女の子がメイクで一番のポイントとしているのが目!目の大きさや形によって、第一印象も大きく変わってくる大事なパーツです。すっぴんの目より少しでも大きく可愛く見せたいですよね!目が小さくてコンプレックスの方もメイク術でぱっちり大きな目を手に入れましょう❤

目を大きくみせるメイク術とは?

お人形さんのような大きな目や、クルンとしたフサフサまつげに憧れたり、雑誌のメイクページを見て、つい「私もこんなパッチリお目々になりたいな〜」と思う方も多いのではないでしょうか。目元は、腫れぼったい、目が小さい、一重でキツく見えてしまう…といった悩みが多いパーツです。

一重や切れ長の目はそれはそれで魅力的ですが、どうしたらもっと魅力的に見せることができるのか悩むところですよね。今回は目をより大きく、魅力的に変身させるメイク術について、ご紹介します。実はあなたの憧れていたモデルさんも、この方法を実践しているかも…?

メイク前のアイマッサージですっきりとした大きな目になる!

朝起きて鏡をみると、なんだか目が腫れぼったく感じることはありませんか?前日、塩っ辛いものを食べ過ぎていたり、お酒や水分を取り過ぎていたり、疲れや血行不良など、様々な原因により瞼が重くがパンパンに。瞼が腫れていると、目が小さく見える原因になってしまいます。

こんなお悩みを解決するために欠かせないのがマッサージです。目元を中心に顔の血行を良くすることで、むくみを取り除き、なんとなくどよ〜んとしている、疲れてくすんだ肌色を、パッと明るくさせることができます。また、目元のむくみをとることで目元がより大きくはっきりとします。プロのモデルさんも、メイク前は必ずヘアメイクさんのマッサージを受けてからメイクをしてるんだとか。

それでは、すっぴん目が一回り大きくなるマッサージ法をご紹介いたします!

1分で大きな目になれるマッサージ方法♪

マッサージは、基礎化粧品で肌を整えた後に、必ず顔用のマッサージクリームなどを塗ってから行います。何も塗らない状態で行うと摩擦から赤くなってシミやくすみ、シワの原因になってしまうので気をつけましょう。

マッサージクリームがなければ、滑りのいいオイルやクリームで代用できます。もし「このクリーム、なかなか浸透しないでいつまでもヌルヌルする…」と思ってたアイテムがあればそれを代用品として使いましょう。

マッサージのやり方はとっても簡単。両方の目頭の上ある目のくぼみ(鼻の根元の下あたりのくぼみ)を親指の腹などで少し強めに押します。その後、下まぶたを目頭から目尻へなぞり、上まぶたも同じく目頭から目尻へなぞり、こめかみへ老廃物を流し込むイメージでスライドさせます。これを10回行いましょう。

目元の血行が良くなり、むくみが取れ、目のクマも薄くなりますよ。

くまや涙袋の浮腫みが気になる方におススメ!下まぶたがすっきりするエクササイズ

目の下にくすみがあったり、浮腫んでいると、目が小さく見えてしまうことがあります。大きな目に見せるメイク術をしても、クマがあっては台無しですよね。エクササイズをして、大きな目をキープしましょう!

【目の下のお肉を鍛える下まぶたエクササイズ】
まず、正面を向いて、上を見ましょう。ただし、おでこにシワがよったり、顎が上がらないように注意してください。あまり力を入れずに、あくまでも、目だけで上を見るようにします。

次に、涙袋の下に、涙袋のラインに沿うように人差し指を置きます。そして、人差し指で下まぶたを上の方向に押し上げて数秒程度、少しキープします。その後、手を離し、また人差し指を置いて下まぶたを押し上げます。この押し上げる手順を10回程度繰り返しましょう。

アイシャドウで大きく彫りの深い目を演出するテクニック

まぶたの腫れも引いてすっきりすれば、いよいよメイク!メイク法によっては、逆効果になり目を小さく見せてしまうこともあるのでしっかりとポイントを押さえておきたいですよね!

まずはアイシャドウのテクニックで、大きな目を演出しましょう♪

アイシャドウはブラウン系グラデーションで陰影をつける!

ブラウン系の3〜4色程度のセットになったアイパレットがよく市販されていますが、こういったものを使ってメイクすると目元に綺麗な陰影とメリハリが生まれて、目を大きくみせることができます。

どれも基本的には薄い色から順に重ねていきますが、薄い色をアイホールに塗って目元のくすみを飛ばし、濃い締め色でアイラインを引くという使い方をします。

色はブラウン系が一番、肌馴染みが良く、自然な陰影を生み出しやすいですが、例えばグレー系も目元をよりはっきり、クールにさせたいときにはピッタリです。

一重の方は、アイシャドウの濃淡で二重に見せる!!

日本人女性なら誰もが憧れるぱっちり二重ですが・・・実は、日本人の約7割が一重だというのはご存知でしょうか!?憧れの二重を生まれ持っている日本人女性はなんと全体の3割しかいないんです。残りの7割の日本人女性は、ぱっちり二重を諦めなければ仕方がない?いえいえ!そんなことはありません!

一重だって二重に見せちゃう、魔法のようなメイク法をご紹介いたします❤

【同系色のアイカラーの濃淡を利用し、二重のラインに見立てる】
肌馴染みが良く淡いハイライトカラーをアイホール全体に塗り、目元のくすみをとります。二重の線があるあたりに、ハイライトカラーより濃いめのブラウンを塗って線を書いてしまいましょう。

あとはまつげの生え際から線を描いた部分まで先ほど使ったブラウンを薄く塗り、線の部分へつなげて少しぼかします。最後に、もしアイシャドウブラシやブレンディングブラシがあれば、出来上がった二重の部分を磨くようになぞって馴染ませたり、目のキワにアイラインを足したりすれば完成です。

目を開けると、二重があるかのように濃いアイシャドウのグラデーションが演出してくれています!このように淡い色から濃い色へと濃淡をつけることで、二重を演出してくれるので濃淡の2色があればブラウン系以外でも失敗なく二重メイクが完成するので挑戦してみてください!

一重芸能人のメイクも参考になります❤

どうしても一重のメイクは難しい!とお感じの方は、一重の芸能人のメイクをまねっこするのもおススメです♪一重を生かして、目を大きく可愛く見せるメイクのヒントがいっぱいです。特に韓流タレントには一重の方が多いのでみなさん参考にしているようですよ。

韓流に興味がなかった方も、ご自身が一重でメイクにお悩みなのであれば一度チェックしてみてはいかがでしょう。一重に似合うメイク法がみつかるはずですよ❤

奥二重でも大きく見せるアイシャドウテクニックは?

すっきりとした一重まぶたに比べて、腫れぼったく見える奥二重にお悩みの方は多いようです。腫れぼったく見えがちな奥二重では、ラメやパールの強いアイシャドウはNG!キラキラさせてごまかしたくなってしまいますが、余計に膨張して腫れぼったく見えてしまいます。

奥二重には、ラメやパール無しのマットなアイシャドウを選びましょう!また、赤みの強いカラーは充血して見え余計に腫れぼったさを強調してしまいます。カラーを選ぶ際は、クレーやカーキよりのクールなブラウンを選ぶのが正解です。

【奥二重アイメイクのポイント】
・マットな質感のアイシャドウ
・青味系ブラウンカラー

二重でも油断禁物!二重を最大限に生かしてさらに大きな目になるメイクを♪

幸運なことに、日本人の少数派である二重に生まれた貴女も油断大敵!間違ったメイク法ではせっかくの二重でも目が小さく見えてしまうことがあります。二重だけど、目は小さくてお悩みの方にもおススメのメイク法は二重の幅をさらに広く見せるアイシャドウテクニックです!

【ダブルライン アイシャドウテクニック】
①ベースカラーは目頭よりに入れ、下まぶたの目頭の下にもベースカラーを入れます。ハイライトの効果も♪
②濃い色を目の下のくぼみ、二重のラインの上あたりに沿うようにのせます。
③「②」のラインをぼかせば完成です。

極端に濃かったり、くっきりとラインを書いてしまうと不自然になるので上手にぼかして自然な大きな目に見えるように仕上げてくださいね♪

長い睫毛でデカ目効果!マスカラやマツエクで大きな目を手に入れる❤

長く、綺麗にカールしたまつげは目元をより大きく、ワイドに広がったように見せる効果があります。実は、まつげのメイク方法で、目の形を好みの形に矯正して見せることができるって知ってましたか?ここではそんなまつげメイクの方法をご紹介します。

お人形のように目を大きく見せるマスカラ術❤

【目を縦に大きく見せるマスカラ術】

目元が切れ長な方には特にオススメな方法です。この方法では目を縦長に大きく、丸くて愛らしい目元に見せることができます。やり方はマスカラを全体に塗った後に黒目の上の部分のまつげにマスカラを重ね塗りしましょう。下まつげにも同様に黒目の下部分だけ重ね塗りすれば、より上下にストレッチして見せることができますよ。

【目を横に大きく見せるマスカラ術】

目の横幅をより大きく見せたいなら、目尻のまつげが長く、はっきりするように目尻のまつげにだけマスカラを重ね塗りしましょう。目尻のまつげを長くするとよりセクシーに、切れ長な小悪魔風のまつげが完成しますよ。

マスカラは、どちらの方法も長さの出る繊維入りなどのタイプを使いましょう。より長さを出したければ、繊維位入りのマスカラ下地がオススメです。しかし、長さを出すとダマができやすくなってしまいます。最後にマスカラコームでダマをとったり、マスカラを塗る際に余分なマスカラ液をブラシからテッシュオフしてから使うなどの工夫をしましょう。

睫毛エクステで大きな目を手に入れる♪

まつげが短い、量が少ないという方や、マスカラをつけてもどうしてもカールがキープしない、パンダになってしまうという方には、睫毛エクステもオススメですよ。

睫毛のスタイルに迷った時は、アイリストさんに相談してみましょう。経験豊富なアイリストさんなら、きっと貴女にピッタリの睫毛スタイルをおススメしてくれるでしょう。

マスカラを塗るのが苦手な方や、涙目ですぐにマスカラが落ちてしまうかたにもおススメです。メイクを落としても睫毛エクステは残るので、すっぴんでも大きな目に見せてくれる効果があるのも魅力ですよね❤

睫毛エクステを付けた場合、2~3週間に1度はお店でメンテナンスしてくださいね。

アイラインはナチュラルに引いて大きな目を引き立てる

アイラインにも目を大きく見せるためのコツがあるのをご存知でしたか?ただインサイドラインを引くだけでは逆に目元を小さく見せてしまう恐れも…!より目を大きく見せるアイラインのコツをご紹介します。

リキッドライナーとペンシルライナーのW使いで自然なラインを

まずはまつげの生え際に細くリキッドライナーでアイラインを引きます。上まぶたを持ち上げて、まつげの生え際を良く見えるようにしてから引くと、引きやすいですよ。その後、黒目の上のあたりのラインがより太くなるようにペンシルライナーを引きます。こうすると目が縦長に見える効果があります。

目尻のまつげが生えているあたりより長く、リキッドライナーで線を引き、目元の長さが長いように見せましょう。ナチュラルに見せる場合は跳ね上げず、スーッと自然に下向きになるように引きます。これで目の幅が長く見えますよ。

最後に綿棒で少しアイラインをなぞって自然に見えるようにぼかしたり、アイシャドウの締め色(濃い色)でなぞると、綺麗なグラデーションが生まれ、さらににじみを防ぐことができます。

こんな引き方はNG!アイライナーの注意点

あまりアイラインを太く書いてしまうと、二重幅が狭く見えてしまったり、不自然になってしまいます。アイラインは基本的には細く書きましょう。

囲みアイライナーも、目を小さく見せてしまう恐れがあります。囲みアイラインは目のインパクトを出すのにはいいですが、大きく見せるためには、隙間なく囲むのではなく、抜け感も作りましょう。囲ってしまうのではなく、目頭と目尻は上下のラインをくっつけずに描くほうが目を大きく見せる効果があります。

メザイクでくっきり幅広な二重を作る!

一重の方はもちろん、二重の方もさらにくっきりとした二重を手に入れる方法をご存知でしょうか?メザイクとよばれる、二重を作るメイク方法です。若い女性の間ではよくメイク法に取り入れられているのですが、一体どうやってメイクするの?とお思いの方も多いのでは。

くっきりとした二重を作り、大きな目を演出するメザイクの方法をご紹介いたします。

【メザイクのメイク方法】

①メザイク用のアイテープを用意します。
②アイテープを付ける部分のまぶたは油分が多いとテープがくっつきにくいので、油取り紙やティッシュで余分な油分をオフしておきます。
③なりたい二重の幅に合わせて、テープを当てます。
④左右の余分なテープは眉切ハサミなどでカットします。皮膚を傷つけないよう十分注意してください。

以上でメザイクは完成です♪いかがですか?思ったより簡単ですよね。従来のアイプチとは違い、まぶたを接着しないので、瞬きをしても自然なのが特徴です。

メザイクが完成した後は、普段と同じようにアイメイクをしてください。さらにテープが目立たなくなり、自然にくっきりとした二重になることができます。

一重の方はもちろん、二重の幅が左右違うとお悩みの方にもおススメです。

今や常識?黒目をメイクして大きく見せる

瞳をメイクする、と聞くと一昔前まではどういうこと?と思うところですが、今 カラーコンタクトで黒目を一回り大きく見せて目を大きくするのはもはやっ常識レベル!

コンタクトを装着することで黒目を一回り大きく見せ、黒目がちに見え、目を大きく見せる効果があるというのです。黒目が小さく目の印象が薄い方にもおススメです。

装着するだけで目が大きく見えるのはとってもお手軽ですよね。コンタクトレンズを購入する際は眼科を受診して適切なコンタクトレンズを医師に選んでもらってくださいね。

まとめ

目を大きく見せるメイクテクニック、たくさんありましたがいかがでしたか?どれも、ちょっとしたコツですので明日から早速実践できそうですね♪やみくもに濃いメイクするのではなく、今回のポイントを押さえてメイクしてみてくださいね。

今回のメイクを全て試せば、あっと驚くほど大きな目になれそうです!いつものメイク方法に執着せず、是非取り入れてみてください♪