カバー力のあるファンデーションは紫外線や乾燥からの保護、お肌のシミ、そばかす、ニキビ、くすみなどを隠してくれる化粧品です。ただ、そのお肌のトラブルを隠そうとして厚塗りになったりカバー力があるほど刺激が強すぎたりして使い方には気をつけたいものです。ファンデーションの種類もいくつかあり、値段も高価なものからお手頃価格まであります。毎日のように使いますからぜひ納得できるものを選びたいですね。

カバー力のあるファンデーションを使っていますか?

紫外線や埃、乾燥から肌を守るためにもファンデーションは必要ですが、それだけではなくお肌の悩みを隠すためにカバー力のあるファンデーションを使う方も多いのではないでしょうか。

お手頃価格のプチプラなものや機能性の高いファンデーションなど化粧品の商品開発がどんどん進んでいます。いろいろな種類のあるファンデーションの中からぜひご自身にあったカバー力のあるファンデーションを見つけたいですね。

カバー力はファンデーションの種類によって違う!

一口にファンデーションといってもパウダーからリキッドやクリーム、ケーキ、ルースといろいろな種類があります。その種類によってカバー力は異なり、カバー力の高いものほど刺激が強くなります。

パウダーファンデーションはさらっとしていて肌への負担は低い

粉末を固めたファンデーションで、さらっとした感触は人気がありますが、カバー力は低いものが多いといえます。

リキッドファンデーションは保湿成分が配合されている

液体状のファンデーションで、保湿成分を配合している商品が多く販売されており乾燥からお肌を守ってくれます。液体状のため伸びがよくてカバー力が高いとされています。

クリームファンデーションはしっとりした仕上がり

リキッドファンデーションよりも重たい感じでしっとりした仕上がりになりやすいのですが、その反面厚塗りになりやすいので、自然な仕上がりになるよう気をつける必要があります。けれど、それだけカバー力が高いともいえます。

ケーキファンデーションは汗や水に強い

水ありタイプや水なしタイプ、2WAYタイプなどがあります。水ありタイプは水で湿らせたスポンジで塗り、水なしタイプは水でスポンジを湿らさずにファンデーションをつけます。2WAYタイプはスポンジを水で湿らせても湿らせなくても使用できるタイプです。汗や水に強く、カバーしたところが長持ちします。

ルースファンデーションは粒状で使用感が軽くナチュラル

粒状のファンデーションで塗った後の感触が軽くナチュラルな使い心地ですが、カバー力は低い方です。

カバーファンデーションでニキビ・シミ・そばかすをカバーするには?

どうしても気になるお顔のニキビやシミ、そばかす。肌の奥からきれいになるのが一番いいのですが、外出の時だけでも隠したいですよね。できるだけ負担のないようにメイクしましょう。

ニキビにはできるだけ負担の少ないように

ニキビのある状態ではいつもと同じようにファンデーションを塗るのは控えましょう。ニキビにとってファンデーションは負担になり悪化してしまう可能性があります。

赤みのあるニキビなどにはリキッドファンデーションなどを塗ってカバーすることもありますが、お肌に負担がかからないようにするにはやはり刺激の強いファンデーションをさけパウダーファンデーションをおすすめします。

一時的にカバー力の強いファンデーショで隠せてもそれがお肌の負担になり悪化させてしまっては元も子もありません。できれば負担の少ないパウダーファンデーションにしましょう。

シミやそばかすのカバーの仕方は

お顔の広い範囲のシミやそばかすをカバーするならクリームファンデーションやケーキファンデーションを選びましょう。どちらもカバー力が高いので厚塗りにならないように気をつけましょう。

お顔の全体にシミやそばかすがあっても全体的に薄い色ならリキッドファンデーションやクリームファンデーションにしましょう。カバー力があっても厚ぼったさがありません。

部分的なシミやそばかすは、パウダーファンデーションなら塗る前にコンシーラーを部分的に使います。リキッドファンデーションやクリームファンデーションの場合は塗ってからコンシーラーを使って部分的なシミやそばかすを隠しましょう。

カバー力のある下地やBBクリームが便利!使い方は?

ファンデーションの他にカバー力のある下地化粧品やbbクリームを使ってみてはいかがでしょう。ファンデーションのつきがよくなったり、BBクリームなら時短にもなります。

カバー力のある下地を薄く塗ってからファンデーションを

カバー力のある下地はやはりファンデーションを直接、肌に塗るよりも肌のためにはいいようです。下地を薄づけすると、ファンデーションをしっかり定着させファンデーションや外気の刺激からお肌を守る効果があるそうです。それ以外にもメイク品の色素沈着を防ぐ効果があります。

ニキビやニキビ跡、そばかす、赤みなどを上手に隠すためにも下地を、顔全体にうすーく均一に伸ばすように塗りましょう。厚く塗ってしまいその上にさらにファンデーションを塗るとムラになって化粧崩れの原因となってしまいます。

ベタつきを感じるならそれは付けすぎです。ティッシュで顔を押さえて余分な下地を取り除いてからファンデーションを塗りましょう。

カバー力のあるBBクリームなら化粧下地なしでもOK

化粧下地をわざわざつけるのは忙しい時間にたいへんと思われるなら、カバー力のあるBBクリームはいかがでしょうか。下地としても使えるファンデーションで手間が省けます。

BBクリームは「blemish balm」の略です。「blemish」は「欠点、傷」「balm」は「癒すもの」という意味です。皮膚の手術などで刺激を受け弱った肌を鎮静させ保護する目的で作られた医療的なクリームをBBクリームと呼んでいたそうです。

やがてその保湿や再生機能が注目され今では下地やファンデーションとして使われる美容化粧品として進化していきました。

BBクリームの機能はメーカーによってさまざまです。保湿効果の高さやUVカット力が強いもの。あるいは美容クリーム、下地、コンシーラー、ファンデーション、UVカットの全ての機能がが一つのBBクリームに詰められているものもあります。口コミなどで広がった理由も一つで多くの機能をまかなえるという手軽さ便利さからでしょう。

おすすめのBBクリームは「マナラ」

「マナラ」のBBクリームは、カバー力が魅力。
スーパーソフトフォーカスパウダーと凹凸修正ネットが肌の上で光を拡散し、シミ・シワ・毛穴といった肌悩みを自然にカバーしてくれます。
なめらかなテクスチャーなので、厚塗り感はゼロでムラなく、美しい仕上がりを実現します。さらに、SPF35/PA+++なので、紫外線によるシワやたるみを寄せ付けない優秀アイテムです。

カバー力のあるファンデーションは40代からこそ大事!?

20代でも30代でももちろん紫外線などの外界の刺激や不規則な生活で、ニキビやシミなどの肌荒れとなります。が、40代50代と年齢を重ねていくと内面は充実してもそろそろお肌が若い頃とは変わっていきます。

どの年代でもいえることですが、カバー力のあるファンデーションを厚ぼったくならないようにナチュラルな肌感になるように使いたいですね。お肌の調子や気候の変化でファンデーションを使い分けたいものです。

乾燥しやすいならクリームなどのファンデーションを。日差しの強い季節ならUVカットとサラッとした感触のリキッドファンデーションをというように使い分けましょう。

40代からのファンデーションを選ぶポイントは
・カバー力がありながら薄づきであること。
・夕方まで化粧崩れしにくい。
・価格が2,000円〜5,000円くらいまででコストパフォーマンスがいい。
このポイントでご自分に合ったファンデーションを探してみましょう。

プチプラファンデーションランキングBest5

日々、使うのですから、いくら品質が良くてもあまり値が張ると長続きしにくいですよね。プチプラ、つまりプチプライス、安くてカバー力のあるファンデーションとリキッドファンデーションそれぞれのBest5をランキングしました。

プチプラなカバー力ファンデーションランキングBest5

1)マキアージュ/ドラマティックパウダリー UV(メーカー名)資生堂 9.2g・4,000円、発売日2015/2/21
ムース状からパウダーへと成形、その質感はふんわりと軽く広がり毛穴や色ムラも乾燥もカバー。

2)RMK/ジェルクリーミィファンデーション(メーカー名)RMK Division 30g・5,000円、発売日2012/9/7ジェルの透明感にクリームのカバー力をプラスしたジェルクリーミィファンデーション。(SPF24・PA++)

3)ドリームマジック/ミネラルファンデーション(メーカー名)コージー本舗 10g・1,700円、発売日2016/2/24色ムラをカバーしてくすみにくくするミネラルファンデーション。微粒子パウダーが肌に密着して夕方まで長持ちします。

4)ベアミネラル/CR ティンテッド ジェル クリーム(メーカー名)ベアエッセンシャル 35ml・3,800円、発売日2015/8/5素肌よりヘルシー、素肌より解放感。生命力のある肌を叶える高機能ベースメイク。

5)オンリーミネラル/ファンデーション(メーカー名)ヤーマン 10g・3,800円、発売日-不明 高品質ミネラル100%のミネラルファンデーション。日焼け止め、コンシーラー、ファンデーション、フィニッシングパウダー、化粧下地の5つの機能が一つになったオールインワンファンデーション。

アットコスメを参考にしました。価格は本体価格です。

カバー力のあるプチプラリキッドファンデーションランキングBest5

1)フローフシ/イオン デ クッション(メーカー名)フローフシ 20g・3,200円、発売日2016/4/5素肌のエイジングケア、花粉、PM2.5、ロングUV-Aやブルーライトからのケア。

2)Macchia Label(マキアレイベル)/薬用クリアエステヴェール(メーカー名)JIMOS 5ml・3,903円、発売日2009/2/1 (2016/3/1追加発売)。シミ、シワ、毛穴をカバーしながら薄づき。潤いを保ちます。SPF35PA+++。

3)クリニーク/ビヨンド パーフェクティング ファンデーション 19(メーカー名)クリニークラボラトリーズ 30g・4,500円、発売日2015/8/28コンシーラー機能搭載のリキッドファンデーション。隠しながら素肌感あふれる仕上がり。

4)MISSHA(ミシャ) /M クッション ファンデーション(モイスチャー)(メーカー名)ミシャ ジャパン 15g・1,000円、発売日2015/4/21化粧下地、日焼け止め、ファンデーションの機能と美容液成分を含む。

5)メイベリン ニューヨーク/ピュアミネラル BB フレッシュクッション(メーカー名)メイベリン ニューヨーク 14g・2,400円、発売日2015/10/31 (2015/12/19追加発売)化粧水整肌成分を約60%配合。みずみずしいツヤ肌に仕上げる。毛穴やくすみも薄付きながらカバー。

アットコスメを参考にしました。価格は本体価格です。

レブロンカラーステイが口コミで大評判

レブロンは昔はデパートで購入するような化粧品でした。が、今はプチプラで気軽に買い求められるコスメに。レブロンのファンデーションは、カバー力があり、崩れにくく長持ちすると口コミで人気が広がりました。

メーカーによるアピールポイントでも「24時間くずれにくいのにしっかりうるおう」と謳っています。その人気の秘密としてつけたてのようなキレイさが長持ちするということ。ムラなく伸びていてもカバー力は衰えず、潤いが保持されていること。仕上がりもナチュラルでソフト、日差しも気にならないという人気が出ないはずがないという品質の良さですね。

カラーステイという名前の通りカラー(色)がステイ(止まる)するのです。色は6色。180のサンドベージュが自然な色として標準色となりそれより薄い色は150で自然なアイボリーです。

180より濃い色は200ヌード明るめのオークル。220ナチュラルベージュ自然なピンクオークル。240ミディアムベーシュ健康的なオークル。370トースト健康的なサンタンベージュがあります。

この他にブレストパウダー、ツーインワンコンパクトメイクアップ+コンシーラーや16時間落ちにくいアイライナーなどがあります。

毎日使うものだからこそプチプラでお肌に合ったものを!

ファンデーションは必ずしも高価だからいいとか安価だからよくないというものではありません。一番大事なのはお肌に合っているかどうかです。気候によってもお肌の状態は変わるので、その時その状態のお肌の具合でファンデーションを変えることが大事ではないでしょうか。

多くのメーカーが研究開発していろいろなファンデーションがある中で、是非ともご自身に合ったファンデーションを見つけていただきたいものです。