が高いのが、ソフィーナのプリマヴィスタ皮脂崩れ防止化粧下地です。

皮脂や汗崩れに強い商品になっており、オイリー肌の人でもテカらないと口コミで評判です。テカリを抑えてくれる力が強いので、Tゾーンや小鼻などテカリやすい部分にだけ、使用している人も多いようです。

夏場の汗をたくさんかく時期には、テカリを抑え化粧崩れを防いでくれますが、汗に強いという商品ゆえに逆に乾燥にやや弱いのか、冬場はあまり向いていないという口コミもあります。夏場のテカリが気になる人にはお勧めの商品です。

まとめ

化粧崩れは、しっかりとした保湿、下地使い、ファンデーションの選び方や塗り方で、防ぐことが可能です。肌質などによっても、合うファンデーションや下地が違ってきますので、是非自分に合う商品を選んで化粧崩れとさよならしましょう!