一重さんにアイメイクで重点を置いてほしいのがアイシャドウなんです!一重さんは、まぶたでかくれて見えないから…とアイシャドウがマンネリ化してしまうこともあるようです。しかし!一重さんにおすすめのアイシャドウがたくさんあります。ベーシックなブラウン系からビビッドなカラー系メイクも似合っちゃうんです。逆に一重さんだからこそ映えるアイメイクもあります。是非アイシャドウを楽しく選んでみて下さい!

一重のアイメイクについてお悩みを抱えていませんか?

一重さんはアイメイクでお悩みを抱えている人が多くいるようです。特にお悩みなのがアイシャドウの使い方のようです。
「まぶたで見えなくなってしまうから、アイシャドウを使わない…」
「とにかくアイシャドウを濃くしないとアイメイクが決まらない!」

じつはこのメイク法は一重の人にとって間違いだらけなんです!ここでは、一重さんにおすすめのアイメイク術をたくさん紹介していきます。いつも同じカラーでマンネリになってしまいがちなアイメイク。ですがアイシャドウで一気に一重さんの個性を出すことができ、おしゃれアイになれること間違いなしです!

一重のタイプ別おすすめの色

一重まぶたってどんな状態?

そもそも、どうして一重まぶたは目が細く見えてしまう・目が小さく見えてしまうのでしょうか?二重との大きな違いは、構造にあります。それは、まぶたが開くときの筋肉「眼瞼挙筋」です。この筋肉は、まぶたのを持ち上げる筋肉です。

まぶたが厚かったり、脂肪が多かったりする場合は、目の上にまぶたが覆いかぶさってしまいます。よって、目が腫れぼったく見えたり、キツい目に見えたりしてしまうのです。

さらに、目頭にある皮膚「もうこひだ」が一重の原因となっている場合もあります。このもうこひだがある場合は、まぶたの脂肪が少ない場合でも一重になってしまいます。

しかし、目はつねに開いているわけではありません。伏し目がちになったりまばたきをしたり、その際見えるアイメイクは意外と周りの人から見られているのです。キレイなグラデーション、ラメやパール、おしゃれなカラーメイクで、オシャレ度がアップ!異性もどきっとさせることができちゃうかもしれません。

すっきり一重

実は一重といっても、2種類のパターンがあります。それはすっきり一重とボリューム一重です。すっきり一重は、まぶたの脂肪が少ない一重のパターンです。名前の通りすっきりした印象に見えます。芸能人で例えると、モデルのりょうさん、フィギュアスケーターの浅田真央さん、女優の木村多江さん・多部未華子さんがいます。

このすっきり一重さんにおすすめのアイシャドウは、暖色系です。暖色とは、赤や黄色、オレンジといった暖かみのある色合いをさします。アイシャドウでいうと、ベースになるカラーはベージュやブラウンがおすすめです。カラーメイクをしたい場合は、ピンク・オレンジ・オリーブ、キラキラさせたい場合はゴールドなどがいいでしょう。

ボリューム一重

ボリューム一重は、まぶたが厚めの一重です。芸能人でいうと、モデルの富永愛さん、女優の吉高由里子さん、黒木メイサさんなどがいます。

このボリューム一重さんにおすすめのアイシャドウは、寒色系です。寒色とは、青や緑といったクールな色合いです。アイシャドウでいうと、ベースになるカラーはグレーやダークブラウンがおすすめです。カラーメイクをしたい場合は、ブルー・グリーン・ボルドー、キラキラさせたい場合はシルバーなどがいいでしょう。

アイシャドウの基本的な塗り方

アイシャドウは、基本的に目の上にあるまぶた「アイホール」に塗ります。このアイホールは、目頭と目尻を半円状に囲んだ場所のことをさします。この範囲は、目のくぼみの部分であり、しっかりアイホールを見極めることで、バランスがよくなります。

アイシャドウをつけるときおすすめの道具は、アイシャドウブラシとアイシャドウチップです。アイシャドウブラシは、ソフトに薄くつけたいときに、使用するのがおすすめです。

ブラシにもサイズがあり、大きいサイズは上まぶたに、小さいサイズは下まぶたに使用してみましょう。アイシャドウチップは、しっかりカラーを入れたいときにおすすめです。目の際や目じりに色をのせやすくなります。

アイシャドウは一番薄いハイライトカラーをアイホール全体にのせます。次に濃い締め色のメインカラーを、アイラインを書くように目の際にのせ、最後に中間色のミディアムカラーでぼかしていきます。次は、このハイライトカラー・ミディアムカラー・メインカラーの詳しい説明をしていきます。

ハイライト

ハイライトはアイホール全体にのせる一番シアーなカラーです。うすいベージュやホワイトといった、くすみをとってくれるカラーです。ハイライトは、アイシャドウブラシでつけるのがおすすめです。その際、一度手の甲で余分な粉を落としてから乗せるといいでしょう。ブラシが無い場合は、指でのせるのも意外とオススメの方法です。

メイクの最後、下まぶたの涙袋がある部分に、このハイライトカラーをチップでのせると、うるんだかわいい目元が作れます。すっきりした目元にしたい場合は、ブラシでかるくなぞってみてください。

メインカラー

メインカラーは一番濃い色です。締め色ともよばれ、アイラインの代わりにアイシャドウのメインカラーを使用する人もいます。ブラックやダークブラウンが主流です。カラーメイクをしたい場合は、そのカラーパレットで一番濃い色を使用してみましょう。チップで、アイラインをなぞるように、色をのせるとうまくいきます。

はっきりした目元にしたい場合は、下まつげの際部分にメインカラーをうすくぬってみましょう。タレ目風にしたい場合は、目じりに濃い目にのせてみましょう。

ミディアムカラー

中間色であり、ハイライトとメインカラーをうまくつなげてくれるカラーです。メインカラーをなじませるように、太目のチップで色をのせてみましょう。アイホール下半分に色をのせるようにすると、まぶたが開いた状態でも、アイシャドウカラーがはえます。このミディアムカラーをうまく使用できると、きれいなグラデーションになります。

アイシャドウの塗り方応用編

キュート系

キュートな仕上がりにしたい時おすすめのアイシャドウはピンクのアイシャドウです。一重にピンクって腫れぼったくなっちゃう?と敬遠されがちなカラーですが、実はポイントを抑えるだけで、とってもかわいいメイクができちゃうんです!

ポイントは、目じりにピンクをのせることです。上まぶた全体にのせてしまうと、腫れぼったく目が小さく見えてしまいます。目じりの3分の1にのせてみましょう。メインカラーはブラウン系にして、ピンクはチョイ足しでOKです。一重さん+ピンクは、ちょっと幼さが出るベイビー感がとっても可愛らしいです!

さらに、ハイライトカラーをピンクベースにしてみると、一気に目元が華やかになります。薄めのフィットするクリームアイシャドウを指でのばして、いつも通りのメイクで気分が変わっちゃいます。涙袋のハイライトをピンクベースのアイシャドウを使うのもおすすめです!

クール系

クールな目元は、一重さんの良さを存分に引き出せます。おすすめカラーは、すっきり一重さんはオリーブ、ボリューム一重さんにはグレーです。クールでかっこいい切れ長アイを目指すポイントは、下まぶたのアイシャドウです。基本的なアイシャドウの塗り方を実践したあとに、ワンポイント下まぶた全体にアイシャドウをのせてみましょう。

下まぶたにアイシャドウをぬる際注意するポイントは、メインカラーを使用しないことです。メインカラーのように濃い色締め色で下まぶたをぬってしまうと、クールを通りこして怖いイメージになってしまいます。ミディアムカラーで、下まぶたの粘膜ぎりぎりあたりにカラーをのせていきましょう。さらに、目じりを「く」の字にぼかしていくと、自然になじみます。

エレガント系

パーティーやデートにぴったりなエレガント系アイメイクにおすすめのアイシャドウは、すっきり一重さんにはゴールド系のブラウン、ボリューム一重さんにはパープルのカラーです。濡れたような瞳がセクシーで、透明感がある目元が作れちゃいます。

ポイントは、グラデーションです。グラデーションは、ハイライトとメインカラーをミディアムカラーでぼかすと、キレイにできます。よりエレガントにしあげたい場合、黒目の上であるアイホールの真ん中あたりを少し濃くしてみましょう。下まぶたも同じように、黒目の部分に少しだけ締め色をおいてみると、デカ目効果もでます!

参考にしたい韓国一重メイクのポイント

たれ目メイク

韓国ではオルチャンメイクといわれるメイクが流行っており、日本でも真似する人がとっても多い人気のメイクです。韓国の芸能人も多くしている一重でも可愛く見えるたれ目メイクを紹介していきます。

ポイントは、目じりを「く」の字に囲むことです。アイラインをでるべく細く囲みます。アイラインは太く書きすぎてしまうと、一昔前の囲み目ギャルメイクになってしまうので注意!太さよりも長さを意識しましょう。いつも通りにアイラインをひいたら、目じり側に2ミリほど長くラインをひきましょう。

そのあとに、アイシャドウでしっかりグラデーションを使いぼかしていきます。このグラデーションは、上まぶた下まぶたの目じり部分どちらもしっかり行いましょう。下まぶたは目じり約3分の2を濃いめに、目の際3分の1をハイライトカラーで明るくしましょう。立体感がでます。

アイライン

韓国の一重メイクを目指すのならば、アイラインはなるべくブラックを使用しましょう。ペンシルタイプよりは、リキッドタイプのアイライナーを使用し、細さを出して切れ長アイを作りましょう。

韓国の一重メイクでは、アイラインを目じりで変わる2パターンがあります。1つ目は、アイラインを目じりに跳ね上げるとキャットアイがつくれます。キャットアイをつくるときは、目じりだけ太く長めに跳ね上げましょう。

2つ目は、目じりのラインをそのまま下に長くひいてくやり方です。アイラインは細目にひいて、あとはアイシャドウでぼかしていく方法です。ヌーディーでセクシーな目元が作れます。

おすすめメーカー

オーブ

デザイニングインプレッションアイズⅡ
※価格 3700円(税抜)

このアイシャドウのポイントは、一重や奥二重の人に向けた使いやすいカラーがそろっていることです。ブラウンといったベーシックなカラーの他に、ピンクやブルーといったカラーメイクもでき、全部で6色あります。一重の目がまるく大きく見えると大人気です。

付属のアイシャドウチップとブラシに番号がついており、見たままアイシャドウを目元にぬれば、簡単に大きくてくっきりしたデカ目がつくれちゃいます!塗れば塗るほど濃くなるアイシャドウですが、薄付きで、しっかり発色してくれます。お値段も手が出しやすいので、全部そろえたくなってしまいますね。

コスメデコルテ

AQ MW グラデーションアイシャドウ
※価格 5700(税抜)

一重メイクで大事なのは、いかにきれいなグラデーションを作れるかということです。コスメデコルテのアイシャドウは、1つのパレットに4色はいっていて、簡単にグラデーションを作ることができると評判です。カラーも12種類展開で、気分によって色んなカラーを使い分けることができます。さらに、自分に合うカラーを見つけることができます。

なんといっても、コスメデコルテのアイシャドウのポイントは、しっとり感とフィット感です。パウダーがしっとりしていて、フィット感が抜群に良いんです。アイシャドウは時間がたつと、粉っぽくくすんでしまいがちですが、コスメデコルテのアイシャドウは夕方までキレイなグラデーションが続きます。

ルナソル

スキンモデリングアイズ
※価格 5000(税抜)

肌馴染みがいいアイシャドウで、どんな一重さんにも合う万能カラーです。ベージュやブラウン系の2色展開ですが、4色パレットで捨て色がありません。ヌーディーカラーで、自然に大きな目元を作ることができます。オフィスの普段使いや、デートメイクどちらもばっちりなアイシャドウです。

グラデーションを作ろうとすると、色を重ねすぎて粉っぽく、とにかく濃いアイメイクになってしまうという失敗があります。しかし、ルナソルのアイシャドウは、とてもナチュラルな仕上がりです。ラメも主張しすぎず、キラキラ光り目元が輝きます。

まとめ

ここでは、一重さんに向けたアイシャドウの使い方を紹介していきました。アイプチや二重のプチ整形だけが道ではなく、一重でも十分可愛い・キレイな目元が作れちゃうんです!ベーシックなメイクだけではなく、カラーメイクもチャレンジしてみてください。

切れ長アイといったクールな印象のアイメイクは、むしろ一重さんにお似合いなオシャレなアイメイクです。ベイビーフェイスなまーるいキュートなピンクアイも一重さんにおすすめです。一重さんの個性をだして、自分だけのオシャレアイを目指してみてください。メイクを楽しんじゃいましょう!