あなたの周りにもいつもお金に恵まれていて、あくせくした生活とは無縁という人がいるかもしれません。同じように毎日を過ごしていてもお金に縁があってお金に好かれる、そんな強い金運を持っている人の手相を見てみると、なにやら「金運線」なるものがあるようなのです。一攫千金宝くじを当てて優雅に暮らしたい、とひそかに思っている人も必見!金運アップや金運が良い手相をご紹介します。

手相の金運線で自分の金運を知ろう!

お金は入ってくるのになぜか貯まらない、お金をゲットできるチャンスを逃しがち、ついつい余計な買い物をしてしまう、などなどお金に関する悩みは生活につきものですよね。努力はしているつもりなのになんだかいつもお金の問題で悩んでいる気がする、と感じている場合はもしかすると、あなたの持っている「金運」がその悩みに関係しているかもしれません。

あなたは占いを信じますか?占いは信じないという人も、統計学に基づいて研究されてきた「手相学」の信憑性は疑わないという人も多いと思います。たしかに「手相学」とは、長い年月をかけてたくさんの手相のサンプルを集め、それを基に「人の運命の流れ」をひもとくという学問ですから、信頼を得られているのかもしれません。

運命、運気、心身の状態はもちろん、とくに金運は手相をみると良くわかるそうです。ちなみに右手には「肉体」「現世」「今の自分」、左手は「精神」「前世」「生まれ持った自分」をあらわしていると言われています。

手相を見るときにどちらの手を見るかは諸説あるようですが、近頃は、右手も左手もどちらも合わせて見ることで、全体的に鑑定することが多いようです。もちろん、世の中お金がすべてではありませんが、全くないよりはあった方がいいのがお金ですよね。

あなたの手相にはラッキーな金運線はあるでしょうか?手相で見える自分の金運を知って、あなたのお金を引き寄せる力をチェックしてみましょう。

金運が良い手相とは?

薬指の下に縦線がしっかりある

薬指の付け根に向かって伸びる線を「太陽線」といいます。太陽線は、富や名声、成功運を表す線といわれ、この線が太くハッキリと出ている人は、仕事などで成功してお金持ちになったり有名になる、といわれていて金運に深く関係のある線です。

そのためくっきりと出た太陽線を金運線とも呼びます。ちなみに、太陽線は感情線あたりまで伸びているのが普通とされていますが、それを越えて長くなればなるほど、金運があると言われているようです。

運命線、太陽線、財運線が1つの線

「太陽線」の他にもうひとつ、金運に影響を与える線があります。小指の下に縦に伸びるこの線は「財運線」と言って「金運」や「商売の才能」をあらわしていると言われています。貯金や財産が増えやすい人は、この線が太くわかりやすく直線的に刻まれているそうです。逆に、金運が良くなってくると知らないうちにこの線がハッキリしてくることがあるそうです。

では、「億万長者の手相」の手相とはどういうものでしょうか。それは、前述の「太陽線」と「財運線」が、手のひらの真ん中を走る「運命線」と重なりひとつの腺になった手相を言います。これは「覇王線」、あるいは「三奇紋(さんきもん)」と呼ばれます。この手相の持ち主は、強い金運を持ち、商才や貯蓄能力にも長けているそうです。

三角紋が財運線に2つある

手の平に三角形の模様が出ていたら、近いうちに幸運がおとずれるラッキーのしるしです。この三角模様は「三角紋」や「トライアングル」と呼ばれ、努力や頑張りが報われるという良い知らせだといわれていて、これが財運線にくっついている場合は金運が高いことを表しているといいます。

財運線にある三角紋が2つくっついて向かい合い、まるで蝶のような紋を形造っているのは大変珍しく、金運手相の中でも最も力が強く、今とても勢いがあるという表れです。この三角紋は2つ、4つと合わさることがあり、数が増えるほど金運は高くなるそうです。

太陽線が二股になっている

太陽線が二股になっている人は才能と金運の持ち主です。持っている才能を活かし、ゼロからお金を生み出して成功できる強運を持っていると言われています。

また強運を持っているだけでなく、もともと明るい性格で周囲の人を惹きつける魅力もあるので、周りの人のサポートを得ながらチャンスをうまくつかんでいける、運とポテンシャルを持っている人ということが言えます。

宝くじ当たる!?金運アップの手相の見方

覇王線

金運線、財運線、運命線の3本が交わって三角形を作っている「覇王線」は最強の金運相といわれています。この覇王線を持つ人は、めったにいません。例えば、あなたの住む町に一人いるかいないかくらいの珍しい手相です。松本人志さん、王貞治さん、福山雅治さん、女性ではきゃりーぱみゅぱみゅさんがこの手相を持っているそうです。

金運をみる時は、金運線、財運線、運命線のバランスを併せて見るようにしましょう。例えば、しっかりした運命線を持っていても太陽線がないような場合は、せっかくの努力が報われないという暗示になったり、金運線を持っていても財運線がよくないという場合は、お金の出入りが激しく手元に残らないというサインになったりします。 

セレブ線

金運線(薬指下の太陽線)が、濃く長くなっている時、この線は「セレブ線」と呼ばれます。なぜなら、この線は金運の好調さを示すからです。宝くじ運やギャンブル運も上がっているので、思いきって一攫千金に挑戦してみる好転期かもしれません。幸運の波に乗ってセレブへの道をねらえるサインかもしれませんよ。

スター線

三本の線が一か所で交わる相は「スター」と呼ばれ、手相の中でも最もラッキーサインと言われているもののひとつです。もし、薬指の下にこの「スター」を見つけたら、それは「大金」の予感を感じさせます。実際、宝くじの高額当選者の方達の手相を見てみると、ほとんどの人に共通してこのスターがあったそうです。手相にスターが急に現れたら、宝くじ売り場に急いでみる良いタイミングかもしれません。

なりあがり線

生命線の起点から中指の方にカーブするように上がっていく線を「なりあがり線」といいます。上昇線や希望線とも呼ばれ、これまでの長年の苦労が報われ、一発逆転で大金を手にするチャンスが近づいているサインといわれています。なりあがり線が出現したら、タイミングを逃さずにチャンスをうまくつかんでくださいね。

ラッキーM

「ラッキーM」の手相を持つ人は、心身ともにバランスがとれていて人柄が良く、幸運度が高いといわれています。生命線、運命線、太陽線、財運線などの4本の線がMの字を描いていて、Mの字がきれいな形であればあるほど良い相といわれています。

また、この手相があると願いを引き寄せる力が強いと言われてもいます。こうなりたい!と強く願うことでその願いを実現させてしまうことのできるラッキーな運の強さを持っているそうなので、宝くじを当てたい!と願うことで金運を引き寄せることができるかもしれません。

手相を書く!?金運アップの方法とは?

水性のペンで書く

もし現在のあなたの手相があまりよくなくても、落ち込む必要はありません。もし理想通りの線がないのなら、ズバリ、書いてしまえばいいのです。毎日なりたい手相を書き込むことで、実際に手相が変わっていき、人生が好転していく効果があるといわれています。手相を書き込むときには、水性のペンがいいそうです。

水性のペンは油性のものに比べて消えやすいですが、実はこの消えやすいというところにポイントがあります。理想の手相を毎日想いを込めて書くことで、願いを叶えようとする気持ちが高まり、幸運を引き寄せるパワーがより強まるといわれているからです。

水性であれば基本的には何色で書いてもOKですが、金運アップのためには富を呼び込む力が強い、金色と銀色を使うとより効果的です。金色は、心を満たし、自信を与え、意欲的にしてくれるパワーのある色です。

この金色の陽の色で線にエネルギーを持たせ、銀色で方向性を持たせることで、未来をいきいきとパワフルに変えていくことができるといわれています。日中は金色で、夜は銀色で書く、という方法もおすすめです。

右手にしっかりと書く

右手の手相は、後天運を示しているといわれ、自分自身の頑張りと熟慮により手に入れてきた運命を示していると言われています。これに対し、左手の手相は先天運を示していて、生まれ持った運命を表しているといわれています。

簡単に言えば、左手は生まれ持った運勢で、右手はこれからの運勢といえるので、手相をペンで書いてこれからの未来を明るく変えていきたいと願うのであれば、右手にしっかりと理想の線を書いてみましょう。もともとの宿命を力づくで変えようとするより、自分の運命を自分で切り拓いていくポジティブなアクションになるわけです。

金運をアップしたい場合は、「太陽線」と「財運線」を書き込みましょう。前半でも説明しましたが、薬指の下から手のひらに向かって伸びる線と小指の下にまっすぐ伸びる線のふたつです。もともとこの線がある人は、その線をしっかりとした長い線に書き足すことで金運アップを望めるそうです。

理想をしっかりとイメージして書く

手の平に手相を書くときには、理想をしっかりとイメージして書き込んでいきましょう。実際にお金を手にする場面や、お金の使い道などを具体的にイメージしながら、自分にとって必要な線を書き足していきましょう。そうすることで、手相に限らず、今の自分に足りない部分も少しずつ見えてくるかもしれません。

お風呂上りの皮膚が柔らかいときはくぼみができやすく、書き続けていたら自然に線ができていたということもあるそうです。また、お仕事の都合などでペンで書くのがためらわれる場合には、指先などでなぞるだけでも効果があるといわれています。思い描いて念じることで、あなたの運そのものをパワーアップさせてくれるのです。

金運に弱い手相とは?

財運線がない

自分の手相を見てみて、財運線が見当たらなかったら、わたしはお金に縁がないの?!と不安になってしまいますが、実は財運線がない人の特徴として「お金というものに興味や関心や執着心が少ない」ということがあるそうです。

こうした人の多くは、なぜかお金に困っているというふしがなく、お金廻りがよかったり、ないならないなりになんとかなってしまったり、ということがあるようです。ただ、反対にお金が手元にあるとあっただけ無頓着に使ってしまうという傾向もあるようなので、お財布のヒモを締めるクセをつけたほうがいいかもしれません。

つまり、財運線がないから金運がないというわけではなく、お金への執着心がないということのようです。むしろ、小さな縦線が薬指の下あたりにたくさんある場合は、お金の小さな出入りが激しいことをあらわしていて、お金が入っても出ていってしまい、手元にはあまり残りづらいことを示しているそうなので、こちらにも注意したいですね。

財運線が蛇行している

財運線がくねくねと蛇行している場合は、お金に関して安定さやまとまりがないことを示しています。お金に関して問題を抱えていることを表していて、収入が不安定で生活にゆとりがなかったり、お金の出入りが多かったりなど、金運の弱さが見受けられます。

せっかくお金を貯めようとしても出費が重なり、だんだん減らしてしまうことになる傾向にあるかもしれません。 赤字が続いていたらこの線に着目し、軌道に乗せることができるようにコツコツと真面目な努力が必要な時期かもしれません。

財運線が途切れている

財運線が途切れているという状態は、財運や金運が落ちてる時です。大きな額の出費が多く、ギャンブルにもツキがない要注意な相です。

もし今自分の財運線がこの状態になっていたら、不動産などの大きな買い物や投資は避けたほうが無難かもしれません。財運線は変化しやすい線なので、財運や金運を上げたいと思っているなら、1本のしっかりした線を書いて、お金の悩みを解消できるように努めましょう。お金の流れが整い、お金のことで悩まなくなると、線の状態は自然に変わってくるそうですよ。

まとめ

お金にまつわる金運線、あなたの手相はいかがでしたか?まじまじと改めて自分の手相を見てみると、少し前には気づかなかった新しい線や相を見つけた方もいるかもしれません。手相は変化するものだといいますし、あなたの生き方によっても変わっていくものだともいいます。

もしあなたの今の手相にあまりよくない相が出ていたら、それは人生を慎重に見直すいい機会かもしれません。その相が暗示している通りになってしまわないように今の行いを改めて、考え方や生き方を変えていくことができますよね。反対に今の状況に甘んじて努力をやめてしまえば、持って生まれた幸運もあなたから離れていってしまうかもしれないわけです。

金運線は、金運をあなたの味方にしてお金を引き寄せられるエネルギーと運を自分の手の内につかみ入れるためのヒントなんですね。待っているだけでは金運はやってきません。信じるか信じないかはあなた次第、未来を切り拓いていくのもあなた次第です。