カラコンはギャルのためのもの?いえいえ、メイクが濃くないとカラコンが似合わないというのは偏見かもしれません。今は「黒髪×カラコン」の組み合わせが最強だとも言われています。学校や仕事で髪を染められなくても、さりげなく出来るオシャレですよね。流行りのオルチャン風を狙って、あえて髪を黒色に染めてカラコンを装着するのも流行っているようです。そこで、今回は黒髪に似合うカラコンを紹介したいと思います!

ナチュラル系?ハーフ系?黒髪と相性のいいカラコンを紹介します!

2016年のヘアメイク業界で流行しているものの1つが「黒髪×カラコン」の組み合わせです。カラコンが世に出始めた頃は、ギャルの必須アイテムといった感じでしたが、今では万能なオシャレアイテムとして幅広い年代の様々な女性に支持されています。

カラコンの中でも「ナチュラル系」と「ハーフ系」のカラコンが黒髪に似合うと話題です。そこで今回は、女性に人気のカラコンを紹介したいと思います。今流行のオルチャン風メイクに活用できる商品にも注目です!

黒髪に似合うナチュラル系カラコンをご紹介

まずは、黒髪に似合うカラコンの定番「ナチュラル系」の商品をご紹介していきます。さりげなくオシャレを楽しみたいという黒髪女子の皆さんは、是非ナチュラル系を押さえておいてください。

ブラウン系

シックな雰囲気を演出したい女性には、ダークブラウンのカラコンがおすすめです。瞳を大きく見せることで、顔のパーツがくっきりとした印象になります。ブラウン系カラコンで断トツ人気の商品といえば「ピエナージュ(No.4レディ)」でしょう。

DIA(コンタクトレンズの直径)は14.2mmで、着色直径(色がついた部分の直径)は13.6mmです。度数の種類も豊富なので、幅広い年代の方に愛されているようです。

10代後半〜20代前半の女性に人気の商品といえば「エバーカラーワンデーナチュラル(ナチュラルブラウン)」です。着色直径が13.8mmと大きめなので、黒目部分が大きく見えます。芸能人の愛用者も多く、つけ心地も良いと話題の商品です。

いわゆる「つけました感」がなく、裸眼の黒目がそのまま大きくなったかのような印象になるのが、ブラウン系カラコンの良いところですね。ブラウン系のカラコンを装着する際には、メイクもブラウン系でまとめると良いでしょう。

ブラック系

清楚系なファッションを好む人には、断然ブラック系がおすすめです。また、高校生など学生からの支持が高いのもブラック系カラコンですよね。先生に気づかれないよう、こっそりオシャレを楽しめるのが人気の理由なのかもしれません。

ブラック系カラコンの人気No.1は「フェアリーワンデーナチュラル(ブラック)」です。着色直径が13.3mmと、数あるカラコンの中では主張が控えめだと言えます。

「カラコンはつけてみたいけれど、アンドロイドみたいな瞳になるのは嫌」という方にとっては、まさにブラック系がおすすめです。ブラック系のカラコンを装着すれば、メイクをしなくともナチュラルで可愛い雰囲気になりますよ。

ヘーゼル系

2016年の注目カラーといえばヘーゼル系でしょう。色素をほんの少し薄くすることで、アイドルの橋本環奈のような瞳に近づけますよ。おすすめの商品は「ナチュラリワンデー(チャーミングヘーゼル)」です。

ヘーゼル色に着色された部分の周囲が黒ブチで囲まれているため、くっきりとした印象になります。「黒髪だけど、休日は少しメイクをしっかりして出かけたい」という時には、このカラコンをつけるとメイク映えすること間違いなしです!

ガラリとイメチェン!ハーフ系カラコンをご紹介

「休日にはガラッと印象を変えたい」という方におすすめなのは、ハーフ系カラコンです。ハーフ系カラコンに黒髪を合わせると、セクシーな雰囲気を演出することも出来ます。それでは、人気のカラーバリエーションをご紹介します。

グレー系

ハーフ系カラーとして根強い人気を誇るのは、断然グレー系でしょう。透け感のあるセクシーな印象は、黒髪にピッタリ合いますよ。特におすすめしたい商品は「エンジェルカラーモディック(スポットライトグレー)」です。

このカラコンを装着するだけで、一気に目元のキラキラ感が増します。透明感が出るので下品な印象にならず、大人ハーフを演出できます。特に20代・30代女性からの支持が高いカラコンです。

グリーン系

モデルのような目元をGETしたいのであれば、グリーン系をチョイスしましょう。グリーン系でのおすすめは「ネオサイトワンデーシエル(グリーン)」です。

ナチュラルだけれどしっかり発色するというのが特徴で、この発色の良さが人気の秘密のようです。派手すぎない、自然なハーフ感が出るので、カラコン初心者でも手を出しやすいかと思います。度入りも度なしも展開されていますので、是非2016年はグリーン系カラコンを初体験してみてください。

ブルー系

ハーフ系を強調したいのであれば、断然ブルー系がおすすめです。黒髪によく合い、ヌーディーな雰囲気を演出できます。ただし、ブルー系は選ぶものを間違えるとアンドロイドのような顔に仕上がってしまいます。

黒髪に合わせてハーフ感を出したいのであれば、おすすめは「エンジェルカラーワンデー ヴァージンクォーター(ヴァージンクォーター)」でしょう。さりげなくブルー色に光るので、下品な印象になりません。商品名で「クォーター」と謳っているだけあって、清楚なハーフ顔になれますよ。

今流行りのオルチャン顔になれるカラコンをご紹介

さて、ナチュラル系・ハーフ系と紹介してきましたが、2016年の流行として押さえておきたいのがオルチャン風カラコンです。人気のオルチャン顔になるためのカラコンを厳選しましたのでご紹介しましょう。

オルチャンとは韓国美人のこと

オルチャンとは、韓国語で「美少女・美男子」を指す言葉です。「顔」を意味する「オルグル」と「最高」を意味する「チャン」を組み合わせて出来た造語だと言われています。

日本においては、色白肌・太めの眉・太めのアイライン・自然色リップなどが特徴的な、韓国美人のことを指すことが多いようです。このオルチャン風メイクに欠かせないのがカラコンです。

カラコン選びのコツ

オルチャン風メイクを完成させるためには、定番カラーのブラウン系をチョイスしましょう。可愛い系のオルチャン風を狙うなら、色は断然ブラウン系がおすすめです。クール系のオルチャンを目指すなら、グレー系が良いでしょう。

さらに、日本では不自然なくらい、大きくてくっきりした黒目がオルチャン風です。選ぶ際には着色直径に注目しましょう。着色直径の長さが14.0mm以上のものを選ぶようにすると良いですね。

さらに、フチがくっきりと取られているものがオルチャン風です。ボヤけているものより、くっきりとしたものを選んでくださいね。フチのくっきり感と黒目の大きさがポイントです。選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

オルチャンになれるカラコン3選

黒髪の女性がオルチャン風メイクをする際、「これを選べば間違いない」というカラコンを3商品ご紹介しましょう。まずは、「グラングラン(ブラウン)」です。着色直径14.2mmで、フチもくっきり!しかも韓国製なので、オルチャンに近づけること間違いなしです。

2つ目は「フェアリードリー(ブラウン)」です。明るいイエロー系のブラウンの発色で、肌をより白く見せます。細めのフチが目元をくっきりと見せてくれるので、オルチャン風メイクには書かせませんね。

3つ目はグレー系のカラコンで、「ゼニススリーカラー(ナチュラルグレー)」です。グレーにブラウンの重なりがナチュラルに馴染んで、魅力的なオルチャンアイに仕上がります。着色直径は13.4mmと控えめですが、その分ナチュラルなオルチャン風になりますよ。

黒髪女性にとってカラコンは必須アイテムです!

黒髪のあなたも、明日からのオシャレにカラコンを取り入れてみませんか?ナチュラル系にするもよし、ハーフ系を狙うもよし、流行のオルチャン風にするもよし!まずは休日に、ワンデータイプのカラコンをつけてみましょう。