メイクを非常に自然に見せてくれる効果があるフェイスパウダー。フェイスパウダーには、それ以外にもメリットがあることをご存知でしょうか?また、フェイスパウダーには、より効果を高めるための正しい使い方もあります。フェイスパウダーを初めて使う人にも、日常的に使う人にもぜひ知ってほしいフェイスパウダーの情報をご紹介します。

フェイスパウダーの効果的な使い方について

メイクの際フェイスパウダーを使用していますか?見たことはあるけれど用途がわからないので使っていない、使ってみたけれどあまり効果がわからないので使っていないという方も多いのではないでしょうか。しかし、フェイスパウダーは上手に使えばメイクを非常に自然に見せてくれるアイテムです。

今フェイスパウダーを使っていない方はもちろん、使っている方も一度使い方を見直してみると、より効果の高い使い方ができるかもしれません。

フェイスパウダーとは

肌の仕上がりを自然にするためのもの

フェイスパウダーとは、ファンデーションなどの後にはたいて肌の仕上がりを自然に見せる化粧品です。基本的には、肌のテカリを防いだり、肌を立体的に見せたり、化粧崩れを防いだりといった効果があります。また、肌の赤みをカバーしたり、チークなどに混ぜて色のコントロールをする際にも使えます。

ファンデーションだけで肌を作ると、いかにも「塗りました」という感じで肌が出来上がってしまいますが、フェイスパウダーを使うと自然な美肌を作り上げることができます。今までフェイスパウダーを使ったことがないという方は、ぜひ試してみてください。

ルースパウダーとプレストパウダーがある

フェイスパウダーは、ルースパウダーとプレストパウダーの2種類に分けることができます。ルースパウダーとは、「バラバラの粉」という意味で、粉状のまま容器に詰められています。肌をふんわりと仕上げることができると言われています。やさしい印象を作りたいときにはこちらを使うのが良いとされています。

プレストパウダーは、「押し固められた粉」という意味で、粉が固形の状態になっています。シャープな印象を作るのに適していると言われています。オフィスなど、知的なイメージを作りたいときにはこちらの方が適しているでしょう。

どちらかと言えばルースパウダーよりもプレストパウダーの方がカバー力が高めであると言われていますが、どちらもそれほど厚塗りするものではないため、その点において大きな違いはありません。重要なのは、購入前にきちんと試して、自分の肌と違和感のないものを使用することです。

フェイスパウダーを塗る順番

液状のファンデーションの上に

フェイスパウダーは、液状のファンデーションの上に使用します。液状のファンデーションとは、リキッドファンデーションやクリームファンデーション、BBクリームが該当します。いつも通りにこれらのファンデーションを塗ったら、その上から付属のパフや大き目のブラシなどを使って顔全体にかるくフェイスパウダーをはたきます。

パウダーファンデーションの場合には、元々フェイスパウダーの役割も兼ねていますので必要ありません。パウダーファンデーションの上からさらにフェイスパウダーを重ねると、粉っぽい仕上がりになってしまいます。

化粧直しの際に

化粧直しの際に、ファンデーションを塗りなおしてしまってムラになったり余計に崩れたりといった失敗を経験したことがある方もいるのではないでしょうか。化粧直しの際には、フェイスパウダーだけを軽く重ねるようにすると失敗なく化粧崩れを修正することができます。

肌がきれいな人はフェイスパウダーのみでも

肌のシミや毛穴などが気にならない場合には、フェイスパウダーのみを使うという方法もあります。特に、若い人の場合にはファンデーションなどを使うよりも、素肌を生かしてフェイスパウダーのみのメイクとした方が若々しくメイクを仕上げることができるでしょう。

フェイスパウダーのみで肌を仕上げる場合には、下地として日焼け止めなどを使うと良いでしょう。乳液や保湿用のクリームなどでも良いのですが、冬でも紫外線の刺激はあるものなので、日焼け止めを使っておくと肌の保護にもつながります。あとは、その上からフェイスパウダーをはたけば、自然で美しい肌が仕上がります。

フェイスパウダーを使うメリット

仕上がりがきれいになる

フェイスパウダーを使う一番のメリットは、仕上がりが自然できれいになることです。リキッドファンデーションのみで仕上げると、カバー力が高い一方でどうしてもわざとらしさが出てしまいますが、そこにフェイスパウダーを重ねることによって自然な肌に見せることができます。つまり、素肌が美しい人に見えるようになると言い換えても良いかもしれません。

化粧直しで厚ぼったくならない

フェイスパウダーを使えば、化粧直しの際にファンデーションを重ね塗りして厚ぼったくなるのを防ぐこともできます。ファンデーションの重ね塗りは、不自然さを招くばかりでなく、乾いてくるとひび割れなどを引き起こすこともあります。フェイスパウダーならば、軽く重ねておくだけで自然な化粧直しをすることができ、これらのトラブルを予防することもできます。

フェイスパウダーのみで使えば肌へのダメージが少ない

フェイスパウダーのみで使った場合には、肌へのダメージが少ないというのもメリットとなります。ファンデーションは肌への負担も大きく、しっかりとクレンジングしなければ毛穴の詰まりなどのトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

それに比べると、下地にフェイスパウダーのみのメイク方法は、クレンジングの手間もファンデーションを使った場合に比べて少なく、肌への負担も小さいと考えることができるでしょう。

フェイスパウダーとパウダーファンデーションの違い

油分の違い

フェイスパウダーとパウダーファンデーションの最も大きな違いは、そこに含まれる油分にあります。パウダーファンデーションは優しい感触ですがカバー力と密着力があり、油分が含まれていることで崩れにくいという特性があります。

一方で、フェイスパウダーには油分が含まれていないため落ちやすく、軽い着け心地となっています。フェイスパウダーだけならば、普通の洗顔のみでも落とすことができるでしょう。

仕上がりの違い

フェイスパウダーとパウダーファンデーションでは、仕上がりにも差がでます。パウダーファンデーションの場合には、フェイスパウダーよりもしっとりとした仕上がりになります。乾燥が気になる人の場合には、パウダーファンデーションを使ってみると良いでしょう。

一方で、フェイスパウダーの場合には顔の油分を調整してくれる効果があるとされているため、どちらかと言えば皮脂の分泌が多めの人におすすめです。不自然なテカリなどを抑えて、立体的な肌に見せてくれるでしょう。

人により使い方は千差万別

フェイスパウダーとパウダーファンデーションの使い分けは人によって非常に千差万別です。例えば、しっかりメイクをするときにはパウダーファンデーション、近所に出かけるなど軽いメイクで良い時にはフェイスパウダーのみといった使い方であったり、夏はパウダーファンデーション、冬はクリームファンデーションにフェイスパウダーといった使い方もあります。

ぜひ、自分に合った使い方を探してみてください。

フェイスパウダーの使い方

パフがおすすめ

フェイスパウダーを使う場合には、パフを使う方法とブラシを使う方法がありますが、メイクの仕上げに使う場合にはパフを使うのがオススメです。パフを使うことで軽い仕上がりとなり、全体的に自然なイメージに仕上げることができます。

パフにパウダーをとる

パフにパウダーを取る時は、パフを乗せた状態でパウダーの容器を左右に振ると、穴から適度な量が出てきます。多すぎると白く浮いたような付き方になってしまうので、足りないようなら重ねるようにしましょう。

しっかり揉み込み、均等にする

パフを使う前には、パフをしっかりもみこんでおくことによってパフが柔らかくなり、全体のかたさが均一になります。この状態にすることで、全体にムラなくフェイスパウダーを乗せることができるようになりますので、少々手間ですが、必ず行ってください。

顔の中心から外側に向かって塗る

フェイスパウダーを顔に塗る際には、顔の中心から外側に向かって塗ります。これによって、より自然なメイクを作ることができます。塗るといっても、あまり強くこするのではなく、軽く乗せるようなイメージでポンポンとはたいてください。全体にムラなく乗せるのが自然に見えるコツです。

小鼻と目の周りは後から小さく折って丁寧に

小鼻と目の周りは、一番塗り残しが発生しやすい場所です。全体にフェイスパウダーを塗った後で、それらの部分だけ折ったパフを使って丁寧に粉を乗せておくようにしましょう。後から塗った部分と、先に塗った部分の境目をパフで軽くはたいておくと、境目が目立ちにくくなります。

ナチュラルなポイントカバーも可能

しみや目元のくすみなど、ちょっと気になるところがあればここでさらにコンシーラーなど置いて、もう一度上からパウダーで押さえます。崩れにくく、効果的ポイントカバーが出来ます。コンシーラーは肌色に近い固めのものを選んで下さい。

首元のフェイスラインをぼかす

顔だけにメイクを施すと、首と顔の境目がくっきりとできてしまって不自然に見えることがあります。フェイスパウダーをこの部分にはたくことによってラインをぼかすことができます。フェイスラインから首元に向かって、軽くフェイスパウダーを乗せておくと良いでしょう。

何もついていないブラシで軽く払う

最後に、何もついていないブラシで軽く払って仕上げをします。これによって、つきすぎた粉を払うことができ、仕上がりがより自然に見えるようになります。全体のムラを緩和する効果もあります。できればこの作業専用のブラシを使うのが理想的ですが、ない場合には、手の甲などを使ってブラシについている粉をよく落としてから使いましょう。

化粧直しの際はブラシで

化粧直しの際にはブラシを使うのがオススメです。化粧直しの際にはファンデーションは塗りなおさずフェイスパウダーのみを使います。ブラシを使った方が、肌に乗るパウダーの量が多くなるため、カバー力が高くなるのです。ファンデーションのよれやはがれなども、目立たなくすることができるでしょう。

上手なフェイスパウダーの塗り方

ファンデーションを塗りすぎない

フェイスパウダーを綺麗に仕上げるには、ファンデーションを塗り過ぎないことがポイントになります。ファンデーションを塗り過ぎると仕上がりから自然さが失われ、フェイスパウダーがうまくのらない原因にもなります。ファンデーションの量を適切にすれば、メイクが美しく仕上がるだけでなく、節約にもつながります。

ファンデーションをポンポンとふき取ってから塗る

ファンデーションを塗った後には、一度スポンジなどを使って余分な油分をふき取っておくと良いでしょう。ファンデーションを塗った後の肌をきれいなパフやスポンジでポンポンと叩くようにすれば余分な油分を吸い取ることができます。100円ショップなどで売られている、スポンジの詰め合わせのようなものを購入して使い捨てにすると便利です。

パフ、ブラシをこまめに掃除する

メイクに使うパフやブラシはこまめに掃除をしておきましょう。綺麗なパフやブラシを使うことで、フェイスパウダーをムラなく綺麗に乗せることができます。パフやブラシが汚れていると肌に負担をかけてしまうこともありますので、こまめなお手入れが重要になります。

おすすめのフェイスパウダー

チャコットのフェイスパウダーはプチプラなのに落ちにくい

チャコットとは、ダンス用品を専門に販売しているブランドです。舞台用に使うため、化粧品の販売も行われています。チャコットのフェイスパウダーは1300円程度とプチプラであるにも関わらず、舞台で汗をかいても落ちにくいような作りになっているので、メイクの崩れを予防するのにオススメです。インターネットなどの通信販売のほか、ドラッグストアなどでも購入できます。

AQ MW フェイスパウダーは肌が明るくみえると評判

肌が明るく見えるとして口コミで人気になってるのが「AQ MW フェイスパウダー」です。少々高価な商品ですが、買ってよかったと感じる人が多いようです。ナチュラルにくすみを飛ばしてくれて、崩れにくいというのも人気の理由となっているようです。種類が豊富な商品ですが、ラメ入りでも自然で普段使いもできるという口コミもありました。

まとめ

フェイスパウダーは、メイクを自然に見せるためには必須とも言えるほどのアイテムです。リキッドファンデーション派の人はぜひ使ってみてください。また、元々肌がきれいな人やメイク初心者さんは、下地にフェイスパウダーだけで肌を作ることで、素肌を活かした自然なメイクを作ることができるでしょう。

1つ持っていれば、化粧直しの際などにも使うことができますので、ぜひ自分にあったカラーや商品を探してみてください。