いつも同じメイクしていませんか?同じ色のアイシャドウ、リップ、チーク、ラインの入れ方や眉の形まで、ここ何年変えていない、という人もいるのではないでしょうか?自分の顔に合うメイクから、なかなか冒険できないのはわかりますが、あまりにも一緒だと、「時代遅れ顔」に認定されているかもしれません。メイクの流行りを取り入れて旬のオシャレガールを目指しませんか?

今流行りのメイク、ご存知ですか?

ファッションや髪型に流行があるように、メイクにも流行りがあります。自分に似合うメイクをするのが大前提ですが、あまりにも古いメイクをしていると、時代遅れ感が否めません。メイクの流行りを知って、自分に合うように取り入れることが大切です。

今回は、メイク初心者さんへ向けた基本的なメイク方法から、これまでのメイクの流行の遍歴、そして2016年に流行るメイクまで徹底解説いたします!メイクの流行りを攻略して、旬顔オシャレガールに変身しましょう!

メイクの基本的なやり方

まずは、初心者さんに押さえてほしい、メイクの基本的なやり方を解説いたします。マスターすれば、トレンドメイクを今すぐにでも取り入れることが出来ますよ。

1.ベースメイク

メイクを綺麗に仕上げたり化粧崩れや肌ダメージを防ぐには、ベースメイクがまずとても大切になってきます。ベースメイクのポイントと言えるのは、お肌の水分バランスです。お肌に水分が少ないと紫外線などの外的要因にダメージをうけやすい乾燥した肌になったり、水分が少ない分皮脂が沢山分泌され脂っぽい肌となりテカりやメイクが崩れやすくなるという問題が起きます。

洗顔ではゴシゴシと洗って皮脂を落とし過ぎないよう注意が必要ですし、洗顔の後は最初に化粧水で水分をお肌にしっかり染み込ませることが大事です。そして美容液などで美容に必要な成分を補った後は、化粧水と美容液でお肌に与えた水分や美容成分がとんでしまわないように、油分を含んだ乳液をお肌にのせましょう。

この上で、重宝するのが保湿効果の高い下地や、CCクリームなどです。さらに日焼け止め効果があるものなら尚良しです。ファンデーションを塗るまでの時間を短縮できます。

2.ファンデーション

次にファンデーションを塗ります。クリームタイプ、リキッドタイプ、パウダータイプなど様々なタイプがありますが、基本的には顔の中で高い部分(鼻、おでこ、あご、両頬骨)において伸ばすのが良いとされています。

最近では、クッションタイプやスティックタイプなど、手軽に使えるものが出てきているので、それぞれに指示がある方法で塗ると綺麗に仕上がります。くれぐれも厚塗りはしないでください。肌となじまず崩れやすくなってしまい、シワや毛穴が目立ってしまいます。

3.チーク

チークは、頬骨にのせてなじませます。パウダータイプはブラシではらうようにのせ、クリームタイプは、ちょこんとのせたものを叩くように伸ばしながらぼかしていきます。にこっと笑った時にポコッと出る頬骨の少し下あたりから、こめかみの方向へ、外側に伸ばすのが基本的な入れ方です。

4.アイメイク

アイメークには、アイシャドウの他にビューラー、マスカラ、アイライナーなどを必要に応じて用意してください。アイシャドウは、目の際に暗め、アイホール全体には明るめの色と、グラデーションを出して目元に立体感を作るのがポイントです。

グラデーションアイが作れる、アイシャドウパレットも主流となってきているので、その一番明るい色からアイホール全体にのせ、まぶたに中間色、目の際に締め色となる一番濃い色を入れると簡単に仕上がります。

その後、アイラインが必要であれば、まつ毛の間を埋めるように引いて、ラインが乾いたらビューラーで根元からまつ毛を立ち上げます。根元→中間→毛先と順番に押さえていくと綺麗なカールになります。その後、必要に応じてマスカラをオンします。

マスカラは、根元からジグザグに、だまにならないように少量ずつつけましょう。ティッシュなどで液をオフしてから塗って、足りない場合はさらに重ねるという方法であれば、自然に仕上がりやすいです。

下瞼は、基本的には明るめカラーを際に沿って入れて明るさを出しますが、締め色を目尻から黒目あたりまでのせて強調しても良し、ハイライトカラーで涙袋を作るも良し、ラインを引いてマスカラで下まつ毛のボリュームを出してくっきり見せても良しです。

5.リップメイク

まずは、リップクリームで唇のコンディションを整えます。それから、リップライナーを使って唇を縁取って行き、口紅をリップブラシにとって塗っていきます。唇の色が口紅の発色を邪魔する場合は、コンシーラーで色味を抑えるのも1つの手です。

さらに、ライナーやブラシを使わずに、そのまま口紅を中心から外側へ滑らせるように塗ると、くっきりと色が出ます。反対に、指で中心部分からポンポンと色をのせると、ほんのり色づく程度の発色になります。

リップは色をのせたら、一度ティッシュで押さえること、そして、必要に応じて薄く二度塗すると発色が良く、長持ちします。そして、うるうるの唇を演出したい場合は、リップグロスを唇の中心にオンすれば、立体感のあるうるツヤリップに仕上がります。

6.眉メイク

眉メイクをする際には、あらかじめ余分な毛をカットしておくことが大切です。ブラシでとかしてみて、はみ出る部分をカットすることで、自前の眉毛を活かしたナチュラル眉メイクが出来ます。まずペンシルで、眉毛の中央から眉尻まで上側のラインを整えます。

次に、底辺部分も同じように中央から眉尻までを引いて、眉毛の骨格を整えるようなイメージです。眉尻側の形が綺麗に決まったら、必要に応じて眉頭部分もラインで整えて、毛と毛の間を埋めるように薄く乗せていきます。ペンシルを使うときは、くれぐれも薄く引くことです。

そしてパウダーで引いたラインをぼかすように、全体の毛の流れを整えます。必要に応じて、髪色に合う眉マスカラを使うと、眉毛が浮かずにバランスが取れます。

流行りメイクの歴史

80年代初期~中期:キャリアウーマン

景気が上昇し始め、「キャリアウーマン」がブームを迎え始めた1980年代前半は、ハンサムでクールな印象のメイクが流行していました。ヌーディ―カラーで全体をまとめ、自前の眉を活かした太眉メイクが主流で、あまりカラフルな色を使わない印象です。

80年代後期~90年代初期:強く女性らしいにわかお嬢様

キャリア志向の女性たちが増えて、バブル景気に突入した日本の女性は、女性らしさと強さを兼ね備えたメイクへとシフトしていきます。力強い太眉は健在ですが、目元やチークのメイクは抑え気味になり、リップカラーが鮮やかになった、にわかお嬢様風になりました。

90年代後半~2000年初期:クールビューティー

バブル崩壊後の90年代後半には、安室奈美恵さんのファッションやヘアメイクを真似る「アムラー」が急増、さらにガングロのコギャルからエレガントなOL風、裏原系など、ファッションやメイクはさらに多様化が進みます。

細眉へとシフトしたトレンドメイクは、女性らしさよりもクールな印象を求めるメイクに変わりました。きりっとしたアーチを描く細眉に、しっかりシャドウをのせたアイメイク、綺麗に縁取ったリップメイクと、クールビューティーなメイクが流行りました。

2000年代中期~後期:モテ気分の盛化粧

2000年に入ると、目元を強調するいわゆる「盛る」メイクが主流に、まつ毛エクステ、まつ毛パーマ、つけまつ毛、黒目を縁取り大きく見せるディファインコンタクトなどで、目元をパッチリさせるのが流行し、コンサバ系の上品なメイクが流行りました。

2010年代:ゆるふわ化粧、バブルリバイバル

2011年に入り、未曽有の災害に見舞われた日本では、派手なメイクがあまり好まれない時期が訪れます。自分にとって大切なものを見極め、ナチュラルメイクへとシフトし、癒しを求めるような、ふんわりした印象の優しいメイクが流行りました。

2010年代も中期に入ると、景気が少しずつ回復したことを受けて、バブル絶頂期のメイクが復活したようなメイクトレンドが生まれ始めます。目元をナチュラルにし、リップを際立たせるメイクや太眉がリバイバルヒットとなっています。

2020年:ジャパンカラー

東京オリンピックが開催される2020年には、日本古来のカラーを使ったメイクが流行ると予想されます。日の丸の赤と白、そして黒が基調となるメークで、日本的な美を追求する女性が増える予感です。

基本は、肌は透明感にあふれた白、目元を強調するブラックのアイライン、真っ赤なリップです。日本女性だからこそ似合う、「ジャパンカラー」メイクで世界を席巻しましょう!

2016 流行りのメイクは?

青みピンクが大流行!?

ここ最近、人気が出始めている「青みピンク」は、この春にさらに人気が高まるといわれています。ポイントは、リップやチークに使ってワントーンピンクメイクを完成させることです。青みピンクが持つ上品でセクシーなイメージはもちろんのこと、肌に透明感が生まれ、ワンランク上の垢抜け顔になれます。

カラーメイクはグリーン×イエローでフレッシュに!

春になると、明るい色のアイシャドウが出始めます。今年のカラーメイクの流行りは、少しポップなカラーや、ファッションと同じようなパステルカラーです。ピンクやブルーなどの定番ではなく、今年はイエローやグリーン、ラベンダーなど、より春らしさを感じられるカラーが流行るといわれています。

この中でも2016年に選ばれているカラーは、明るさを出すイエローカラーと目の際で締めて印象的な目元にしてくれるグリーンカラーの組み合わせです。まるで、春の象徴ともいえる菜の花をイメージさせる組み合わせのカラーでしょう。カラーメイクを取り入れたい人は、アイシャドウやアイラインなどに取り入れてみてはいかがですか?

ヌーディーカラーはきらめきで勝負!

やはり、春はカラーメイクが流行りますが、ヌーディ―メイクも根強い人気を誇ります。ベージュやブラウンなどのカラーを選ぶ際は、きらめきのあるものをチョイスして、ほんの少しゴージャス感を演出してください。カラーレスメイクはきらめきで勝負して、旬顔を手に入れましょう!

ヘルシーグロウ肌で美肌を演出

ハイライトの使い方で艶感をみせつつ全体的には素のままのようなナチュラル肌、それがヘルシーグロウ肌です。ヘルシーグロウ肌は、オルチャンメイクやイガリメイクなどの、透明感あふれるナチュラルな印象の肌です。

この春のカラーメイクにもすっとなじむような、自然な美しい肌を演出できます。作り込み過ぎず、ヘルシーな印象を与え、ほのかな艶で美肌効果をアップさせましょう!

■ヘルシーグロウ肌の作り方
1.素の肌を活かすメイクであるため、まず化粧水~下地までの保湿にポイントを置いたベースメイクをしっかり行います。

2.基本ファンデーションは使わないか薄くのせるだけなので、コンシーラーでシミなどのお肌の気になるポイントをカバーしましょう。またくすみは自分のくすみのタイプに合わせたコントロールカラーを活用して、肌色を調整します。血行が悪いタイプでしたらピンク系がおすすめですし、赤みが気になる肌にはグリーン系が向いています。

3.どうしてもという方は、ファンデーションを薄くのせてから、フェイスパウダーを仕上げにお肌にのせましょう。フェイスパウダーも沢山のせる必要はなく、ポイント使いで十分です。

4.最後にヘルシーグロウ肌の重要な要素である艶感を出すために、ハイライトをのせます。元々顔にも凹凸がありますが、山になっている部位にのせていきます。つまり、おでこ・目の周囲・鼻筋・頬~眉尻・あごがハイライトを入れる部分になります。

ファンデーションを使っても良いですが、出来れば使わずに下地やCCクリーム、BBクリームを薄く乗せる程度で仕上げるのが良いです。自然な艶を演出するためにも、部分的にハイライトやフェイスパウダーを使うのがポイントです。

肌トラブルを無理に隠そうとしないことが大切です。ヘルシーだけど艶のある透明感あふれるお肌で、メイクの流行りを攻略しましょう!

流行りのチーク

カラーレスでナチュラルに

濃いチークも流行りを見せていますが、ナチュラルメイクがきている今年は逆にカラーレスのベージュチークが大人の女性を中心に注目を集めています。チークと聞くと血色のいい顔色を作るものというイメージが強いですが、ベージュチークは顔の凹凸をはっきりさせつつ、より自然な仕上がりを追求してくれます。
「イガリメイク」や「オフェロメイク」などに抵抗のある大人世代には、取り入れやすいメイクです。きらめきのあるブラウンやベージュが基調のメイクに、薄いブラウンやベージュをチークに加えることで、立体感が生まれます。頬骨、骨格に沿って斜め上へ滑らせるように入れるのがコツです。

そして、頬骨の高い位置に、フワッと薄目のオレンジを入れるのもおすすめです。人気の青みピンクのリップもカラーレスチークでより大人っぽく見せることが出来ます。

流行りのアイメイク

アイシャドウも、キラッと印象に残るものを

アイメイクと言えば欠かせないのがアイシャドウですよね?2016年は、ラメでキラッと華やかさのある印象的な目元を作るアイシャドウが活躍してくるようです。

ラメと聞くと「派手かも」と敬遠しがちだった方も、今年はナチュラルな仕上がりになるメイクが流行しているため、カラーで抑えをきかせることでラメの良さを活かした大人の色っぽさのある華やかなアイメイクになります。

そんな日常的にも使えそうな今年のラメの入ったアイメイクですが、細かいラメの入ったカラーシャドウならパーティーなどのいつもと違う空間にひかる目元になります。しかも、ラメのアイシャドウのいいところは、塗り方が簡単なところです。

アイシャドウをのせる道具も色々ありますが、ラメのアイシャドウの場合道具で塗るとたっぷりのっかてしまうのが難点です。なので、指を使ってでサッとのせるだけというのが一番きれいに瞼にのせるコツなのです。

入れる場所は瞼全体でも、目の際例えば涙袋や目頭などにラインのように入れてもポイントになります。特に可愛さを強調した目元にするなら、涙袋のラメは欠かせません。

赤を感じさせるピンクで、目元を締める

目の際に入れて2016年の締めカラーとなるのが、赤みのあるピンクのアイシャドウやアイラインです。赤でもなくリップやチークのように青みピンクでもない「赤みの強いピンク」が選ばれるのは、肌に違和感なく馴染んでくれるかカラーだからです。

アイラインやアイシャドウでも目の際にアクセントで使うのがポイントで、これは想像するとわかりますが全体に入れると泣いた後の目の周りのようになってしまいます。ピンクでも赤に近いカラーを、目尻に少し引くのが女性らしくも強さのある目元に仕上げるコツです。

鮮やかな青

春夏に取り入れたいのが、沖縄やハワイのような綺麗な海のブルー系カラーです。お肌がブルーベースの人は、特になじみやすく、爽やかでありエレガントなマーメイドのようなイメージを作れます。カラーメイク初心者さんは、ラインからオーシャンブルーを取り入れてみてはいかがですか?

透明感のある緑

フレッシュなイメージの透明感がある、グリーンをアイメイクに取り入れるのも、今年のメイクの流行りといえるでしょう。春先には、続々とフレッシュグリーンを使ったアイシャドウなどが登場します。ふわっとアイホールを包めば、エレガントで元気なイメージを作ることが出来ます。

流行りのリップメイク

マットなリップ・口紅

ヘルシーグロウ肌がトレンドの今年は、艶のあるナチュラルな肌が良く映える、マットリップが流行りそうです。ヌーディ―カラーはもちろん、人気が継続中の青みピンク、不動の人気の赤リップ、春に取り入れたいフレッシュなオレンジなども、マットな質感が旬です。

赤、ピンク

リップカラーは、やはり赤とピンクが流行継続中えす。特に、青みの強いラズベリーピンク、フューシャピンク、可憐なベビーピンク、ナチュラルなベージュピンクが春夏は人気です。

赤リップは、少しオレンジがかったコーラル系レッド、フレッシュレッド、青みがあるローズレッド、ボルドーなども人気継続中です。カラーリップを取り入れる際は、目元はきらめきヌーディ―で色を抑えてください。

比較的色味が抑えられる、ベビーピンクやベージュ系カラーの場合は、流行りのカラーアイメイクを取り入れても良いと思います。

流行りの眉メイク

太眉がさらに進化し、「平行眉」が流行り!

眉毛は、流行りがどんどんと移り変わります。アイメイクに力を入れる方は多いかもしれませんが、実は他者から見て顔の印象を決めてしまっているのはなんと「眉」なのです。「眉の手入れだけは専門の方に」と言われるほどの重要部位と言われます。なので眉が今年の流行を押さえているかどうかが、顔全体が今年顔に仕上がるか決めてしまうと言っても過言ではありません。

太眉の人気は継続中ですが、今年はさらに進化を遂げ、「平行眉」が新たな流行りとなりつつあります。

基本は太く、短く、平行な形です。小鼻上の延長線上に眉頭が来て、小鼻の下から目尻へと線を引いた延長線上に、眉尻が来るくらいの長さが理想です。自然な毛流れと自前の眉毛を活かすことが出来るため、取り入れやすいのが特徴です。

カーキ

眉毛にカーキ!?と思う人もいると思いますが、今の眉メイクの流行りは、断然カーキ色です!カーキは、肌になじみやすく、肌に透明感を持たせてくれるということや、キリっとした印象にもなり、目力アップにも繋がるんだそうです。さらに、黒髪は相性が良く、程よい抜け感が生まれ、品良くシャープな顔立ちに見せてくれます。

立体的に見せるにはハイライトを

太眉の場合は、のっぺりとした顔にしてしまうと、一気にバブリー感や平安時代感が出てしまいます。鼻筋にハイライトを入れて立体感を出し、メリハリをつけて今どき顔にしてください。入れすぎず範囲を絞ってのせると自然です。眉間に小さくT字にのせ、鼻の付け根部分にちょこんとおくと、自然な立体感が生まれます。

まとめ

今年のメイクはキュートでエレガントなカラーメイクも、きらめき溢れるゴージャスヌーディ―メイクも、ヘルシーグロウ肌と合わせて取り入れてみてはいかがですか?その年に流行るメイクは、その年のファッショントレンドとも相性抜群です。今年のメイクの流行りをおさえて、時代遅れなんて言われない、旬なオシャレ顔で今年もメイクを楽しみましょう!