最近女性向けファッション誌や情報番組でよく見聞きする「プチプラコスメ」。気にはなっているけれど実際に使ったコトはまだない方、多いのではないでしょうか?「興味はあるけど、なんだか心配で…」「若い子だったらまだしも、年齢を重ねた私には…節約は出来そうだけど。」そんな方々に、今回は化粧下地をプチプラで選ぶポイントや使用方法を、たっぷりご紹介いたします。悪かろう安かろうなんて、言わせない!

化粧下地 プチプラでも大丈夫?

若年層を中心に人気が広がり、今では幅広い層に支持されているプチプラコスメですが、皆さんは使用されたことはありますか?私の周りではチークやアイブロウ、マスカラなど、ポイントメイクに取り入れているという人が最近増えています。

確かにシーズン毎にお化粧にも流行がありますし、特にリップやチークなどのカラーは季節によっても変えたいけれど、お金が…そんな時に本当に重宝しますよね、助かります。

では、直接肌に塗る化粧下地はプチプラコスメのものを使用しても本当に大丈夫なんでしょうか?興味はあるけれど、肌荒れなどのトラブルを心配されている方や漠然と不安に思われている方もきっと多いでしょう。次項から、安心して化粧下地をプチプラで選ぶポイントや使用方法を細かくご案内していきます。

プチプラってどんな意味なの?

「プチ・プライス」の略語

プチプラとは、フランス語で「小さい」を意味するpetit+価格を表すpriceを合わせた和製外来語「プチ・プライス」を省略した言葉です。

「プチプラ価格」なんて文字を目にしたことがありますが、よく考えてみるとなんだか少しおかしな気もしますけれど、ニュアンスはなんとなく伝わってきますよね。

安くて可愛いもの

安価であるということ、お値打ち価格という意味を表現する言葉として用いられていますが、ファッション用語では可愛いという意味もあるんです。

洋服やアクセサリーなどの雑貨を指すときには、単に安くてよい品というだけでなく、「可愛くて使える」という意味合いまで含まれて使われることが多々あります。「安っぽい」などと言うようなネガティブな意味合いではなく、安さを肯定的に捉えていることが特徴的ですね。

プチプラでも肌にダメージはないの?

配合成分を気にすれば大丈夫

これは、おそらくどんな化粧品にも言えることだと思うのですが、自身の肌質に合ったものを使うという最低限のルールとでもいうのでしょうか?逆に言えば、肌に合わない成分が配合されたものは避ける事は必要です。

因みに私は比較的丈夫な肌質なのですが、アルコール成分が多く含まれた化粧品が合わないんです。以前雑誌のメイクモデルをした時も、拭き取り化粧水に反応してしまってメイク前早々にブワっと赤いプツプツが出てしまい、結局別日に改めて撮影したという経験があります。

使用していた化粧品はヘアメイクさん御用達の一流化粧品メーカーのものでした。それ以降は必ずアルコールフリーの化粧品を選ぶようにしているのでもう大丈夫なのですが。

プチプラコスメを選ぶ上でのポイントのひとつとして、配合されている成分がなるべくシンプルなものを選ぶのが良いでしょう。あれもこれもと成分が入っていると、何となく得した気分になってしまうものです。ですが、肌にとって不要な成分というのは刺激になる可能性はあっても肌のためになることはほとんどありません。特に肌の弱い方は注意して下さいね。

塗り過ぎはNG

化粧水や乳液などの基礎化粧と呼ばれる素肌作りの次に重要になってくるのが、このベースメイク・化粧下地です。メイクの基礎、土台となりますのでこの下地の決まり具合が整っていればファンデーションの仕上がりもグンと輝きを増します。

肌質によって向き不向きが大きく異なってくるので、乾燥肌なら保湿効果の高いものを、皮脂が気になる方はサラっとした軽いテクスチャーのものなど、自分の肌質に合った化粧下地を見つけましょう。

ここで注意してほしいのは、1回のメイクに使う下地の量です。メイクの土台をしっかり作ろうとするあまり、たっぷりと使って厚塗りになっていませんか?実は下地は薄くても効果に影響はありません。むしろ厚塗りすることによりファンデーションを塗る際によれてしまったり、下地に含まれる油分で化粧崩れが起きてしまうのです。また、肌への刺激となってしまう可能性もありますから、適量をムラなく丁寧に塗ることの方が大切なのです。

塗る順番に気をつけよう

さて、化粧下地を実際に使うときの塗る順番の話です。基礎化粧で肌を整えた後、ベースメイクに取り掛かるわけなのですが、日焼け止めと化粧下地。さて、どちらを先に塗ったらいいのでしょう?

そもそも化粧下地には、「肌をなめらかに整え化粧崩れを防ぎ、ファンデーションを密着させる」、という役割があります。ですので、なめらかで透明感のある肌を作るために、化粧下地はファンデーションの直前に塗ると効果が高いと言われているのです。という訳で、まず日焼止めを塗り、その後化粧下地を塗るようにしましょう。

化粧下地の正しいやり方

透明感のある理想肌に近づけるためには、ファンデーションをのせる前の下地の塗り方がとても重要だということをご存じでしたか?下地の塗り方が適当だと、その後いくら正しくファンデーションを塗ったとしても、きれいに仕上げることが出来ません。正しい下地の塗り方でお肌が整ってさえいれば、仕上がりが見違える程良くなるのです。

ここで、化粧下地の正しい塗り方を確認してみましょう。皆さんが普段されている塗り方と是非、見比べてみてください。

1.手の甲に、目安はパール玉1個分くらい

まずは手の甲に化粧下地をのせます。適量は種類によっても異なってきますが、大体パール玉1粒くらい。こんなに少なくて大丈夫かな?というくらいで丁度良いと思いますよ。

その前に注意点が一つ。いくら下地をしっかりつけるとファンデーションがキレイにのるからといっても、素肌がボロボロでは下地自体がキレイにつきません。洗顔後は化粧水でしっかり保湿し、水分が蒸発しないように乳液やクリームでフタをしましょう。季節や肌質によっては、目元や口元などは保湿美容液などで乾燥から保護してあげて下さい。

ハンドプレスで馴染ませ、肌に水分や栄養分がしっかり浸み込んだら完了です。忙しい時にはすぐに下地をつけたくなりますが、肌に浸み込むまでのほんの数分待つことでその後の仕上がり具合がグッと違ってきますよ。次にいよいよ下地の出番です。

2.おでこ、両頬、鼻筋、あごにのせる

指の腹で下地をすくい、おでこと両頬・あごにのせ最後に鼻筋に少なめにのせます。適当に塗るとムラになってしまいますが、こうすると偏ることなく均一に伸ばすことができます。もし、乳液やクリームを塗る時のようにスムーズに顔全体にのばすことができてしまう場合は、下地の量が多い可能性があります。「これだけ?」と思うくらいの分量で丁度良いのです。

3.外側に向かって薄くのばす

化粧下地を顔全体にまんべんなくなじませていくコツですが、人差し指・中指・くすり指の3本の指を使うと手早く均一にのばすことが出来ます。指の腹に下地を少しずつ付けて薄くのばしていきますが、この時こすってしまうと肌に刺激となってしまいますから要注意です。

鼻を中心に外側に向けてクルクル円を描くようにのばしてあげるのが基本となりますが、毛穴が気になる方は毛穴とは逆方向になるように口もとから目もとへ向けてのばしてみて下さい。毛穴が目立たなくなりますよ。

また、たるみの気になるほうれい線は上手く塗らないと溝に溜まってその後のファンデーションがよれてしまう原因になります。たるみに逆らって顎から鼻へとのばしていくと、溝に溜まらず薄くのびますから試してみて下さいね。

4.目元・小鼻はさらに薄く

塗る時に1番気をつけてほしいのは目元と鼻です。目元は皮膚が薄いのでのばす際にこすってしまうと刺激となり、シミやシワの原因になってしまいます。ですが、目尻はシワなどが気になる部分でもありますから、しっかり密着していないと後からファンデーションがノリづらくなります。

上手くつけるためには、のばすのではなく下地が肌に馴染んでいくようにポンポンと軽く押すようにするのがコツです。皮脂が出やすく化粧崩れのしやすい鼻も同じようにポンポンと軽く押すようにしてつけていきましょう。あくまでも「薄くつける」ことが失敗しないための最重要ポイントです。

ごく薄く均一に化粧下地が馴染んだ肌の上にファンデーションを乗せると、見違えるように明るく小ジワの目立たない仕上がりに作りやすく、それだけでついつい嬉しくなってしまいますよ。

5.時間を置いてからファンデーションを

顔全体に化粧下地を塗り終わったら次はファンデーションですが、ここで一息入れましょう。なぜなら、塗った直後はまだ下地が安定していないからです。不安定な土台の上ではファンデーションがヨレてしまう可能性があるのです。

とはいっても、忙しい出勤前には待っている時間が惜しいこともありますよね。そんな時には朝の支度の順番を替えてみてはいかがでしょうか?朝起きたら洗顔から下地までを一気に済ませます。その後、朝食を食べて着て行く服やアクセサリーを揃えてヘアも整えてからメイクをはじめると、ちょうど下地も肌に馴染むころです。ほんの少しの工夫でキレイが自分のものになりますよ。

6.つけすぎてしまった場合は

下地の量を多くつけすぎてしまったけれど、時間がなくすぐにでもファンデーションを塗りたいという時にはどうしたら良いのでしょうか?本来なら時間を置いて肌に馴染むのを待つのが正解ですが、時間がない時にはティッシュかスポンジで余分な下地をオフしましょう。ただし、取り過ぎてしまったり肌に刺激となる可能性もありますから、余分なものを吸収させる感じでこすらずに軽く抑えるようにしましょう。

化粧下地 有名ブランド

知る人ぞ知る、というよりもはや王道!?定番!?な、高級ブランドにも引けを取らない高いポテンシャルを持つ化粧下地たちを生み出す優秀プチプラコスメブランドを、その特徴とともにご紹介します。

マナラBBリキッドバー

マナラのBBリキッドバーは、たった30秒でツヤ肌が完成する究極の時短メイクができることが魅力。最大の特徴はバータイプには珍しい、とろけるようになめらかなテクスチャー。厚塗り感はゼロで、ムラなく美しい仕上がりを実現します。1本でベースメイクすべての役割を担っているので、まさにお財布に優しいアイテムですね。

キャンメイク・豊富な種類が特徴

オシャレで美意識の高い女子中高生なら、きっと化粧ポーチの中にひとつはアイテムが忍んでいるのではないかというくらい、普及率の高い井田ラボラトリーズのCANMAKE(キャンメイク)。なんと2015年にブランド誕生30周年を迎えています。とにかく低価格で豊富なラインナップで、特に旬の今どきアイテムも次々に出してくれる事もこのブランドの特徴です。

2016年春現在、化粧下地のカテゴリだけで5種類、下地としても使えるBBクリームやコンシーラーを合わせると、なんと十数種類発売されています。中には化粧品選びの指標にしている人も多いと噂の口コミコスメサイト「アットコスメ」等で、ビックリする程高評価を得ている商品もあります。

ちふれ・敏感肌

教師の初任給8500円、蕎麦が1杯35円だった時代。化粧品は500~1000円ととても高価だったそうで、創業者がなんとか100円という低価格で作れないかと試行錯誤の上、生み出されたという「ちふれ化粧品」。

「良いものを、誰もが手に入れやすい価格で。」をモットーに、簡易包装や大量生産などさまざまな角度からコストダウンをはかり、高品質・低価格を適正価格をとして貫いています。

無香料・無着色を基本としているので敏感肌やトラブル肌の方にも使いやすく、何十年もこちらの化粧品を使い続けているリピーターさんもとても多いんだとか。実店舗があり、実際に商品を試したり店員さんに相談しながら購入できるところも魅力の一つです。

セザンヌ・皮脂・テカリ防止下地

シンプルで安心できるもの。美しくありたいと思う全ての女性が美しくあり続けつことができるために、高品質・低価格の「日常的で」いつもそばに置くことができるようにと作られた、セザンヌ化粧品。

容器の工夫やレフィルの用意などで環境へ配慮し地球に優しく、徹底したコスト削減などによる低価格の実現で私達消費者へ優しく、そしてパッチテストにクリアした好処方や紫外線吸収剤を使わないことでの肌への優しさ。この3つの優しさを約束し、シンプルで安心できるもの、をポリシーとしているブランドなんです。

UVケアや高保湿タイプ、そして定評のある、崩れにくく化粧もちが続く皮脂テカリ防止タイプの下地など、お悩みに合わせてチョイスがしやすいところも人気の秘訣です。

インテグレート・優れたうるおい保持力と、毛穴、色むら補正効果

「ラブリーに生きろ」をキーワードに、大人のラブリーを提案する資生堂のメーキャップブランド、インテグレート。

”目もとに、口もとに、肌に、指先に、そして心にも、遊び心のある「色」と「質感」をアクセントにしてラブリーな表情を演出します”とうたっているように、低価格ながら持っているだけで楽しくなってしまうような可愛らしいパッケージデザインも魅力のひとつです。

なんといっても、ミネラルを配合した優れたうるおい保持力と、色むら補正効果はあるのに、毛穴レスで素肌のような透明感が得られると話題になっています。

乾燥肌「保湿力」化粧下地  オススメランキング

1.キャンメイク パーフェクトセラムBBクリーム

美容成分がなんと21種類も配合された、美容液から生まれたBBクリームです。化粧下地として少量を薄く伸ばして使うと、「メイクを落とした後も肌がぷるぷる」「しっとりするのに化粧崩れしにくい」との声も。コストパフォーマンスの高さに脱帽です。

2.資生堂インテグレート ミネラルベース スキンエフェクト CC

乾燥はくすみ・ニキビ・吹き出物などの肌トラブルのもとですが、こちらのミネラルベース スキンエフェクト CCならミネラル保湿成分が優れた効果を発揮して時間が経っても乾燥知らずのお肌に。もちろん高いUVカット効果も備えていますから、強い日差しも怖くありません。さらに、効果があるのは肌トラブルだけではありません。老け顔に見られる原因、クマやくすみも消して透明感のある若々しい肌へと導いてくれますよ。

3.ちふれ 美容液 ノンアルコール

本来美容液のカテゴリに入る商品ですが、化粧下地としても人気。顔全体に塗ったあと、時間をおいてしっかりと肌に馴染んでからファンデーションで仕上げるとしっとりとキレイに仕上がります。

sponsored

テカらない「カバー力」化粧下地  オススメランキング

1.セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

余分な皮脂を吸収してくれるから、夜までメイクしたてのサラサラ感を持続します。また、光拡散効果とナチュラルなピンクベージュカラーが 毛穴レスで自然な明るさを肌に与えてくれます。汗や水に崩れにくいウォータープルーフ処方ですが、紫外線吸収剤不使用で肌にも優しい使い心地になっていますよ。

2.スキンフラット CCジェル

柔らかめのジェル状テクスチャーですが、塗るとサラサラな質感に。毛穴を埋め込むようにカバーしてくれ、テカリや化粧崩れも抑えてくれます。UVカット効果も高く◎。

3.キス マットシフォン UVホワイトニングベースN

オイリー肌で悩んでいる方がもう何年もリピ買いしているとおすすめコメントをチョコチョコ耳にします。マットでサラッとした使い心地で、個人差はもちろんあるようですが化粧をオフするまで化粧直しせずともよかったという話も。ふわっとマシュマロのような質感の肌を目指せます。

まとめ

かつてはお小遣いの少ない女子中高生のマストアイテムとされていたプチプラコスメですが、今では20代、30代以降の大人の女性にも大注目されつつあり、クチコミから半ば定番コスメとして重宝されているアイテムも増えてきています。

もちろん百貨店の化粧品売り場で、専門のビューティーアドバイザーが接客してくれるような高級ブランドの商品と比べて、すべてのプチプラコスメに同等の効果が得られるかと言ったら、それは難しい話でしょう。それだけ研究され厳選され、高額な代金を支払うわけですから。

それでも、この「プチプラ」と好意を持って呼ばれている、1000円前後で手に入れることの出来るコスメの中には、その価格の何倍もするような高級コスメに匹敵するほどの効力を秘めている商品があることだって、事実なんです。使い方、選び方によってはトータル数千円のアイテムだけで、見違えるようなフルメイクをすることも可能です。

プチプラコスメの良さ。それはなんといっても価格の安さです。気になる商品を気軽に買って使ってみることが出来るんです。高級コスメだとなかなか、そうはいきませんよね。ぜひ色々試してみて、自分だけの”お値打ちアイテム”を見つけてみませんか?クチコミで周りの人に教えてあげても、きっと喜ばれるでしょうね。