女性にとって、目元はその人の印象を決める大事なパーツ。だからこそ、目元のメイクには気合が入りますよね。以前まではブラックアイライナーが主流でしたが、徐々に人気が出ているのは、「ブラウンアイライナー」なんです。「ふんわり目元」「優しい目元」を目指すなら、「ブラウンアイライナー」が必須です!ここでは、「ブラウンアイライナー」の魅力、種類別の使い方、人気の「ブラウンアイライナー」について調べてみました。

「ブラウンアイライナー」についてご紹介!

大きい目元を作るには、ブラックアイライナーが必須だと思っていませんか?もしかしたら、ブラックアイライナーの間違った使い方によって、逆に目を小さく見せてしまっているかもしれません。

実は、「ブラウンアイライナー」でも大きい目元は作れます。瞳の色や髪の色がブラウンなら、「ブラウンアイライナー」のほうが違和感ない仕上がりになれちゃいますよ。ふんわりとした、可愛らしい女性を目指すなら、是非「ブラウンアイライナー」を使うことをオススメします。

ブラックとブラウンの違いについて

ブラック = 引き締め効果

ブラック系のアイライナーを引くと、引き締め効果で目元をハッキリと強調させることができます。キリッとした、涼しげな目元を演出したいという方には、ブラックのアイライナーが最適です。黒髪にブラックのアイメイクの女性は、妖艶な美しさがあります。

ただ暗い色は、引き締まって見えます。着痩せ効果を狙ってブラック系の洋服を着るのと同じで、目の周りをブラックで囲ってしまうと、その錯覚で目が小さく見えてしまいます。ブラックアイライナーで目元ぱっちり=大きい目というわけではないのです。

さらに、太くブラックアイラインを引いてしまうと、より一層、目元が小さく見えてしまいます。細いラインでも目元は十分に強調されるので、ラインが太くなりすぎないように注意しましょう。

ブラウン = 膨張効果

ブラック系とは違い、ブラウン系には膨張効果があります。「ブラウンアイライナー」を引くと、肌になじみやすい色ということもあり、自然な大きい目元に仕上がります。いかにもラインを引いてます感が出ないので、メイクが苦手な方にも使いやすいと思います。

アイラインをブラウン系で、マスカラをブラック系にすることで、目の印象を弱くしすぎず、奥行きができて女性らしい魅力的な目元になります。カラーコンタクトを合わせれば、ハーフ顔に近づけちゃいます。

何といっても、ブラウン系には、ふんわりとした優しい印象を与える効果があります。今時メイクには「ブラウンアイライナー」が欠かせません。たれ目メイクにも最適なアイテムです。

種類別アイライナーの使い方

ペンシルアイライナー

誰でも簡単に使えるのがペンシルタイプのものです。持ったときに安定感があり、あまりブレずにラインを引くことができるので、初心者の方にオススメです。力を入れずにスルスル描ける、芯の柔らかいものを選んでください。

アイライナーの中でも、ペンシルが一番ナチュラルな仕上がりになります。アイシャドウとなじみが良いので、たとえラインがガタガタに失敗しても、綿棒やアイシャドウでぼかせば、ふんわりと自然なラインになります。ただ、ウォータープルーフ以外のペンシルは、滲みやすいものが多いです。また、優しいラインは引けますが、くっきりライン用にはあまり向いていません。

使い方としては、軽く目を閉じ、まぶたを押さえます。目尻から目の中央、目頭から目の中央の順番にラインを引いていき、線と線をつなげていきます。左右小刻みに動かしながら、まつげの根元を埋めていきます。最後に綿棒やアイシャドウでラインをぼかしてあげれば、ナチュラルな目元の完成です。下まぶたへのラインは、目尻から1/3までが基本です。

リキッドアイライナー

リキッドタイプは、筆ペンのような形をしています。くっきりとしたラインを引くことができるので、ペンシルタイプよりは、目元の印象が強くなります。発色が良く、滲みにくいのも特徴です。

液体タイプのアイライナーなので、ペンシルのようにキレイにぼかすことはできません。また、ラインを失敗すると、修正が難しいです。ペンの寝かせる角度で細くも太くもなるので、慣れていなければ、やや扱いにくいです。

ラインを引く前に、最初にまつげの隙間を埋めていきます。ペン先を立たせ、ちょんちょんと塗っていきましょう。まつげに液体がつくのが嫌という方は、まつげの隙間だけペンシルを使うと良いでしょう。

目の中央部分から目尻までは、ほぼ水平に伸ばしていき、最後は跳ね上げます。自分の好みに応じて長さや跳ね上げる角度をつけましょう。次は、目の中央から目頭、もしくは目頭から目の中央にかけてラインを引いていきます。やりやすいほうで良いと思います。ただ、目頭にかけてラインが細くなるように引くと、キレイに仕上がります。

ジェルアイライナー

ジェル状のアイライナーで、容器に入っています。アイライン専用の筆でラインを引いていきます。ペンシルだとナチュラルすぎる、リキッドだと目元が強調されすぎると思っている方には、ジェルタイプがオススメです。また、ペンシル状になったジェルアイライナーもあります。

なめらかな質感で、するするとラインが引けます。ナチュラルだけれど、ちゃんとくっきりとした目元になります。水や皮脂に強く、速乾性に優れています。肌への密着度が高いので、滲みにくいです。メイクを落とす時は、アイメイク専用のクレンジングを使えば、ストレスなく簡単に落とすことができます。

いきなりラインを引くと、皮脂が邪魔してキレイに引けないので、アイシャドウを塗って油分を押さえてから引きましょう。アイシャドウの前に綿棒でも皮脂を押さえると、さらにメイク崩れを防止できます。

手の甲、もしくはティッシュに少量のジェルをのせ、筆になじませます。まつげの生え際に沿って、目の中央から目尻へ、目頭から目の中央の順番でラインを引いていきます。その後、まつげの隙間を塗りつぶしていきます。ジェルが乾かないうちに綿棒やアイシャドウでぼかすと、キレイに仕上がります。

ページTOPへ

プチプラ!「キャンメイク」のアイライナーをご紹介

クイックイージーアイライナー

フェルトタイプのリキッドアイライナーです。ペン自体は1.65mmと細いので、キレイにラインが引けます。適度なしなりがあり、まつげの隙間も簡単に埋めることができます。明るめのブラウンの色は、やわらかい印象を与えてくれます。

汗や水に強いウォータープルーフタイプなので、滲みにくいです。すぐ乾くので、まぶたへの色移りを防ぐことができます。ヒアルロン酸配合で、しっかり目元もケアしてくれます。

ハイパースリムジェルアイライナー

ペンシル状のジェルアイライナーで、1.5mmと極細です。くり出して使うタイプで、一度くり出した芯は戻すことができません。出しすぎないよう、注意しましょう。

芯がやわらかく、なめらかに引けるのが最大のポイントです。まつげの間もスルスルと描けちゃいます。ジェルの特徴である、肌への密着感、乾きの早さも人気の秘密です。ふんわりとした優しい目元になれます。もちろん、汗や水に強いですよ。

ジェルラインアーティスト

普段のアイメイクに、ワンポイントカラーとして使います。落ち着いた色なので、年代問わず使えるカラーアイライナーです。発色が良いところも評判です。

目尻や下瞼に細くラインとして引いてみたり、太めに描いてぼかしても可愛いので、楽しみ方は色々あります。遊び心のあるアイテムが安いと、手を出しやすいですよね。

「ペンシル」ブラウンアイライナーランキング

1位 【シャネル】 スティロ ユー ウォータープルーフ

とにかく、汗や水に強いです。雨の中でも滲むことなく、長時間キレイな目元をキープしてくれます。芯がやわらかく、自由自在にラインを引くことができます。また、発色が良く、上品な色合いで、目を強調してくれます。一般的なペンシルよりは色合いが濃いので、優しい印象は残しつつ、くっきりとした目元になれます。

ブラウン系のカラーは、アイシャドウとの相性が良く、ぼかせばキレイなグラデーションになります。また、太めに引いて、アイライナー自体をアイシャドウの代わりとしても使えるそうです。

他にもカラーバリエーションは豊富で、ポイントメイクとして使われる方も多いです。控えめなラメで、必要以上に目立たず、肌なじみの良いところが、大人の女性から好評のようです。

2位 【クリニーク】 クリーム シェイパー フォー アイ

こちらの商品は、ブラウン系が人気色で、肌なじみが良いと評判です。明るいブラウンはアイシャドウ代わりにぼかして使ったり、暗めのブラウンは締め色として使い分けている方も多いです。ペンシルとは思えないくらいクリーミーなので、描き心地は抜群です。

パール入りですが、嫌味のない艶っぽさがあり、とても上品な色合いです。アイメイクをすると、キツイ印象に見られる方には是非オススメしたいです。濃淡使いをしても、アイシャドウとなじませれば、仕上がりはとてもキレイです。シャープナーがセットで付いてくるのも嬉しいですね。

3位 【ルナソル】 シャイニーペンシルアイライナー

全3色とも、色味の違うブラウン系のアイライナーです。人気の理由は、絶妙な色味で合わせやすいところです。パール入りですが、明るすぎず、でも暗すぎない、とても上品です。濃くないので、自然で優しい目元になりたいという方にはオススメです。

やわらかな光沢感と適度な引き締め感があり、自然な陰影効果で目が大きく見えます。ナチュラルな色なので、下瞼の目尻にラインを入れて、奥行きを出す方も多いようです。描き心地が良いのはもちろん、まつげの間もペンを軽く置くだけで簡単に塗れます。アイシャドウの締め色を塗ってからラインを引き、もう一度アイシャドウの締め色でぼかすと、滲まないので是非試してみてください。

「リキッド」ブラウンアイライナーランキング

1位 【ヒロインメイク】 スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

4種類の美容成分を配合していたり、お湯で落とせたり、皮膚に色素が残らないよう染料不使用など、肌に優しいアイライナーです。他商品のブラウンより薄すぎず、くっきり目元になれます。

筆が0.1mmの極細で、目尻のハネ上げまで簡単にキレイに引けるのが人気のポイントです。また、ウォータープルーフなので、夜までその美しいラインをキープしてくれます。扱いやすい筆なので、太くも細くも自由に描くことができます。これだけの性能で1000円というのはお安いですよね。

2位 【msh(エム・エス・エイチ)】 ラブ・ライナー リキッド

こちらも保湿成分配合で、メイクをしていても、目元をしっかりケアしてくれます。ナチュラルな薄化粧が好みの方は明るめのブラウンを、くっきり目元は残しながらも、ふんわり優しい雰囲気になりたい方は黒に近いブラウンを使ったりと、仕上がりの好みに応じて2種類のブラウンから選ぶことができます。

アイシャドウとのなじみも良く、ナチュラルの中にも、適度にアイラインが主張されます。丁度良い筆の柔らかさで、細いラインを引くのには最適です。汗・水に強いので、滲まないのはもちろん、その後のクレンジングでは簡単に落ちるので、とても優秀なアイライナーです。

3位 【アヴァンセ】 ジョリ・エ ジョリ・エ リキッドアイライナー

コシのある細めの筆で、しっかりラインから繊細なラインまで、思い通りに描くことができます。下まつげの隙間もさりげなく引けるので、リキッドに慣れていない方にも人気です。数カ月経ってもペン先がバサバサにならず、持ちもいいので、コスパは優秀です。

丁度良い発色感もあり、くっきりとしたラインを引くときにはオススメです。天然色素を使っているので、クレンジングでは色素沈着することなく、簡単にキレイにメイクが落ちます。

「ジェル」ブラウンアイライナーランキング

1位 【ボビイ ブラウン】 ロングウェア ジェルアイライナー

筆にジェルをとって描くタイプです。使い方次第で、濃くも薄くもできますし、くっきりラインにしたり、ぼかしてナチュラルな目元に仕上げたりすることもできます。程よいしっとり感で肌にピタッと密着し、滲みません。

ジェル特有のクリームのようななめらかさは、描き心地抜群です。ラインを引いても、すぐに乾くのでその後のメイクがスムーズです。値段は高めですが、毎日使ってもほとんどの方は、一年以上なくならず残っているので、持ちは非常に良いと思います。

2位 【インテグレート】 スナイプジェルライナー

ペンシル型のジェルアイライナーで、繰り出し式になっています。程よい芯の柔らかさと、スルスルと描ける心地よさに惚れ込んでしまった方はかなり多いです。筆を使って描くのは苦手という方には、こちらのペンシル型がオススメです。色は濃いめなのでくっきりラインにはなりますが、アイシャドウでなじませれば、浮くこともなくナチュラルな仕上がりになります。滲むこともなく、長時間キレイな目元でいられますよ。

キャップの部分がハート型になっており、見るだけて気分が上がりそうです。芯がなくなっても付け替え用の芯が売られているので、ずっと使っていくことを考えると、お買い得ですよね。

3位 【クレ・ド・ポー ボーテ】 ライナークレームルガールアンタンス

値段が高いだけあって、仕上がりの良さは他のアイライナーに比べて、群を抜いています。深みのあるブラウンは発色が良く、やわらかさの中にもくっきりと目元を強調してくれます。持ちの良さもかなり優秀のようです。

付属の筆は適度なしなりがあり、筆でラインを引くことに慣れている方であれば、ペンシルより使いやすいはずです。太いラインから細いラインはもちろん、目尻の跳ね上げが苦手な方にもキレイに描けると思います。睫毛の間も埋めやすいです。今までのアイラインの出来に満足されていない方は、買って損はないのではないでしょうか。

落ちないアイライナーも人気!

【ラブダーリンコスメ】 ラブダーリン アイライナー

真夏でも滲むことなく、一日中キレイな目元をキープしてくれます。お湯で簡単に落とせるのもポイント高いです。美容液成分配合で、目元を乾燥から守ってくれます。

0.1mmと細めの筆ですが、コシがあるので不器用な方でも扱いやすいです。目尻の跳ね上げも引きやすいですよ。ナチュラルな色のブラウンは発色が良く、キツすぎず、優しい目元になれちゃいます。

【スウィートサロン】 Wブラウンアイライナー

リキッドのアイライナーと、パウダーが一本になった商品です。リキッドでラインを引いた後、パウダーでラインをぼかしてグラデーションを作ります。奥行きが出て、ふんわりとした、可愛い目元になります。パウダーでぼかすことによって、アイラインが落ちにくくなる効果があるそうです。

カラーは、明るいブラウンと、暗めのブラウンがあるので、仕上がりの好みに応じて選ぶことができます。パウダー自体はしっとりしているので、粉飛びすることもないです。

【msh(エム・エス・エイチ)】 ラブ・ライナー ペンシルエクストラスムース

キャップがシャープナー内蔵型で、蓋をする度に芯が削られるので、毎回ペン先が尖った状態で使用できます。細いラインしか描かないという方には、削る手間も省けるのでオススメです。

なめらかな描き心地で、滲みにくいです。ジェルのような密着感と発色で、アイシャドウとの相性は抜群です。肌なじみの良いブラウンなので、ナチュラルメイクが好みの方にオススメです。

まとめ

以前まではブラック系のアイライナーばかり店頭に並んでいましたが、今ではどこのメーカーさんも「ブラウンアイライナー」を新色として販売しており、女性からの注目度がうかがえます。流行は確実にブラウン系に変化してきています。

黒でがっちり囲んだアイメイクより、「ブラウンアイライナー」でふんわり優しい目元の女性のほうが可愛らしく見えますし、男性からも好印象に見られると思います。今までずっとブラックアイライナーしか使ってこなかった方は、是非一度「ブラウンアイライナー」を試してみてください。きっと、艶っぽい仕上がりに満足していただけると思います。