黒目が小さくて悩んでいる人は、必見の記事です。今回は黒目が小さく見えてしまう原因から、黒目がちになる方法、黒目がちになるメイク方法までを詳しくご紹介していきます。簡単に黒目を大きく見せる方法がたくさんあるので、黒目を大きくしたいと思っていた人は、ぜひ参考にしてみてください。

黒目がちになることはできるの?

黒目が小さいということが、悩みであるという女性も多いのではないでしょうか。なぜなら、黒目がちである方が、女性は可愛く見られることが多いからです。黒目が小さい人が黒目がちになるには、いったいどのような方法があるのでしょうか?

今回は、黒目が小さい原因から黒目がちに見せるための方法までを、詳しく調べてみました!黒目が生まれつき小さくて黒目を大きく見せたいと思っていた人は、ぜひ参考にしてみてください。簡単にできる方法から、日々のトレーニングによって黒目がちに見せる方法まで、さまざまなものをご紹介していきます。

黒目が小さい人は大きくできる?

黒目がちであることは、女性にとっては憧れの一つであると言えるのではないでしょうか。その証拠に、黒目がちに見えるカラコンなど、現在では多く販売されています。このような黒目ですが、生まれつき黒目が小さい人が黒目自体を大きくすることは可能なのでしょうか?

黒目自体を大きくすることは不可能!

黒目の大きさとは生まれつきのものであるため、残念ながら黒目自体を大きくすることはできません。整形手術などでも、現在黒目を大きくするようなものはないため、黒目自体を大きくする方法は存在しないと言っても良いでしょう。

黒目は大きく「見せる」工夫をするしかない

現在黒目自体を大きくする方法は存在しないため、黒目がちにしたいのであれば、黒目を大きく見せる工夫をする以外方法はありません。そのため、自分の目に合う黒目を大きく見せるさまざまな方法を活用し、黒目がちに見せるように工夫することが唯一の方法であると言えるでしょう。

日本人の黒目の大きさとは?

そもそも、この黒目の大きさとは、みんなそれぞれに異なるものなのでしょうか?黒目の大きさの見え方が個人個人で異なることから、黒目の大きさ自体が違うと思っている人の方が多いのではないでしょうか。まずは、日本人の黒目の平均的な大きさについてを詳しく見ていきます。

全世代とも約11~12mmと共通

黒目の大きさは、個人個人で見え方に差があることから、それぞれに違う大きさであると思っている人の方が多いはずです。しかし、じつはこの黒目の大きさとは、実際には日本人すべての人がほぼ共通の大きさであると言われています。

そのため、年代や性別に関係なく、日本人の全世代とも直径は約11~12mmと共通であると言われています。

黒目の大きさの差は「まぶたの筋力」

黒目自体の大きさが全世代とも共通であるのに、なぜそれぞれに黒目の大きさの見え方に違いがあるのでしょうか?この黒目の大きさに差を感じる理由とは、じつは「まぶたの筋力」が大きく関係していると言われています。

要するに、まぶたの筋力が弱い人は、まぶたが下がってしまうために黒目が隠れてしまい、小さく見えてしまうのです。そのため、まぶたの筋力が強い人は黒目の大きさが大きく見え、まぶたの筋力が弱い人ほど黒目の大きさが小さく見えるという仕組みになっているのです。

周りの光により黒目の大きさは変わる?

また、黒目自体の大きさではありませんが、黒目のさらに中央に位置する「瞳孔」部分は、周りの光により大きさが変化すると言われています。この瞳孔は、暗い場所であれば開いて大きくなり、明るい場所であれば閉じるために小さく変化する仕組みになっています。

しかし、瞳孔自体は黒目の内側に位置することから、黒目の全体的な大きさは周囲の光によって変化するということはありません。

赤ちゃんが黒目がちに見えるのはなぜ?

黒目の大きさ自体は、年代や性別など関係なくすべて共通であるのに、なぜ赤ちゃんは黒目がちに見えるのでしょうか?次からは、赤ちゃんが黒目がちに見える理由についてを解説していきます。

顔に対して目の割合

日本人においては、すべての年代性別が共通して黒目は平均的な大きさであるということがわかりました。しかし、それではなぜ赤ちゃんは、大人よりも黒目がちに見えるのでしょうか?赤ちゃんが黒目がちに見える理由は、顔に対しての目の割合が大きいからです。

全世代とも黒目の大きさが共通であるということは前述しましたが、大人の黒目と赤ちゃんの黒目の大きさも同じであるため、大人よりも顔が小さい赤ちゃんの方が、その分黒目が大きく見えるからです。

黒目がちは可愛く見える?

黒目がちな赤ちゃんや女性は、一般的に可愛く見える人が多いです。また、動物であっても黒目がちの方が可愛く見えることが多いのではないでしょうか?このようなことから、黒目がちである方が、生き物とは可愛く見えると言えそうですが、実際のところは黒目の大きさと可愛さとはどのような関係があるのでしょうか。

「黒目がち」とは黒目の割合が多いこと

黒目がちとは、全体的な目の大きさに対して、黒目の面積の割合が大きいことを指します。そのため、黒目がちに見せたいのであれば、黒目の面積を多く見せる工夫をすれば良いということになります。一般的には、黒目がちの方が人は可愛いという印象を持つことから、カラコンでも多く黒目を大きく見せるための商品が数多く販売されています。

黒目が大きすぎてもダメ!

それでは、黒目がちが一般的に可愛く見えるのであれば、黒目を単純に大きくすればするほど可愛く見えるということになりますよね。しかし実際には、黒目が大きすぎても可愛いくならないどころか、人間離れしてしまい、違和感があると言われています。

なぜなら、やはり人間の目とは黒目と白目のバランスが整っていないと、可愛く映らないからです。黒目がちになりすぎても、人間という認識をしなくなることから、逆に違和感を感じてしまうことになってしまうのです。

黒目がちになる方法4選

黒目自体を大きくする方法はありませんが、現代では工夫次第で黒目がちに見せる方法がたくさんあります。次からは、さまざまな黒目がちになる方法をご紹介していきます。自分に一番適した方法を選ぶようにしましょう!

1.カラコンを使用する

黒目がちになる方法としてもっとも手軽で簡単な方法は、カラコンを使用する方法です。現在はさまざまな種類のカラコンが販売されているため、自分好みの大きさや色などを選ぶことができます。また、とくに黒目がちを意識するのであれば、フチなしのカラコンを購入することをおすすめします。

2.白目を白くする方法

また、じつは目の白目部分をより白く際立たせることによって、黒目がくっきりと見えるようになることから、黒目がちになることが可能であると言われています。白目を白くするためには、目に疲れを溜めないことが重要です。

目の白目が黄ばんだりくすんだりする原因とは、おもに目の疲れや日焼け、肝機能低下、加齢であると言われているからです。そのため、普段から目を疲れさせないように気をつけたり、日焼け対策などを行うことが重要であると言えるでしょう。

3.目力を上げる方法

前述もしましたが、黒目が小さく見える原因とは、まぶたの筋力が弱いからです。そのため、まぶたの筋肉である「眼輪筋」をトレーニングすることにより、黒目がちになることができます。このような眼輪筋を鍛えるには、以下のような4つの筋力トレーニングがおすすめです。

1.指でまぶたの中心を引き上げながら、まばたきを繰り返すトレーニング
2.目尻の少し上を外側に向けて引っ張りながら、まばたきを繰り返すトレーニング
3.上目遣いをキープしながら、まばたきを繰り返すトレーニング
4.黒目をぐるぐると回すトレーニング

これらのトレーニングを、それぞれ5〜10回ほど毎日繰り返すことにより、眼輪筋が鍛えられてまぶたが引き上げられることにより、黒目がちになることができるでしょう。

4.ホットアイマスクを使用する

他にも、ホットアイマスクを使用して目元を温めることにより、血行を良くして白目を際立たせ、黒目がちにすることもできます。ホットアイマスクは、濡れタオルをレンジで温めて作ることができるので、いつでも簡単に試すことができる方法です。

ホットアイマスクで黒目がちになるには、レンジで1〜2分ほど温めた蒸しタオルを、目をつぶって5〜10分程度乗せて使用します。たったこれだけで、目の血行を良くし疲れを和らげることから、目の白目部分を際立たせることができます。

黒目がちになるメイク方法

アイテムを使用したり、トレーニングをするなど、身近なものを使用して黒目がちになる方法をご紹介してきました。次からは、メイクだけで黒目がちに見せる方法をご紹介します。日々のトレーニングなどが面倒であるという人の場合には、簡単に今すぐ黒目がちになれるこちらのメイク方法がおすすめです!

二重メイクで黒目がちに

一重まぶたや奥二重の人の場合には、必然的に黒目が見える範囲が狭いことから、黒目が小さいという印象に映りがちです。このような人の場合には、アイテープなどを使用して、くっきりとした二重メイクをすることがもっとも簡単な方法であると言えるでしょう。

くっきりとした幅の広い二重にすることによって、黒目の見える面積の範囲が広くなるからです。一重まぶたや奥二重で悩んでいる人の場合には、こちらのアイテープやのりなどを使用する二重メイクの方法をおすすめします。

アイシャドウで黒目がちに

アイホール全体に、暗めのアイシャドウを乗せていく方法です。カラーは、ダークブラウンなどの暗めのカラーがおすすめです。ポイントは、アイシャドウを目の形に沿うように中心部分を高く丸く盛ったりすると、黒目の面積を広く見せることができるため黒目がちな印象が強くなります。

アイラインで黒目がちに

アイラインの引き方によっても、黒目がちに見せることが可能です。黒目がちに見せるためには、黒のリキッドタイプのアイライナーを使用するのがおすすめです!アイライナーの引き方は、目頭から目尻までをしっかりと引いていき、黒目の上の中央部分だけを少し太めに描き足すことがポイントになります。

また、まつ毛の間をアイライナーでしっかりと埋めるように描くことも重要です。そして、最後に目尻は少し長めにしはねあげるように描くと、より目を大きく強調することができます。さらに、黒目の下部分にも軽くアイラインを引いておくことにより、黒目をくっきりと見せる効果があるため、より黒目がちに見せることができます!

まつ毛をつけて黒目がちに

つけまつげやまつげエクステを使用して、黒目がちになる方法もあります。この場合には、目の中央部分の毛の密度を濃くすることがポイントになります。目の中央部分の毛の密度を濃くすることにより、黒目を大きく見せる効果があるからです。

そのため、つけまつげの場合には、このような中央部分に密度が濃いものを選ぶようにし、まつげエクステの場合には、注文の際に目の中央部分の密度が濃くなるようにオーダーすることが重要になります。

ただし、まつげエクステの場合には、その日の気分でまつげの形を変えることができなくなってしまうので、メイクの仕方や雰囲気をよく変えることがある人の場合には、つけまつげを使用した方が良いでしょう。

また、つけまつげには部分用もあるため、黒目だけを目立たせたい場合には、このような部分用を使用するという方法もあります。部分用であれば自分で量の調節もできるため、まつげの量や形などを自分でアレンジしたいという人におすすめです。

黒目がちに見せる方法はたくさんあります!

黒目がちに見える理由や原因などを、詳しく解説してきました。黒目は、日本人の場合には年齢や性別関係なく、ほぼすべての人が共通した大きさであるということがわかりました。すべての人がほぼ平均的な黒目の大きさであるにもかかわらず、人それぞれ大きさが違って見えるのは、まぶたの筋力の差であると言われています。

そのため、黒目がちに見せたいという人の場合には、まぶたの筋力を鍛える必要があります。しかし、まぶたの筋力トレーニングが面倒であるという人の場合には、白目を目立たせて黒目を大きく見せる方法もあります。他にも、メイクの仕方により黒目がちに見せる方法もたくさんあるため、黒目自体を大きくすることができなくても、工夫次第で黒目がちに見せることは可能です。