目を大きく見せるメイクのひとつにアイライナーがありますが、なかなか難しいと思われがちなアイテムなんですよね。そこで今回は、初心者さんにオススメのペンシルアイライナーについてまとめてみました。ペンシルアイライナーのメリットや、誰でも上手にキレイなラインが引けるコツとテクニックに加えて、今注目のペンシルアイライナーを紹介します。アイラインを上手く引いて、目ヂカラを上げて女子力UPしちゃいましょう!

ペンシルアイライナーの使い方

パッチリとしたデカ目や印象的な目元に見せる為に、アイラインは必要不可欠なアイテムですよね。しかし、意外に難しいのがアイラインメイクで、上手にアイラインを引くには少しだけコツが必要になります。

リキッドタイプやペンシルタイプ等種類も色々ありますが、シンプルで初心者でも簡単に引けるのがペンシルタイプです。アイラインの引き方がわからないという人や上手く引けないという人は、ペンシルタイプのアイライナーがお勧めです。

ペンシルアイライナーの種類

繰り出しタイプ

繰り出しタイプとは、芯をを削る必要がないカートリッジタイプの事です。自分で芯を削らなくていいので、毎回一定の細さのラインが描く事ができて、基本的に芯が硬めの為、アイラインが滲みにくく落ちにくいという特徴があります。

また、商品によっては芯のみを別売りしているものもあるので、好みでカラーを変えたり、芯の交換を行えば繰り返し使用できます。しかし、芯が硬いので少々描きずらいというデメリットもあります。

その為、上瞼の皮膚が柔らかくなってきて、アイラインが震えてしまうという人には、不向きかもしれません。芯を削るのが面倒な人やいつもおなじ細さのラインを引きたいという人に、お勧めのタイプです。

鉛筆タイプ

鉛筆タイプとは、シャープナー等で芯を削って使用するタイプの事です。自分でラインの細さを調節できて、様々な柔らかさの芯に対応しており、上下どちらの瞼にも使える種類があって、描きやすいのが特徴です。

しかし、芯を削らなくてはならないという手間と、少々滲みやすく崩れやすいというデメリット手もあります。購入する時には、手の甲に描いてみる等して、芯の硬さを確認してから購入するようにしましょう。描きやすいもので上下の瞼に使いたいという人に、お勧めのタイプです。

ペンシルアイライナーのメリットって!?

ブレにくい

ペンシルアイライナーは、リキッドタイプとは違って、芯の部分を肌にしっかり押し当てながらラインを引く事ができるので、ブレにくく初心者向けで使いやすいのが特徴です。他にも、仕上がりがナチュラルになりますし、もし失敗した時にも、指先や麺棒等で暈したりするのも簡単なので、パンダ目になる心配がありません。

落ちやすかったり、よれてしまう事が多いのが悩みでしたが、最近ではそれらを克服した、優秀なペンシルアイライナーも多く販売されています。

薄く少しずつ引ける

ペンシルタイプは、薄く少しずつアイラインを引く事ができるのも特徴です。リキッドタイプは、はっきりしたラインが引きやすい反面で、ちょっとした失敗でも大げさに見えやすくなってしまって、液状である為に修正が難しいという点があります。

しかし、ペンシルタイプならば、もし失敗してしまってもぼかしやすく、上手く肌に馴染ませる事もできます。他にも、細くキレイなラインを確かめながら引けますし、アイライン初心者の練習にもいいですね。また、アイラインをあまり目立たせたくない場合等にも、ペンシルタイプの方が向いています。

ペンシルアイライナーの引き方のポイント・6つ

1.粘膜にアイラインを引く

まず、インラインを引く事がポイントになります。インラインとは、まつ毛の生え際と粘膜の境界線の事を言います。粘膜部分は、ツルツルしていて化粧品を弾いてしまうので、小刻みにペンシルを動かして描くのが良いでしょう。

ここで重要なのは、手ぶれをさせない事です。手が不安定だと危険ですし、ライン自体もぶれてしまいがちなので、肘をテーブル等に附けて固定する事が大切です。指の腹で瞼を持ち上げて、粘膜をむき出の状態にして、シュッシュと少しずつ引いていきましょう。

2.まつ毛の間を埋めるように引く

まつげの隙間を埋めるように引く事で、さりげなく目のフレームをはっきりさせて、目元の印象がアップして、まつ毛が濃く見えます。どうしても手抜きになってしまいがちですが、これを行うのと行わないのとでは大差が生じますので、ひと手間を惜しまないようにしましょう。

瞼を上にグッと引っ張って、まつ毛の生え際が下から見えるようにして、まつ毛の下からアイライナーを引いていきます。その際に、ペンシルを少しずつ左右に動かすようにすると上手く引けます。

3.目尻は太めに入れる

目に沿いながらラインを引いて、目尻で長く太くに引き上げるように引くのがポイントです。目尻のラインの入れ方で目元の印象が変わります。ナチュラルに目をパッチリさせたい場合は、目尻を延長しないで目に沿ったラインで良いでしょう。

目尻をちょっとだけ延長させると、クールな印象になります。ペンシルの動きを止めずに、一気に引くのがポイントで、目尻ラインを上げずにあくまで目の延長として引くと良いでしょう。目尻で長めに引き上げると、女性らしくインパクトのある目元になります。

4.まつ毛の生え際上にラインを入れる

基本的に、ペンシルアイライナーを使用する場合は、リキッドタイプとは違って、目尻から真ん中へ真ん中から目頭に向かってラインを引くと、筋肉の関係でガタガタにならずにキレイに引けます。その際のポイントとして、インラインよりも太めにラインを描くと良いでしょう。

ただし、余り太すぎてしまうとパンダ目になってしまったり、目元の印象がキツくなってしまったりするので、注意が必要です。ペンシルの太さにもよりますが、先端部分の細さが目安と考えておけばいいと思います。

5.ラインとラインを繋げる

アイラインは上瞼に偏りがちですが、下瞼のラインを引くのが意外に知られていない重要ポイントです。引き方としては、目尻よりラインを中央に向って引いていき、続いて目頭より真ん中に向って引いていって、センター部分で繋ぎます。一本線で一気にアイラインを引くと失敗しやすいので、目尻→目頭→真ん中を繋ぐようにしましょう。

ナチュラルに仕上げたい場合や初心者の人は、目の横幅、目尻1/3のみにラインを入れて目を大きく見せるというコツもあります。全部にラインを引くとケバい印象になりやすいので、ラインを跳ねずに引いて麺棒でぼかすと自然に仕上がります。上ライン(目尻)との境目部分は、ラインで繋げずにぼかすようにしましょう。

6.ブラウンで優しい印象

きつく見られがちな人は、どうしても目元の印象が強く、場合によっては下品に見えてしまう事もある黒のラインよりも、優しい印象のブラウンでラインを引くと良いでしょう。ひと手間テクニックとして、タレ目メイクを紹介します。タレ目メイクでは、下まぶたのアイラインが重要になります。

まず、目尻を「く」の字で囲うイメージで、目尻ラインの端から下瞼の目尻側1/3にかけてラインを入れます。次に、ラインを引くイメージで、濃い目のブラウンのアイシャドウを小さなチップを使って、先にラインを引いた部分に入れます。同色のシャドウで、上瞼に入れたアイラインもぼかすと良いですよ。

これを黒で行う場合は、方法は同様に行いますが、キツくならないように、淡いグレーかシルバーのシャドウを使うと良いでしょう。

アイラインが滲まない方法

1.目の周りの油分を取り除く

アイラインが滲んでしまったり、浮いてしまうのを防ぐ為には、アイラインをを引く前に、目の周りの油分や涙等をコットンや綿棒等でしっかり取り除いて、フェイスパウダーをのせましょう。ファンデーションだけだと、どうしても油分が多く残ってしまいがちで、アイラインが滲みやすくなってしまいます。特に、オイリー肌の人は、油取り紙でしっかり取り除くのが良いでしょう。

更に、ペンシルタイプは、油分と摩擦に弱いので目の周りがベタついていると、油分によって目の下に付つきやすくもなります。化粧直しの時には、麺棒にリップクリーム(無色)をつけて、目の下の油分を取り除いてから、フェイスパウダーをのせましょう。

2.引く前にコンシーラーを使う

シミやくすみをカバーしてくれるコンシーラーですが、実は、他にもアイラインを落ちにくくしてくれる効果もあるんです。アイラインを引く前に、コンシーラーを塗る事によってアイライナーの滲みを防ぐ事できます。また、お肌にバリアを貼るので、アイラインが落ちにくくなります。更に、コンシーラーの後に、フェイスパウダーをのせると良いでしょう。

オススメのペンシルアイライナー・4つ

1.キャンメイク ジェルラインアーティスト

プチプラで、コストパフォーマンス抜群のキャンメイクは、10代~30代くらいの幅広い年齢層から支持されているコスメブランドです。モデルやプロのメーキャップアーティストにも愛用者がいるそうです。

ジェルラインアーティストは、約2mmの極細芯で、なめらかな使用感と、カラーメイクが簡単にできるという事で人気のアイライナーです。目の際から目尻まで、簡単に思い通りにラインが引けて、化粧崩れしにくく鮮やかな発色が続きます。

価格は550円(税抜)で全3色です。基本の黒はなく、ブラウンとブルーとレッドになります。プチプラなので、全色持っているという人も多くいます。カラーアイラインして、いつもと違う目元に仕上げたい時にもお勧めです。

2.ケイト スリムジェルライナーペンシル

カネボウが20代の女性をターゲットにしたブランドのケイトは、クールで都会的なイメージが人気です。スリムジェルライナーペンシルは、なめらかな細いラインが引けて、落ちにくくぼかしやすいので使いやすいと、口コミで人気があるアイライナーです。特に、粘膜にラインを引く時にお勧めです。

価格は1,200円(税抜)で、黒とブラウンの全2色になります。

3.クリニーク クリームシェイパーフォーアイ

クリニークは、美しい肌は創りだすことができるという理念から誕生し、多くのコスメアワードを受賞しているブランドです。クリームシェイパーフォーアイは、口コミのコスメサイト@コスメでも、ランキングインされていて、発色が良く、薄くも濃くも引けて滲みにくいのが人気です。

価格は2,000円(税抜)で全6色です。珍しいパープルがあり、ブラウンの色見も3種類あります。鮮やかな発色で目元を演出したい時や、人気があり評価の高い商品を使用したい時にお勧めです。

4.デジャヴュ ラスティンファインRNペンシル

デジャヴュは、塗るまつ毛のキャッチフレーズで、大人気のマスカラで有名なブランドです。ラスティンファインペンシルはリニューアルされて、ラスティンファインaという名になって、パワーアップされました。

細さを調節しやすく、ナチュラルな仕上がりとウォータープルーフで、擦っても落ちにくく、汗や涙にも滲みにくくて、更に簡単にお湯で落とせるのが人気です。また、肌を染めないタイプなので、くすみの元を残さないのが特徴です。価格は1,200円(税抜)で全3色です。濃い目の黒とナチュラルな黒があります。スポーツや海やプールでの使用にもお勧めです。

まとめ

デカ目や印象的な目元を演出する為には、必要不可欠なのがアイラインです。しかしながら、なかなか難しかったりするアイラインメイクは、ちょっとしたコツと手間で、誰でも簡単に上手に引けるようになります。

種類も、リキッドやジェルにペンシルと豊富にありますが、初心者さんやアイラインが上手く引けない人、アイラインの引き方がよくわからない等という人には、ペンシルタイプのアイライナーがお勧めです。また、ペンシルタイプは、アイラインの練習にもピッタリなアイテムです。

ペンシルタイプにも、カートリッジ内臓の繰り出しタイプと鉛筆タイプがあり、それぞれの特徴とデメリットがありますので、好みや使用環境に合わせて選ぶと良いでしょう。仕上がりがナチュラルで、ぼかしやすくブレにくくて、薄く少しずつ引く事ができるペンシルアイライナーですが、滲みやすく落ちやすいというデメリットもあります。

メイク上級者さんは、部分やその日のメイクによって、リキッドタイプと使い分けしている人もいます。
また、きつく見られがちな方は、色を黒ではなく優しい印象のブラウンにすると良いでしょう。インラインに引いたり下瞼に引く等のひと手間を加える事で、グッと目元の印象が変わって見えますし、簡単に目力をアップできちゃいます。

メイクは楽しみながらやる事が上達への近道ですので、TPOやその日の気分でアイラインの引き方を変えてみるのも良いですね。ペンシルアイライナーを上手に使って、目元を変えて女子力アップしませんか?